ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 25日付け時事通信によると、同日に安倍晋三首相と上川陽子法相が日系四世向けに日本で就労するための新在留制度を導入する方針を固めた。来年1月にパブリックコメントを実施し、年度内の導入を目指す。対象年齢は18~30歳、「特定活動」の在留資格で最長5年の滞在を認めることを軸に検討を進めている。会話、読み書きなどの一定の日語能力を条件とし、1年をめどに更新手続きが求められる。下地衆議の活動の成果?
      ◎
 「かずま忌俳句大会」で富重かずまさんとの馴れ初めを語った妻の久子さん。「俳句と柔道が趣味のこの人についていけるだろうかと不安だった」というが、かずまさん亡き後はその遺志を引き継いで、12年に渡って俳誌「蜂鳥」主宰を見事に務めている。「かずまは俳句を生涯の趣味にしていた。私もつられて始めたが、今はすっかり馴染んで俳句に振り回されるこの頃です」。大会当日、生前のかずまさんの写真が飾られており、てきぱきと采配を振るう久子さんを、温かく見守るように微笑んでいた。

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2018年3月17日 大耳小耳  JICAボリビア通信「高いところから失礼します!!」20号では、興味深い「謎解き」をしている。《ボリビアには、夜になると開店(出現)する屋台「アンティクーチョ」屋さんがあります。アンティクーチョとは、牛の心臓、つまりハツを串刺しにして炭火で焼いたものです。そのハツに辛いソース […]
  • 大耳小耳2018年2月28日 大耳小耳  22日付ポ語ニュースサイトによると、伯国の映画配給会社「サトウ・カンパニー」(佐藤ネルソン代表、聖州バルエリ市)がブラジル日本移民110周年を機に、伯国で最も有名な日本の特撮ヒーロー「ジャスピオン」の映画を制作することになったと発表した。すでに東映株式会社から制作許可を得てお […]
  • 大耳小耳2018年2月21日 大耳小耳  コロニアのカラオケ業界の風紀に乱れか――。先日、新聞社を訪れたカラオケ愛好者らしき上品なご婦人が突然、「男女間の交際に関して節度が失われてきている」と昨今の同業界のことを嘆き、「紙面で注意を呼びかけて欲しい」と訴えた。本当にカラオケ業界なのか、それともカラオケ・ダンス業界なの […]
  • 大耳小耳2018年2月10日 大耳小耳  「ニッケイ新聞も〃ラーメン戦争〃に参戦か?!」――というのはあくまで冗談だが、本紙編集部では特別にラーメン7種類(半生麺タイプ)の特価販売を始める。先日特価販売したのと同じ五十嵐製麺の商品で、1個8レアル。ただし3個なら、なんと特価20レアルだ。ラーメン専門店なみの本物の味が […]