ホーム | コラム | 樹海 | 待降節と贈り物

待降節と贈り物

サンパウロ市イビラプエラ公園に設けられたクリスマスツリーとその前に集まる人々(Heloisa Ballarini/Secom PMSP)

サンパウロ市イビラプエラ公園に設けられたクリスマスツリーとその前に集まる人々(Heloisa Ballarini/Secom PMSP)

サンパウロ市内を走るクリスマスの電飾バス(Heloisa Ballarini/Secom PMSP)

サンパウロ市内を走るクリスマスの電飾バス(Heloisa Ballarini/Secom PMSP)

 3日からキリストの降誕を待ち望む待降節(アドベント)に入り、サンパウロ市の地下鉄などでは、4日からクリスマスキャロルのコーラスも始まった。毎年この時期は街角も色づき、ツリーの大きさや飾りの華やかさなどでその家やその時々の経済状況を推測したり、贈り物を準備したりする▼ローマ帝国の支配下で苦しむユダヤ人が待ち焦がれていた救い主キリストは、誰も目に止めない宿屋の片隅の馬小屋で生まれ、布に包まれて飼い葉桶に寝かせられた。キリストを最初に訪ね、喜びに包まれて帰路についたのは、遠い国の王や貧しい羊飼いだった▼身重の身で長旅をしたマリアは、ベビーベッドも新しい産着もない中で赤子を産み、見も知らぬ人達の訪問を受けた。我が子が通常とは違う形で宿り、生きる事を知っていたとはいえ、幼子を抱いて他国に逃げたり、十字架で処刑される我が子を見たりせねばならぬ母の辛さはいか程であった事か▼圧政下の人々にとり、解放者は長く暗いトンネルの向こうに輝く光だ。だが、当時のユダヤ人が望んだ開放と神が計画した開放はまるで次元が違った。自分の目線でしか物事を判断できないのは人の常だが、ユダヤ人がローマ帝国からの開放を望んだのに、神は罪や死に支配された世からの解放を準備した。無論、より大きな視点でキリスト誕生の意味を読み取った人は当時もいた。だが、具体的な圧政からの開放しか考えられない人はキリストの誕生や苦しみの意味が理解できなかった▼クリスマスは贈り物をもらう季節と期待する人もいるが、最大の贈り物はキリスト。贈り物の大きさや額で一喜一憂せず、贈り、贈られる動機や込められた思いを大切にしたい。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • イグアスの滝、アマゾン河、そして悪魔の洞窟2018年10月23日 イグアスの滝、アマゾン河、そして悪魔の洞窟  「これが太古の闇か…」――ガイドが鍾乳洞の電気を消した瞬間、深い感動を覚えた。  「悪魔の洞窟」(Caverna do […]
  • まるで「ロッキードの後の2・26」2018年10月19日 まるで「ロッキードの後の2・26」  大統領選はどうやらジャイール・ボウソナロ氏(社会自由党・PSL)の勝利で揺らぎそうにない勢いになってきているが、先日、コラム子は同氏の政見報道を見て、大きな違和感を覚えた。それは、この10数年間というもの間、伯国や南米があたかも左翼勢力の支配の抑圧下に置かれているかの […]
  • 「樹海」拡大版=ボウソナロという虚像=デジタル空間に移った選挙活動の主戦場2018年10月16日 「樹海」拡大版=ボウソナロという虚像=デジタル空間に移った選挙活動の主戦場  今選挙の特徴の一つは、前回までは道端にあふれていた候補者のサンチーニョ(ビラ)を配ったり、候補者の応援旗を振ったりする人がほぼいなかった点だ。にも関わらず、「ボウソナロ効果」が起きて、政治地図が大激変した。これが意味するのは、「宣伝活動の主戦場が道端という実際の空間か […]
  • なぜシロは健闘し、アウキミンは惨敗したのか2018年10月12日 なぜシロは健闘し、アウキミンは惨敗したのか  大統領選はジャイール・ボウソナロ氏(社会自由党・PSL)とフェルナンド・ハダジ氏(労働者党・PT)という、世界中が「危険」と目する極右候補と、汚職で凋落したかつての長期政権の再挑戦という対決になっていることは本紙でも何度も報じていることだ。だが、今回ここではあえて、こ […]