ホーム | 文芸 | 連載小説 | どこから来たの=大門千夏 | どこから来たの=大門千夏=(14)

どこから来たの=大門千夏=(14)

 小さい時から私は発掘品が好きで、若いころは考古学者になろうとしたことがあったが、ある時、発掘現場で多くの学生が、炎天下にしゃがみ込んでハケを一本もって土を払いのけている作業を見て、即、その気を失くしてしまった。
――考古学者になるよりコレクターになったほうが楽だわい、と気楽な道を選んだから努力の結晶
で得た発掘品は一つもなく、みんな貰い物。
「蛇の道はへび」とはよく言ったもので、好きだ好きだと大声で宣伝していたら、いつの間にか数十点が集まったのである。
 私の一番大切にしているのは、アマゾン旅行をした時に、マナウス市の郊外に住んでいる友人からもらった鉄色をした石斧である。
 彼は自分の農園を耕している時、見つけたと言っていた。使い道がないから漬物の重しにしていたそうで、そんなに好きならあげるよ、と言って下さった。
 あのあたりに住んでいたインジオ、サテレ・マウエ族が作ったものだろうとの話だった。いくつか持っている中でも突出した形の良さを持っている。
 縦横それぞれ一〇㎝くらいで、刃の曲線が何ともかわいらしい。かつてはこの石斧に棒を付けてひもでくくっていたのだ。ひもと言っても蔓である。巻きつける所にはきっちり溝が掘ってあって、一分の狂いもなく左右対称。いくつか持っている中でも突出した形良さをもっている。どこにも壊れ、ヒビはなくて完全な品。
 ブラジルのインジオはペルーやメキシコのインジオに比べて芸術的に劣ると思ってきたが、私のこの石斧に関しては引けを取らない…と心ひそかに思っているし、どこの博物館に行っても「私のほうがずっといい物を持っている」と鼻持ちならないほど優越感にひたり、自己満足している。
 それともう一つの石斧は酋長が死んだときに、彼の右肩にシンボルとして置いたものだそうで三〇×一二㎝もある。持ち上げるだけでも大変だ。
 これはフランス人のコレクターが、二つ持っているから一つあげるよ、と言って下さったものである。しかし大きいだけで形の美しさはない。でも珍しいし「、酋長しか持てない物」と言う所が気に入って、この二つが私のとびきりの宝物である。
 クリチーバ市から海岸に下りてゆくとパライーバの町に出る。
 四〇年も昔の事、まだ家族四人がみんな揃っていた時のことだ。ある時、ここの博物館で、はるかに形の美しい石斧を見つけた。
 少し縦長で、石は緑がかった何とも品の良い色をしていて、ガラスケースの中でここだけが光り輝いているように見えた。形の良さ、厚みの持つ立体感、手に持ちやすいように小さなくぼみまで付いている。と言うことは、これはこのまま手に持って使ったものだ。
 見ただけで作った人の趣味の良さを感じるようで、羨望と悔しさと何かしら憤りとを感じた。
「うわーこれはすごい。あの昔に芸術家がいたのね、完璧よ。これには負けたわ」周りのお客の迷惑を考えるゆとりもなく、私は奇声を上げてガラスケースに張り付いてしまった。
「きっと前世の貴方が作った物にちがいないわ」と傍らの夫に話しかけると彼は当惑したように、
「僕、作ったのかなー」と気のない返事。
「そうよ。絶対あなたよ」と決めつける。
「博物館に飾ってもらってるんだから、まあいいわよね」と一人納得して、憤りが収まった。
 出来の良い発掘品を見ると必ず、夫が前世に作った…と確信する。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • どこから来たの=大門千夏=(102)2018年5月24日 どこから来たの=大門千夏=(102)  一九六三年、神戸港を出発しました。(あれから五〇数年経った今頃になって、両親には大変な心配をかけた、親不孝したと気がついて申し訳ない思いをしています。)西回りの船を選び、あちこち寄港のたびに観光してまわり、六〇日かけて世界半周。船酔いもせず旅を楽しみました。  沖縄――香港 […]
  • どこから来たの=大門千夏=(95)2018年5月12日 どこから来たの=大門千夏=(95)  四人で一〇分くらい歩くと大きなレストランに着いた。中はもうお客でいっぱい。よっぽど安くておいしい店にちがいない。  任せるからというと、三人でキャッキャッと騒ぎながら注文して、四人分がたくさんの大皿に山ほど盛られてきた。  私に気を遣いながら三人は目をキョロキョロさせて頬 […]
  • どこから来たの=大門千夏=(100)2018年5月22日 どこから来たの=大門千夏=(100)  何年たっても同じ状態が続いた。子供達が、「うちの母はね、音楽が鳴りだすと血相を変えて怒るの、本気で怒るのよ、あんな人見た事ない」と話している。かといって日々の生活に別段困る事もなく、以前と同じように昼間は仕事をし旅行もする。良くなろうという努力を最初はしたが、今では無音の生活 […]
  • どこから来たの=大門千夏=(92)2018年5月9日 どこから来たの=大門千夏=(92)  その時、フット気がついた。  おや! この人たち体臭がないではないか! […]
  • どこから来たの=大門千夏=(94)2018年5月11日 どこから来たの=大門千夏=(94)  「横に座っていいかしら」突然、片手に本を持った女学生が声をかけてきた。  ベンチの端に肩から荷物を下ろすと腰かけて、教科書をとりだして読み始めた。化粧気はなく黒い髪をまっすぐ長くのばし、日本人に良く似た顔。私の事が気になるらしい。  「中国人ですか?」  「いいえ、日本 […]