ホーム | 文芸 | 刊行 | 日系社会の同化現象、移民とは=『西風』第6号を刊行

日系社会の同化現象、移民とは=『西風』第6号を刊行

西風第6号

西風第6号

 西風会は『西風』第6号(209頁)を10月に刊行した。毎月1回集まって議論する私的な研究会で、体験談や調査内容を半年に一度ほど出版している。
 昨今の世界で顕著化する自分達の文化を優良だと考え、ときに他文化を排除する自民族中心主義(エスノセントリズム)に疑問を投げかける巻頭言から始まる本号。
 故宮尾進さんの論文『次世代への提言』から「近頃の世相で見る日系社会」を掲載。ブラジル日系社会の同化現象に触れ、日系社会の今後について疑問を呈する。
 「日本的なあまりに日本的な―日本海軍の作戦思想―」(峰村正威)では日本の国家主義と軍国主義の教育を受けた作者が、日本海軍の作戦思想の中から日本人独特の気質や民族性を探った。
 西風会の座談会では「ブラジル生活で印象に残った話」「ブラジルの長所、短所、いろいろ」を収録。
 「無窮への旅―移民の持つロマン」(中島宏)では移民とはなにか、なぜ移住するのかを問いかけ、各国の移民子弟の生活や歴史から「移民」というテーマを取り扱う。
 希望者は中島宏さん(電話=11・3106・2009、メール=nakashima164@gmail.com)まで連絡を。送料も西風会が負担し、無料配布している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も2017年5月24日 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も  西風会は『西風』第5号(207頁)を先月刊行した。毎月1回集まって議論をする私的な研究会で、体験談や調査内容を半年に一度ほど出版している。  5冊目の巻頭特集は、昨年10月30日に亡くなったサンパウロ人文科学研究所元所長で西風会の中心メンバーでもあった宮尾進さんの追 […]
  • 宮坂数子さん=『私たちの生活のなかの大豆』上梓=ブラジル人の健康増進のために2018年8月9日 宮坂数子さん=『私たちの生活のなかの大豆』上梓=ブラジル人の健康増進のために  「ブラジルは世界一の大豆生産国なのに、国内ではあまり消費されていない。安くて栄養満点の大豆を、どのように食事に取り入れるかを知ってもらうことで、伯人の食卓を豊かにし、健康増進に繋げたい」――「ブラジル大豆の父」として知られる農学博士の故・宮坂四郎氏の妻で、栄養士の数子 […]
  • ポ語雑誌が110周年を特集=日系企業家など11人を紹介2018年6月22日 ポ語雑誌が110周年を特集=日系企業家など11人を紹介  ビジネス誌「ペケーナス・エンプレーザス&グランデス・ネゴーシオス」(グローボ出版)の6月号で日本人移民110周年を記念し、29ページもの特集『伝統から生じる革新』が組まれた。日本移民の歴史のほか、各分野で活躍する日系人への取材を掲載。背表紙には、カタカナで雑誌タイトル […]
  • 「日系文学」58号刊行=武本文学賞の受賞作掲載2018年5月25日 「日系文学」58号刊行=武本文学賞の受賞作掲載  『ブラジル日系文学』第58号(発行者=武本憲二、編集者=中田みちよ)が3月に発行された。  今号は第35回武本文学賞特集。小説、俳句、短歌、翻訳の4部門の入選作品が紹介されている。また、ポ語頁では第56号から掲載開始された豊島与志雄の漫画『天狗笑い』も。  その他 […]
  • 皇族の短歌130首=来伯時の想いを詠まれた歌も2018年5月12日 皇族の短歌130首=来伯時の想いを詠まれた歌も  サンタクルス病院(石川ヘナト理事長)は開院79周年と日本移民110周年を記念して、『詩集 皇族の短歌』の刊行した。130首を日ポ両語で収録している。  日伯修好120周年を迎えた2015年に天皇皇后両陛下の短歌120首を収録した詩集を刊行していて、今回はそれに他の皇 […]