ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 俳誌『朝蔭』457号が11月に刊行された。《古海苔を浸して佃煮作るかな》(壇正子)。そういえば、台所の引出しの奥に一昨年もらった海苔が…。《諍いしことも懐かし墓洗う》(湯田南山子)、《愛されて今も惜まる墓洗ふ》(菊地信子)も考えさせられる作品。やはり、墓を見れば生前の人徳が偲ばれるようだ。茶畑での仕事を終えて帰宅した母からほのかに漂う茶の香りを詠んだ《茶摘終へ香りまとひ母戻る》(寺澤哲子)は、紅茶生産最盛期のレジストロの様子を詠んだものだろうか。作品自体からも、何ともいえない風情が漂う秀作か。

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2018年5月15日 大耳小耳  日本の文部科学省が国費外国人留学制度の応募を受け付けている。同制度では往復の航空券のほか、3千~5千レアルの奨学金が給付される。希望者はブラジル国内各地の日本国総領事館、もしくは大使館に連絡すること。日本の国籍も持っている人は対象外となる。詳細は同サイト(http://www […]
  • 大耳小耳2018年5月12日 大耳小耳  日本映画『Esplendor(彼らが本気で編むときは)』(荻上直子監督、生田斗真主演、2017年)の上映が、聖市映画館(Reserva Cultural、Caixa Belas […]
  • 大耳小耳2018年5月10日 大耳小耳  伯外務省サイトによると、東京都の在日ブラジル大使館にはエドゥアルド・パエス・サボイア氏が特命全権大使として就任する予定だ。同氏はボリビア国ラパスの伯大使館に勤めていた2013年当時、モラレス大統領と対立して伯国への亡命を求めていた同国上議を「人道的理由」から伯国に受け入れた。 […]
  • 大耳小耳2018年5月9日 大耳小耳  ニッケイ新聞と椰子樹社(多田邦治代表)が共催する『第70回全伯短歌大会』の作品を募集している。大会は9月9日午前9時から聖市文協ビル5階のエスぺランサ婦人会サロン(Rua Sao Joaquim, 381)で開催される。応募締切は6月15日(厳守)。送り先はHARUMI […]