ホーム | 文芸 | 連載小説 | どこから来たの=大門千夏 | どこから来たの=大門千夏=(14)

どこから来たの=大門千夏=(14)

 小さい時から私は発掘品が好きで、若いころは考古学者になろうとしたことがあったが、ある時、発掘現場で多くの学生が、炎天下にしゃがみ込んでハケを一本もって土を払いのけている作業を見て、即、その気を失くしてしまった。
――考古学者になるよりコレクターになったほうが楽だわい、と気楽な道を選んだから努力の結晶
で得た発掘品は一つもなく、みんな貰い物。
「蛇の道はへび」とはよく言ったもので、好きだ好きだと大声で宣伝していたら、いつの間にか数十点が集まったのである。
 私の一番大切にしているのは、アマゾン旅行をした時に、マナウス市の郊外に住んでいる友人からもらった鉄色をした石斧である。
 彼は自分の農園を耕している時、見つけたと言っていた。使い道がないから漬物の重しにしていたそうで、そんなに好きならあげるよ、と言って下さった。
 あのあたりに住んでいたインジオ、サテレ・マウエ族が作ったものだろうとの話だった。いくつか持っている中でも突出した形の良さを持っている。
 縦横それぞれ一〇㎝くらいで、刃の曲線が何ともかわいらしい。かつてはこの石斧に棒を付けてひもでくくっていたのだ。ひもと言っても蔓である。巻きつける所にはきっちり溝が掘ってあって、一分の狂いもなく左右対称。いくつか持っている中でも突出した形良さをもっている。どこにも壊れ、ヒビはなくて完全な品。
 ブラジルのインジオはペルーやメキシコのインジオに比べて芸術的に劣ると思ってきたが、私のこの石斧に関しては引けを取らない…と心ひそかに思っているし、どこの博物館に行っても「私のほうがずっといい物を持っている」と鼻持ちならないほど優越感にひたり、自己満足している。
 それともう一つの石斧は酋長が死んだときに、彼の右肩にシンボルとして置いたものだそうで三〇×一二㎝もある。持ち上げるだけでも大変だ。
 これはフランス人のコレクターが、二つ持っているから一つあげるよ、と言って下さったものである。しかし大きいだけで形の美しさはない。でも珍しいし「、酋長しか持てない物」と言う所が気に入って、この二つが私のとびきりの宝物である。
 クリチーバ市から海岸に下りてゆくとパライーバの町に出る。
 四〇年も昔の事、まだ家族四人がみんな揃っていた時のことだ。ある時、ここの博物館で、はるかに形の美しい石斧を見つけた。
 少し縦長で、石は緑がかった何とも品の良い色をしていて、ガラスケースの中でここだけが光り輝いているように見えた。形の良さ、厚みの持つ立体感、手に持ちやすいように小さなくぼみまで付いている。と言うことは、これはこのまま手に持って使ったものだ。
 見ただけで作った人の趣味の良さを感じるようで、羨望と悔しさと何かしら憤りとを感じた。
「うわーこれはすごい。あの昔に芸術家がいたのね、完璧よ。これには負けたわ」周りのお客の迷惑を考えるゆとりもなく、私は奇声を上げてガラスケースに張り付いてしまった。
「きっと前世の貴方が作った物にちがいないわ」と傍らの夫に話しかけると彼は当惑したように、
「僕、作ったのかなー」と気のない返事。
「そうよ。絶対あなたよ」と決めつける。
「博物館に飾ってもらってるんだから、まあいいわよね」と一人納得して、憤りが収まった。
 出来の良い発掘品を見ると必ず、夫が前世に作った…と確信する。

こちらの記事もどうぞ

  • どこから来たの=大門千夏=(25)2018年1月20日 どこから来たの=大門千夏=(25)  それからというもの、度々広島県人会に顔を出しておしゃべりした。いかにも善良そうな笑顔の良いおじさんでコロニアの昔話が得意で、なんでもご存じだった。  あるとき、五コント札を小さくしたいけど、どうしたらよいか聞いた。 「すぐ近くのあの角のバールに行ったら、カイシャ(出納係) […]
  • どこから来たの=大門千夏=(23)2018年1月18日 どこから来たの=大門千夏=(23) 「あんた達はみんなうちのお客さんよ。ちゃんと払ったんだもの、すごい事だね」と言うと、頬を緩め穏やかな目をして「チアありがとう」とお礼まで言ってくれた。  どこにでもいるごく普通の男の子達なのだ。思わず昔、祖母が「良い子だねえ」と言ってしてくれたように頭を撫でてあげたい衝動にか […]
  • どこから来たの=大門千夏=(24)2018年1月19日 どこから来たの=大門千夏=(24)  胸がドキドキ。  遠巻きにそっと鍋から離れると、あとは、後ろも見ないで洗面所に駆け込んだ。気持ち悪く吐き気までする。あのしわしわの手がおっかけてくるようで、しっかりと鍵をかけて鍋を触った手をごしごし洗った。  ブラジルの人はこんな恐ろしいものを平気で食べるのかしら。   […]
  • どこから来たの=大門千夏=(20)2018年1月13日 どこから来たの=大門千夏=(20)  それを見た友人は「ブラジルでは食べ物を持って帰ることは恥です。貴女のしたことは恥ずかしい事ですよ」ときっぱりと言いはなち、その上「ブラジルでは食べ物を持って帰るなんて習慣はありません。あなたのしたことは大恥です」と再度言われて恐れ入ってしまった。  食べ物を持って帰ることが […]
  • どこから来たの=大門千夏=(22)2018年1月17日 どこから来たの=大門千夏=(22) 「テニスがいるんだ」顎をしゃくっていきなり言った。自分たちの要求を聞くのは当たり前と言った横柄な態度。 「ここはバザーだから何時でも売りますよ。一足二レアル」鉄格子の内側から大声で怒鳴った。よく見ると意外と小奇麗なTシャツを着て、半ズボンにゴムぞうり姿。しかし顔や手足は汚れて […]