ホーム | 文芸 | 刊行 | 日系社会の同化現象、移民とは=『西風』第6号を刊行

日系社会の同化現象、移民とは=『西風』第6号を刊行

西風第6号

西風第6号

 西風会は『西風』第6号(209頁)を10月に刊行した。毎月1回集まって議論する私的な研究会で、体験談や調査内容を半年に一度ほど出版している。
 昨今の世界で顕著化する自分達の文化を優良だと考え、ときに他文化を排除する自民族中心主義(エスノセントリズム)に疑問を投げかける巻頭言から始まる本号。
 故宮尾進さんの論文『次世代への提言』から「近頃の世相で見る日系社会」を掲載。ブラジル日系社会の同化現象に触れ、日系社会の今後について疑問を呈する。
 「日本的なあまりに日本的な―日本海軍の作戦思想―」(峰村正威)では日本の国家主義と軍国主義の教育を受けた作者が、日本海軍の作戦思想の中から日本人独特の気質や民族性を探った。
 西風会の座談会では「ブラジル生活で印象に残った話」「ブラジルの長所、短所、いろいろ」を収録。
 「無窮への旅―移民の持つロマン」(中島宏)では移民とはなにか、なぜ移住するのかを問いかけ、各国の移民子弟の生活や歴史から「移民」というテーマを取り扱う。
 希望者は中島宏さん(電話=11・3106・2009、メール=nakashima164@gmail.com)まで連絡を。送料も西風会が負担し、無料配布している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も2017年5月24日 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も  西風会は『西風』第5号(207頁)を先月刊行した。毎月1回集まって議論をする私的な研究会で、体験談や調査内容を半年に一度ほど出版している。  5冊目の巻頭特集は、昨年10月30日に亡くなったサンパウロ人文科学研究所元所長で西風会の中心メンバーでもあった宮尾進さんの追 […]
  • 故郷、民族性について討論=『西風』第8号発刊2018年11月14日 故郷、民族性について討論=『西風』第8号発刊  西風会は『西風』第8号(247頁)を9月に刊行した。毎月1回集まって議論する私的な研究会で、体験談や調査内容を半年に一度ほど出版している。  今回の座談会のテーマは「故郷―ふるさと、について語る」。座談会参加者9人が郷愁の想いや各自の「故郷」について話し合った。また […]
  • 『ブラジルの日系人』第4版=出版会30日、優秀論文発表も2018年10月19日 『ブラジルの日系人』第4版=出版会30日、優秀論文発表も  移民二世の視点が中心となって描かれた移民史『O Nikkei no Brasil(ブラジルの日系人)』の第4版の出版記念会が、30日午後7時から、文協貴賓室(R. Sao Joaquim, […]
  • 沖縄県人移民塾=『群星』第4号刊行、合評会27日=壮絶な戦争孤児体験も掲載2018年10月16日 沖縄県人移民塾=『群星』第4号刊行、合評会27日=壮絶な戦争孤児体験も掲載  ブラジル沖縄県人移民研究塾(宮城あきら塾長)が発行する同人誌『群星』第4巻が8月に発行された。日ポ両語。本紙編集部やブラジル沖縄県人会本部にて無料配布中。  今号では、ブラジル沖縄県人移民110周年を迎えて「県人移民85周年記念祭典」を特集。  一世の郷愁を癒すた […]
  • 『日本事情豆知識』出版=日本の生活に密着した文化紹介2018年10月5日 『日本事情豆知識』出版=日本の生活に密着した文化紹介  日本文化を日ポ両語で紹介する『日本事情豆知識』(グラフィカ・パウロス出版)が出版された。全75ページ、40レ。500冊。  翻訳家の栗原章子さん、日伯文化連盟(アリアンサ)で日語教師を務める西澤紘子さん、サンパウロ大学日本文化研究所の菊池渡所長が執筆・編集を行なった […]