ホーム | コラム | 樹海 | 欧州に対抗して伯国でもスーパーチーム結成を!

欧州に対抗して伯国でもスーパーチーム結成を!

世界一を逃し、涙するグレミオのファン(Marcelo Pinto/APlateia)

世界一を逃し、涙するグレミオのファン(Marcelo Pinto/APlateia)

 16日にアラブ首長国連邦のアブダビで行なわれたサッカーのクラブW杯で、南米覇者で南大河州ポルト・アレグレの名門グレミオは、欧州王者のレアル・マドリッド(スペイン)に0―1で敗れ準優勝に終わったが、そこには点差以上の大きな壁の存在が感じられた▼だが、それを責めても、仕方がないところでもある。相手は世界中から優れた選手を集めていることで知られる欧州のビッグ・クラブの中でも頂点の存在。方やグレミオは、その欧州から選手がもっとも引き抜かれている国、伯国の一チーム▼伯国サッカーは、欧州に行けなかったレベルの選手と、渡欧前の有望選手の集まり。伯人の良い選手は全盛期を欧州で過ごしている最中だ。この状態では、たとえ南米を制しても欧州王者を下すのは至難のわざだ▼「いっそ、伯国にも、好選手を根こそぎ引き抜くようなビッグ・クラブが現れないものか」。そう思っていたコラム子だが、それを密かに実行に移そうとしているクラブがある▼それがパルメイラスだ。同チームは先日、今季までサントスの司令塔で、欧州行きを期待されながらよい獲得先がなかったルーカス・リマ(27)との契約に成功した。スポーツ紙の情報によるとパルメイラスは、フルミネンセの若き司令塔のグスターヴォ・スカルパ(23)、14年W杯メンバーで今季所属チーム(ウクライナのシャフタル・ドネツク)との契約が終わるベルナール(25)、同じく今季で契約の終わる中国リーグ2年連続MVPのリカルド・グラール(26)、名門バイエルン・ミュンヘンのサイドバック、ラフィーニャ(32)の獲得を狙っているという。これが実現したら、伯国内では、大量に欧州に選手が取られるようになって以降では最大級のスーパーチームになる▼現在の伯国は毎年、各チームで実力伯仲。欧州のように、限られたチームだけが大金の補強で半永久的に強く、同じリーグでも、中位、下位では雲泥の差があるような状況とは違う。ただ、多少、下位チームの戦力を犠牲にしてでも「夢のある大型チーム」を作ることで、今の欧州の名門はサッカーのレベルと人気を上げている。伯国でもそのやり方に学ぶクラブが出てもおかしくはないし、少なくともチームのサッカー・レベルをあげるには大事なことのように思われる▼そうでなければ、欧州に行く前の有望若手をチームの顔にして魅力作りをするのもいいだろう。今回南米を制したグレミオやサントスなどが、これに近い路線を取っている▼また、今年の全国選手権を制したコリンチャンスや、ミナス・ジェライスの名門クルゼイロなどはバイア州やゴイアス州、サンタカタリーナ州といった、1部中位、下位の主力メンバーの引き抜きで強差を保持するタイプだ▼今年、これまでにない下位に沈んだサンパウロFCは、有望若手選手の欧州への大量放出と、獲得して来た南米諸国からの助っ人選手が活躍しない誤算で苦しんだ。だが、パルメイラスのように、欧州に行けなかった、あるいは、欧州や中国帰りの代表クラスの選手でスーパーチームを組んで復活を狙うという手もあると思うが、どうだろう。(陽)

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 《ブラジル》皇后陛下が見たいのに東宝社長が欲しくない映画2018年6月26日 《ブラジル》皇后陛下が見たいのに東宝社長が欲しくない映画  「どうしたら貴方の映画がみられるの?」――皇后陛下は山崎千津薫監督にそう尋ねたという。1996年3月、FHC大統領が国賓として日本を訪問した際、山崎監督は随行員に選ばれた。東京で両陛下に謁見した際、「ルッチFHC夫人から『日本移民の映画を作った監督』として私は紹介され […]
  • 《幾山河ここに恋あり命あ里》に込められた想い2018年6月19日 《幾山河ここに恋あり命あ里》に込められた想い  《幾山河ここに恋あり命あ里》という川柳を見た覚えがないだろうか――サンパウロ市リベルダーデ区ガルボン・ブエノ街の大阪橋のたもとにある、日本庭園を入ったすぐ左に建てられている句碑の作品だ。  東洋街に出入りしながら、心を焦がすような熱い恋をして、命を削るような辛い思い […]
  • 伯国の女子テニスの先駆者と坂本九の共通点2018年6月15日 伯国の女子テニスの先駆者と坂本九の共通点  9日、伯国におけるテニスの伝説、マリア・エステル・ブエノが亡くなった。彼女は1950年代から60年代にかけて、世界4大大会(全英・全米・全豪・全仏)の4大大会のグランド・スラム(全制覇)を成し遂げた世界史上最初の選手だ▼現在でいうならセレーナ・ウイリアムス(米国)級の […]
  • 日本移民110周年に相応しい遺産としてワーキングホリデー制度を2018年6月12日 日本移民110周年に相応しい遺産としてワーキングホリデー制度を  「日本移民110周年に相応しい遺産」とは何か?――一つは、ビザ制度の整備ではないか。「7月から四世ビザが始まるのに…」と疑問に思う読者が居るかもしれない。  だが、コラム子にはこの制度は日本政府による一種の「フェイント」に見える。要望が多いから制度を作ったが、実は実 […]