2018年2月6日の記事一覧

《ブラジル・女子バレー》性転換手術を受けた女子選手ティファニーと、ブラジル女子代表のエース、タンダラが対決=共に31得点の活躍。試合はタンダラに軍配

ブラジル女子バレーのエース、タンダラ(中央・João Pires/Fotojump)

 【既報関連】ブラジル女子バレー、スーペルリーガ第7節、バレー・ネスレ対バレー・バウルーの一戦が2日夜にサンパウロの西隣、オザスコ市で行われた。  この一戦はネスレのエース、ブラジル女子代表のタンダラ・カイシェッタと、男性から女性に性転換手術をした、バウルーのエース、ティファニーの直接対決として注目を集めた。  2人は両チームの ...

続きを読む »

《ブラジル》社会保障制度改革=賛成票は依然308に届かず=採決予定日は2月19日=最後の説得試みるテメル大統領=他にも懸案議題は山積み

ロドリゴ・マイア下院議長(Lula Marques/AGPT)

ロドリゴ・マイア下院議長(Lula Marques/AGPT)  【既報関連】テメル政権(民主運動・MDB)が一昨年より優先課題として取り組んできた社会保障制度改革は、議会内合意形成のプロセスが遅れ、昨年末に採決は越年となった。2月5日から今年度議会も再開し、採決予定日の2月19日が迫る中、社会保障制度改革に賛成の議員は308人 ...

続きを読む »

《ブラジル》ルーラ氏=控訴するも行く手は厳しく=最高裁に人身保護令求める=高等裁での特別控訴は望み薄

ルーラ氏(Ricardo Stuckert)

ルーラ氏(Ricardo Stuckert)  ルーラ元大統領は、1月24日に連邦第4地域裁(TRF4)でサンパウロ州グアルジャーの高級三層住宅を介した収賄と資金洗浄で12年1カ月の実刑判決を受けたが、この判決によって逮捕されるのを避けるべく、最高裁に人身保護令の適用を求めた。元大統領は連邦高等裁(STJ)に特別控訴を求める意向 ...

続きを読む »

《ブラジル》電力公社エレトロブラスの民営化を差し止めていた地裁の判決覆る=「政府の暫定令を覆せるのは最高裁だけ」と最高裁判事

フェルナンド・コエーリョ鉱動相(Marcelo Camargo/Agência Brasil)

フェルナンド・コエーリョ鉱動相(Marcelo Camargo/Agência Brasil)  アレシャンドレ・デ・モラエス連邦最高裁(STF)判事は2日、ペルナンブッコ州地裁が1月に出した、政府が電力公社エレトロブラス社を民営化することを妨げていた二つの仮処分を棄却したと2、3日付現地紙・サイトが報じた。  この決定は連邦下 ...

続きを読む »

リオ市レアレンゴ=救急車の中で男性射殺!=他の医療機関で検査の帰り

 3日午後11時40分頃、リオ市西部レアレンゴ区のアルベルト・シュヴァイツァー病院前で、別の医療機関で検査を受けて戻ってきた患者を乗せた救急車が襲われ、患者が射殺される事件が起きたと4、5日付現地紙、サイトが報じた。  事件が起きたのは同病院の門に程近いグアルーリョス街で、ホンダのシティに乗り、機関銃で武装した4人組が救急車を止 ...

続きを読む »

《ブラジル》クリスチアーネ氏に麻薬組織との関係説=労相就任はますます疑問に

 1月上旬から労働相就任が裁判所によって差し止められているクリスチアーネ・ブラジル下議(ブラジル労働党・PTB)に、麻薬密売組織に金銭の支払を行った疑惑が持たれている。3、4日付現地紙が報じている。この疑惑は、2日に連邦検察庁が最高裁に捜査開始許可を要請したことで明らかになった。  それによると、クリスチアーネ氏は2010年、側 ...

続きを読む »

東西南北

 カーニバル・シーズンが到来し、サンパウロ市でも3、4日の週末は早速、187ものブロッコが市街に繰り出し、それぞれに盛り上がりを見せた。中には人気歌手が登場して、その場にいた人たちにうれしいサプライズを提供する一幕も見られたりした。ジョアン・ドリア聖市市長の意向により、今年からは「ブロッコによる通りの混雑の緩和」をすべく、毎年お ...

続きを読む »

《ブラジル》J―Test=米大陸初の模擬試験実施=42人受験、高評価の声も=「勉強に役立つ試験」

真剣に試験に取り組む受験者

 【既報関連】外国人の日本語運用能力を測定する『J―Test実用日本語検定』(語文研究社、以下「語研」、本社=東京)の模擬試験が3日午前、サンパウロ市のブラジル日本語センターで実施された。集まった42人の受験者は、緊張感漂う静かな会場内で試験に取り組んだ。南北アメリカ大陸で初となる今回実施に、主催者は手応えを感じていたようだった ...

続きを読む »

移民110周年=東洋街活性化の2案が提示=資金管理委員会の設置も

会議の様子

 移民110周年における官民共同事業に向けた、聖市行政関係者と主要日系団体代表者による「第3回会合」が先月30日、市長執務室で開催された。今会合では、東洋街活性化部会において先月8日に提案された改善項目を受けて、専門家の調査に基づき具体案が提示された。  建築家のヒラノ・カンジ氏は、「アクセス向上と都市景観整備による和やかな空間 ...

続きを読む »

プロミッソン入植百周年=広告主募集中、同地出身者は名簿登録を!

ロゴマーク

 今年の移民110周年で、眞子さまご訪問が期待される移民の故郷、プロミッソン。同入植百周年準備委員会(前田ファビオ実行委員長)は、7月22日に上塚周平記念公園で開催される「入植百周年記念式典」で配布されるパンフレットの広告主を現在、募集している。  広告料金は、それぞれ1頁が1000レアル、半頁が500レ、4分の1頁が250レ。 ...

続きを読む »