2018年2月3日の記事一覧

カルメン・ルシア最高裁長官=ルーラ元大統領と労働者党(PT)に不快感示す=「司法無きところに平和なし」

最高裁開廷式でのカルメン最高裁長官(左)とテメル大統領(右)(Marcos Corrêa/PR)

最高裁開廷式でのカルメン最高裁長官(左)とテメル大統領(右)(Marcos Corrêa/PR)  「自由無きところに民衆主義はない。責任無きところに秩序はない。司法無きところに平和はない」――1日、年始の最高裁開廷式でカルメン・ルシア長官は、来賓のテメル大統領や上下両院議長を前にそう説いた。2審有罪判決を無視してルーラ元大統領 ...

続きを読む »

《ブラジル》景気動向への悲観論が減少=17年工業生産も2.5%アップ=「回復業種の偏りが問題」

1月の伯国自動車販売台数は23%の上昇だった(参考画像・Comunicação Volkswagen do Brasil)

1月の伯国自動車販売台数は23%の上昇だった(参考画像・Comunicação Volkswagen do Brasil)  ダッタフォーリャ社調査によると、景気動向に対し悲観的な見方をする国民の割合が過去3年で最低値になったと、2日付現地各紙が報じた。  調査は1月の29、30日に、174市に住む、2826人を対象に行われた。 ...

続きを読む »

サンパウロ州、市の、蚊の繁殖抑制対策費が削減=黄熱病流行の下地作った?!

 黄熱病などの原因にもなる蚊の対策費用の2017年分支出を、サンパウロ州政府、サンパウロ市役所が共に削っていたことがわかったと、2日付現地紙が報じている。  2017年の保健対策への費用の見積もりは、サンパウロ州で1億9100万レアル、サンパウロ市で1億4300万レアルと、共に2016年分のそれを上回るものだった。  だが17年 ...

続きを読む »

ブラジル国立がん院=「2年で60万人ががんに」と予想=地域ごとで種類に違いも

 ブラジル国立がん院(Inca)が2日、2018年がん発生率予測を発表し、2018年、19年の2年間で、ブラジル国内で新たに60万人が、がんになる可能性があると発表したと、同日付現地サイトが報じた。  一番発生件数が多くなるだろうと予測されているのが非メラノーマ性皮膚がんで、次が男性は前立腺がん、女性が乳がんだった。  致死性の ...

続きを読む »

リオのファベーラで銃撃戦=2日連続、幹線道路が遮断

ロベルト・サー、リオ州公共保安局長(Tania Rego/Agencia Brasil)

 リオ市西部シダーデ・デ・デウス地区の治安悪化に伴い、警察と犯罪組織の銃撃戦が連日発生して主要幹線道路が遮断され、1日夜には住む19歳の女性が流れ弾に当たる事件が発生したと1、2日付現地各紙・サイトが報じた。  1月31日には、同地区で発生した軍警と犯罪組織の銃撃戦の結果、3人の麻薬組織構成員が死亡。これに怒った住民がバリケード ...

続きを読む »

東西南北

 1月31日から2月1日にかけて、サンパウロ市西部バラ・フンダの刑法裁判所で行われた裁判で、2015年12月2日に当時4歳だった娘を殺害したリカルド・クラウゼ・エステヴェス・ナジャール被告に対し、24年10カ月の実刑判決が下された。同被告は娘のソフィアちゃんに暴行を加えた上に、手足を縛り、鼻と口を防いで窒息死させた疑いが持たれて ...

続きを読む »

9県人会が創立記念行事開催=うち4県は移住110周年も=母県と連携、準備着々と

 日本移民110周年の今年、岩手、山形、栃木、岐阜、愛知、鳥取、高知、熊本、鹿児島の9の県人会が創立周年行事を準備していることが本紙の調査で分かった。また、宮城、岡山、三重も節目の年を迎えるため、現在、記念行事を開催を検討している。各県人会は式典実行委員会を立ち上げたり、母県との連絡を密にするなど、本番に向けて着々と段取りを進め ...

続きを読む »

日伯政府、観光分野の協力覚書に調印=電子ビザ、ついに解禁

(左から)田村長官、テテ・ベゼーハ局長(観光庁HPより)

 日伯両国間の観光交流の更なる促進を目的として、「日本国国土交通省観光庁とブラジル連邦共和国観光省との間の観光分野における協力に関する覚書」が、先月22日、在京ブラジル連邦共和国大使館で署名された。  同覚書は、観光に関する知見・政策の情報交換とともに、両国間の関係深化を図ることが目的。観光産業の持続可能な発展に向けた連携や、世 ...

続きを読む »

京藤間の舞初め=立ち見出るほどの盛況ぶり=初演目のよさこいも

人気の演目となったよさこいソーラン

 日本舞踊の京藤間流(京藤間勘輝二代目家元)が先月21日、恒例の新年舞初めをリベルダーデ区の沖縄県人会会館で開催した。途中音響が止まるなどのハプニングもあったが、立ち見客が出るほどの盛況だった。  当日は民謡も含めた31演目が披露され、来場客を魅了した。初めて演目に入れられたソーラン節も会場を盛り上げた。  公演を終えた勘悦子、 ...

続きを読む »

エミレーツ航空=チリのサンティアゴにも就航

サンティアゴ

 中東のアラブ首長国連邦(UAE)のドバイに本社を置くエミレーツ航空(ティム・クラーク社長)が7月5日から、チリの首都サンティアゴ(SCL)への就航を始める。週5便で、ドバイ―サンパウロを経由する。  新たに就航が加わったことで、ドバイ―サンパウロ間の路線も週12便に増線する。伯、もしくはチリ国籍所持者は両国間をIDカード(国民 ...

続きを読む »