2018年2月7日の記事一覧

ブラジルサッカー=全国選手権の日程発表=コリンチャンスの連覇なるか?大型補強でパルメイラスの雪辱なるか?

 ブラジル・サッカー連盟(CBF)は5日、今年のサッカー全国選手権(ブラジレイロン)の日程を発表した。  今年も一部(セリエA)は全20チーム、ホームアンドアウエーの2回戦総当り方式で38節が行われる。  例年なら開幕は5月の2週目の週末だが、今年は違う。それはW杯が6月14日から7月14日にかけて行われるため、その間のリーグ戦 ...

続きを読む »

《ブラジル》1月の自動車生産台数24・6%アップ=輸出台数史上最大に支えられ

サンパウロ州タウバテ市の自動車工場(Imprensa Volkswagem)

サンパウロ州タウバテ市の自動車工場(Imprensa Volkswagem)  ブラジル自動車工業協会(Anfavea)は6日、自動車輸出台数が過去最高を記録したことを受け、1月のブラジルの自動車生産台数が、昨年同月比で24・6%も増えたと発表した。  今年1月の乗用車や、ピックアップ車やヴァンなどの小型商用車、トラック、バスを ...

続きを読む »

《ブラジル》サンターナ被告「オデブレヒト社に賄賂依頼した」=モロ判事の前で再証言=PTの選挙の裏側も暴露=06年のルーラの選挙も汚染

モニカ・モウラ被告(左)と、ジョアン・サンターナ被告(右)(Agencia Brasil)

モニカ・モウラ被告(左)と、ジョアン・サンターナ被告(右)(Agencia Brasil)  労働者党(PT)の選挙参謀だったジョアン・サンターナと妻のモニカ・モウラの両被告が5日、パラナ州連邦地裁のセルジオ・モロ判事に対し、秘密口座(裏金、カイシャ2)を使って賄賂を受け取っていたことを改めて認める発言を行った。6日付現地紙が報 ...

続きを読む »

《サンパウロ・カーニバル》思わぬトラブル発生の第1週=トイレが理由で銃撃される?=道で柱にもたれてショック死

サンパウロ市のカーニバルは初日から大盛り上がりだったが…(Eduardo Ogata/Secom)

 サンパウロ市内各所では、3、4日に、ブロッコと呼ばれる小規模サンバグループの行進が始まった。市民は大いにカーニバルの幕開けを楽しんだが、男性1人が道路標識のついた柱にもたれかかって感電死した他、ガソリンスタンドで、トイレの利用許可を巡るトラブルの末、店員に銃撃されて2人が死亡、2人が負傷する事件も発生したと、6日付現地各紙が報 ...

続きを読む »

《ブラジル》黄熱病感染拡大の原因は=専門家が3つの仮説提唱

 ミナス・ジェライス、エスピリトサント、リオ、サンパウロの4州では2017年初頭から黄熱病患者が続出し、その対策に追われているが、ブラジル南東部4州での黄熱病の感染拡大について、専門家が三つの仮説を提唱していると6日付現地紙サイトが報じた。  これら4州では昨年初頭以降、779人の黄熱病感染が確認され、262人が死亡、435人が ...

続きを読む »

ブラジル株2・59%下げ=米国市場の急落が影響

サンパウロ市株式取引所(参考画像・Hugo Arce/Fotos Públicas)

サンパウロ市株式取引所(参考画像・Hugo Arce/Fotos Públicas)  米国の代表的な株価指数である、ダウ平均株価は5日、前日比マイナス4・6%、2万4345ポイントと大幅な下げを記録し、世界の株式市場もその影響で軒並み値を下げたと、6日付ブラジル各紙が報じた。  米国の株安を受け、5日のサンパウロ市株式市場指数 ...

続きを読む »

《ブラジル》納税者番号や身分証明書が一つに=デジタル化で一段と簡易化

 テメル大統領は5日、納税者番号(CPF)や身分証明書(RG)、選挙人登録証などの主要な証明書を一つにし、デジタル化するシステムを作るという大統領令に調印した。6日付現地紙が報じている。  ブラジルにおいて最も提示を求められることの多いCPFやRGなどの情報を、デジタル化して一つにまとめた全国身分証明証(DNI)は、今年7月から ...

続きを読む »

東西南北

 現在、サンパウロ大都市圏の住民は「76年ぶりの都市型黄熱病感染」の恐怖におびえている。サント・アンドレ(A)、サンベルナルド・ド・カンポ(B)、サンカエターノ(C)からなるABC地区でも遂に感染者が出た。サンベルナルド・ド・カンポ市内の雑木林に囲まれた地区で働く35歳の男性の感染が確認された。この男性はここ数カ月間、市外には出 ...

続きを読む »

静岡県人会=10年振りに県費留学復活=母県と連携、会活性化へ=「青年部立ち上げたい!」

制度再開を祝した関係者

 県費留学制度の復活を足がかりに、県人会活性化を――。ブラジル静岡県人会(原永門会長)は、静岡県地域外交局地域外交課のモライス・アレシャンドレ地域外交専門官を迎え、「県費留学新制度説明会」を先月15日、同会会館で催した。元研修生、研修候補生ら約30人が出席し、朗報に沸いた。  静岡県は県費留学制度を長年実施していたが、およそ10 ...

続きを読む »

わだん太鼓初公演「神々の響き」=太鼓をプロの音楽ショーに

(左から)案内のため来社した小川彰男さんと青山さん

 祭の余興として親しまれてきた太鼓を、伯人に見せるプロの音楽ショーに格上げさせようと挑んでいるチームがある。わだん太鼓アンサンブルは、初舞台『神々の響き(Ecos Divinos)―太鼓新世代―』を来月15日午後9時から、エルドラード・ショッピング・センター内劇場(Av. Reboucas, 3970, Pinheiros)で開 ...

続きを読む »