2018年1月5日の記事一覧

《ブラジル》新労働相にクリスチアーネ氏=メンサロン服役の父は感涙=縁故指名は否定も物議=当初の候補者はサルネイが拒否?

16年ジウマ大統領罷免の下院投票でのクリスチアーネ氏(Antonio Augusto/Câmara dos Deputados)

16年ジウマ大統領罷免の下院投票でのクリスチアーネ氏(Antonio Augusto/Câmara dos Deputados)  テメル大統領が3日、新しい労働相に、メンサロン事件の暴露者で、同事件で有罪となって服役したことでも知られるブラジル労働党(PTB)党首ロベルト・ジェフェルソン氏の娘のクリスチアーネ・ブラジル下議を指 ...

続きを読む »

ペトロブラス社=米国で30億ドルの賠償合意=汚職による株価暴落損失の補償

ペトロブラス社の海底油田採掘プラットフォーム(参考画像・Stéferson Faria/Ag. Petrobras)

ペトロブラス社の海底油田採掘プラットフォーム(参考画像・Stéferson Faria/Ag. Petrobras)  石油公社ペトロブラス社は3日、ラヴァ・ジャット作戦による同社を巡る汚職摘発によって株価が暴落して損害を被ったとして、米国の株主たちが起こしていた集団訴訟において、およそ30億ドルの賠償金を支払うことで合意に達し ...

続きを読む »

サンパウロ州のIPVA支払期日=郵送しなくなったので注意

 サンパウロ州財務局が、自動車所有税(車両税、IPVA)の支払期日に関する情報の郵送停止を決めた。IPVAの支払期日は今後、インターネットで確認する必要がある。  2日付G1サイトなどによると、この変更は2008年に制定された車両税法に基づくものだ。IPVAの支払期日は、同州財務局のサイトwww.valoripva2018.fa ...

続きを読む »

《ブラジル》リオ・グランデ・ド・ノルテ州=州内最大のダムの貯水率が11%強に=このままでは2カ月も持たず

 深刻な水不足が続くリオ・グランデ・ド・ノルテ州で3日、同州最大で、最大貯水量24億立方メートルを誇る、アルマンド・リベイロ・ゴンサウベスダムの貯水率が11・74%まで下がり、「未開の水域」からの供給を始めたと、4日付現地サイトが報じた。  未開の水域とは、ダム底の取水管よりも下方に溜まっている水の事で、普段は使われない。  ア ...

続きを読む »

リオで大雨による水害拡大=各地で完遂や落木などの被害

 リオ州では3日から強い雨が続いており、各地で被害が出ていると、3、4日付G1サイトが報じている。  リオ市では3日夜~4日朝の雨で洪水なども発生。西部のレクレイオ・ドス・バンデイランテスでは3日夜の4時間だけで45ミリの雨が降った他、アウト・ダ・ボア・ヴィスタやバーラ・ダ・チジュッカなどでも、4日朝までの24時間の雨量が月間降 ...

続きを読む »

東西南北

 3日にブラジルをアッといわせた、クリスチアーネ・ブラジル氏の労働相就任。父のロベルト・ジェフェルソン氏はメンサロンの暴露者であるだけでなく、政界に対しても歯に絹を着せぬ発言を行ってマスコミの注目を集める名物政治家だが、クリスチアーネもかなりの曲者。16年4月のジウマ大統領罷免の下院投票では、プラチナ・ブロンドに染めた超短髪に、 ...

続きを読む »

《サンパウロ》有力サンバチーム、トゥクルビの倉庫で火災=カーニバル本番まで1カ月余りの時点で多くの衣装が焼失

 4日朝、サンパウロ市北部のヴィラ・マゼイ区にあるサンパウロ市の強豪エスコーラ・デ・サンバ(サンバグループ)、アカデミコス・ド・トゥクルビ(トゥクルビ)の倉庫の2階で火災が発生し、同エスコーラのパレード用衣装が焼失した。死傷者が出たとの情報は入っていない。  出火したのは、バルトロメウ・デ・トラーレス街256番にある倉庫だ。サン ...

続きを読む »

《ブラジル》110周年=国士館構想で見事な手際=二世建築家の早川鋭二さん=安藤忠雄事務所で4年修行

早川鋭二さん

 元ボクサーの経歴を持ち、独学で建築を学んだ異色の〃闘う建築家〃安藤忠雄氏。その建築事務所(大阪市)で4年ほど修行し、7年前に帰伯した若手の日系建築家の早川鋭二さん(45、二世)が昨年12月9日のブラジル日本文化福祉協会の評議員会で、110周年記念メイン事業である国士館スポーツセンター再開発構想の叩き台を発表した。的確な状況把握 ...

続きを読む »

陶芸の街・聖州クーニャ市=初めて開窯した日本人女性

請関さん(前列左から2番目)とツアー参加者ら

 陶芸の町として知られる聖州クーニャ市には、約20の工房が点在する。旅行会社のトレンディ・ツーリズモ(関根いつ子社長)は工房を巡るツアーを昨年10月21日に実施。ツアー一行は、この町で初めて工房を開いた日本人女性、請関(うけぜき)美重子(71、三重県)を訪ねた。請関さんから陶芸の町としての成り立ちが語られ、町の歴史を紐解く旅とな ...

続きを読む »

『抵抗と創造の森アマゾン』=民衆運動を新たな開発政策の糸口に

本書の装丁

 『抵抗と創造の森アマゾン 持続的な開発と民衆の運動』(小池洋一、田村梨花共編、現代企画室)が、昨年11月に日本で刊行された。  本書は、アマゾン熱帯雨林で進行する深刻な森林破壊の現実と、それに抵抗し、社会経済の新たな在り方を展望し創造的活動を展開する民衆の動きに焦点を当て、消費主義に替わり得る持続的開発の在り方を展望した労作だ ...

続きを読む »