ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 25日付け時事通信によると、同日に安倍晋三首相と上川陽子法相が日系四世向けに日本で就労するための新在留制度を導入する方針を固めた。来年1月にパブリックコメントを実施し、年度内の導入を目指す。対象年齢は18~30歳、「特定活動」の在留資格で最長5年の滞在を認めることを軸に検討を進めている。会話、読み書きなどの一定の日語能力を条件とし、1年をめどに更新手続きが求められる。下地衆議の活動の成果?
      ◎
 「かずま忌俳句大会」で富重かずまさんとの馴れ初めを語った妻の久子さん。「俳句と柔道が趣味のこの人についていけるだろうかと不安だった」というが、かずまさん亡き後はその遺志を引き継いで、12年に渡って俳誌「蜂鳥」主宰を見事に務めている。「かずまは俳句を生涯の趣味にしていた。私もつられて始めたが、今はすっかり馴染んで俳句に振り回されるこの頃です」。大会当日、生前のかずまさんの写真が飾られており、てきぱきと采配を振るう久子さんを、温かく見守るように微笑んでいた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2018年9月29日 大耳小耳  サンパウロ蘭協会(AOSP)の蘭展が、久々に文協に帰ってきていた。ここ数年はエンブー市の広場を会場にしていたとのこと。ところが同協会サイトによれば、この9月21、22、23日に開催された第99回蘭展の会場は、再び聖市文協ビル(駐車場)に戻っていた。1967年2月にアクリマソン […]
  • 大耳小耳2018年9月22日 大耳小耳  日伯文化連盟ピニェイロス文化センターで「日本庭園」についての講演会が22日午後2時半から4時まで行われる。講演者はサルキス・セルジオ・カロウスチャンさん。マッケンジー大学の都市建築科で学んだほか、文部省と亀岡ロータリークラブの制度で京都大学にも留学し、日本の現代建築について研 […]
  • 大耳小耳2018年8月1日 大耳小耳  在聖総領事館の安全情報によれば、7月28日正午ごろ聖市セー駅構内で邦人がバッグを盗難される被害が発生した。被害者は犯人と思われる男に「バッグが汚れている」と声をかけられ、確認したところ液体が付着していた。男と汚れを落としていると、「上着も汚れている」といわれ、バッグを床に置い […]
  • 大耳小耳2018年7月31日 大耳小耳  日本ブラジル中央協会(大前孝雄会長、東京都港区)発行の会報『ブラジル特報』1645号が7月に刊行された。今回も読みどころ満載だ。【特集・ブラジル政治塾】(舛方周一郎・神田外語大専任講師)は、大統領選で《ルーラが出馬しない前提での決選投票で、アルキミン(PSDB)とシロ・ゴメス […]