2018年2月2日の記事一覧

大統領選世論調査=2審有罪でもルーラ優勢=約35%で断然トップ=不出馬なら大混戦模様に

支持者に語りかけるルーラ元大統領(Ricardo Stuckert)

支持者に語りかけるルーラ元大統領(Ricardo Stuckert)  1月30日にダッタフォーリャ社の世論調査が発表され、第2審で有罪判決を受けた直後にも関わらず、ルーラ氏が約35%の支持率を得て依然トップだった。ルーラ氏抜きの場合を想定した場合は、混戦状態になることも確認された。1月31日、1日付フォーリャ紙が報じている。 ...

続きを読む »

《サンパウロ・カーニバル》3日からいよいよ開幕!=400万人動員の見込み=今年から立小便で500レアル罰金条例

昨年の聖市カーニバルの様子(参考画像・Filhos da foto/Fotos Publicas)

 2月3日から始まる、サンパウロ市路上カーニバルの開催概要の発表記者会見が1月31日行われ、ジョアン・ドリア、サンパウロ市長(民主社会党・PSDB)は「今年の新機軸は5月23日大通りをパレード会場に加えること。観客動員は400万人、経済効果は5億レアル。サンパウロ市カーニバルの規模は、近いうちにサルヴァドールを抜く」と語ったと1 ...

続きを読む »

ラヴァ・ジャット=ベンジーネ元伯銀頭取告発へ=PB総裁就任以前の収賄で

 連邦検察庁はパラナ州連邦地裁のセルジオ・モロ判事に、ブラジル銀行元頭取のアデミール・ベンジーネ容疑者を収賄と資金洗浄の容疑での告発を求めていたことが分かったと、1日付現地紙が報じている。  ベンジーネ容疑者は昨年7月27日に行なわれた第42回ラヴァ・ジャット作戦の「コブラ作戦」で逮捕されている。この容疑は、ペトロブラス(PB) ...

続きを読む »

《ブラジル政府》ベネズエラとの国境閉鎖を検討=「もう限界」と地元議員

昨年10月にテメル大統領(左)と会談した、スエリー・カンポス、ロライマ州知事(右)(Alan Santos/PR)

昨年10月にテメル大統領(左)と会談した、スエリー・カンポス、ロライマ州知事(右)(Alan Santos/PR)  ベネズエラと国境を接するブラジル北部ロライマ州都ボア・ヴィスタ市には、隣国のマドゥーロ政権による圧政から逃れてきた難民があふれている。そんな中、ブラジル政府はベネズエラ国民の入国制限の検討を始めたと、1日付現地紙 ...

続きを読む »

《ブラジル・女子バレー》性転換をした選手が大活躍=参加資格に疑問の声も

 ブラジル女子バレーボールリーグのバウルー所属、ティファニー・アブレウ(33)が、1月30日のプライア・クルーベ戦で39得点を記録。個人の1試合最多得点記録を更新したことで、波紋を呼んでいると1日付現地紙が報じた。  ティファニーは、生まれつき自分の自覚する性と、身体的な性の差に苦しみ、2015年に男性から女性へと性転換手術を受 ...

続きを読む »

東西南北

 本日付で報じたダッタフォーリャの大統領選世論調査では、ルーラ氏がいまも圧倒的に強いことが明らかになった。加えて不出馬表明をしていたグローボ局の人気テレビ司会者のルシアノ・フッキの支持率も、実は8%と高いことも判明。これを受け、「もしルーラが出馬できないとなるなら、フッキの出馬はありえるのでは」との声が再浮上している。「どの党か ...

続きを読む »

UCES総会=110周年、創立70周年11月に=節目の記念式典、準備開始=山村会長続投、5期目へ

続投が決定した山村会長(右から3人目)

 聖南西文化体育連盟(UCES、山村敏明会長)は1月27日、イビウナ文化協会会館で2018年定期総会を行った。役員選挙では山村会長(レジストロ)の続投が決まり、5期目となった。今年の日本移民110周年とUCES設立70周年の記念式典の日程も話し合われ、11月4日にピエダーデ文協会館で行なうことが決定された。  日本移民110周年 ...

続きを読む »

半沢友三郎の壮絶な戦時体験=フィリピンの戦いとブラジル移住=(10)=ブラジル移住を決心

第13航ぶらじる丸移住者らの集合写真(中段左2人目から友三郎さん、久四郎さん)

 戦争の記憶を語り終えた半沢さんは「戦争っていうのは、もう…」と考え込むように口を噤んだ。「誰それがどんな風に死んだとか、しょっちゅう聞いて、自分らもそろそろ終わりかと思っていた。戦争中、逃げるために自分の赤ん坊を殺した人もいた。酷いものだった」と回想し、呟くように「戦争っていうのは、ひどいですよ」と繰り返した。  母方の祖母は ...

続きを読む »

東洋街路上カーニバル、今週末=熱い3日間で、民族の調和を!

東洋街で開催された路上カーニバルの様子

 真夏の大祭典であるカーニバルが一週間後に控えるなか、今週末の2、3、4日の3日間にかけて、『東洋街・路上カーニバル』が開催される。聖市主催で、野村アウレリオ市議の支援により実現したもの。  これは、聖州路上カーニバル・ブロッコ連盟の公認ブロッコ。聖州全体では、同連盟公認ブロッコは280に及び、非公認を含めるとおよそ680に上る ...

続きを読む »

大耳小耳

 俳誌『朝蔭』459号が1月に刊行された。年末の大掃除の逸話だろうか、《虫干や亡母の残り香不意に立ち》(寺澤哲子)はしめやかな敬意を感じさせる。《雑煮食ふ南米の街夏盛り》(遠藤永観)。NHKを見ながら雑煮を食べている分には雰囲気満点だが、家から一歩外に出ると…。《旅立つ娘見送る空港虎落笛(もがりぶえ)》(川上佐智子)の「虎落笛」 ...

続きを読む »