2018年2月8日の記事一覧

《ブラジル》水不足が企業活動にも影響=中小零細企業ほど苦労強いられ

水不足に苦しむブラジリアのダム(Marcelo Camargo/Agência Brasil)

水不足に苦しむブラジリアのダム(Marcelo Camargo/Agência Brasil)  日本の約22・5倍の国土面積を誇るブラジルは、国土全てに生活用水や農業用水、工業用水をいきわたらせるだけでも一苦労だ。特に、北東部や中西部では旱魃も激しく、貯水ダムの水位も軒並み低下している。  零細・小企業支援サービス機関(Sab ...

続きを読む »

サンパウロ州の月曜日の定番食が無形文化財に=バンデイランテス時代からの伝統メニュー

ヴィラード・ア・パウリスタの一例(Mauro Holanda/Divulgação)

 サンパウロ州歴史・文化・考古学・工芸遺産・観光保護審議会(Condephaat)が、サンパウロ州の多くのレストランが月曜日の定番食としている、「ヴィラード・ア・パウリスタ」というメニューを、州の無形文化財に指定した。  このメニューは、サンパウロ州の奥地を開拓した「バンデイランテス」と呼ばれる探索隊も食べていたもので、関連する ...

続きを読む »

《ブラジル》モラエス最高裁判事=「刑執行は2審後に」=別件裁判で注目の判断表明=ルーラ、最高裁でも不利に=カギ握るローザの意向

モラエス判事(Rosinei Coutinho/SCO/STF)

モラエス判事(Rosinei Coutinho/SCO/STF)  6日、連邦最高裁のアレッシャンドレ・デ・モラエス判事は、「裁判で実刑判決を受けた人は、2審で有罪判決が出た時点で執行」との判断を下した。最高裁に有利な判断を期待しているルーラ元大統領にはますます不利な状況となった。7日付現地紙が報じている。  モラエス判事の判断 ...

続きを読む »

ブラジリア=幹線道路で高架橋の崩落事故=再三の修繕勧告無視され=かつての未来都市も老朽化

事故現場のエイション。奇跡的に一人も犠牲者は出なかった(Dênio Simões/Agência Brasília)

 ブラジルの首都ブラジリアを走る、エイションこと、連邦直轄区道2号線(DF―002)の高架橋部分が7日の午前11時45分に落下したと、7日付現地各紙が報じた。  エイションは、エイショ・モヌメンタルと呼ばれる、官庁街、最高裁判所、大統領宮などが立ち並ぶエリアを通る幹線道路と交差している。事故現場は、交差地点から500メートルほど ...

続きを読む »

《ブラジル》エレトロブラス民営化に新たな壁?=会計監査院が公聴会開く

 【既報関連】電力公社エレトロブラスの民営化に関し、会計監査院(TCU)が特別公聴会を開く事になりそうだと7日付現地紙やサイトが報じた。  エレトロブラス民営化は連邦政府が昨年出した暫定令(MP814/17)で扱われているが、各方面から疑問ありとされ、連邦地裁による差し止め命令(仮処分)も出ていた。  地裁の仮処分は、2日にアレ ...

続きを読む »

《ブラジル》石油公社ペトロブラス=パサデナ製油所売却を発表=年内の手続き完了を目指す

アメリカ・テキサス州にあるパサデナ製油所(Petrobras)

アメリカ・テキサス州にあるパサデナ製油所(Petrobras)  ブラジルの石油公社ペトロブラス社が6日、米国のパサデナ製油所の売却を進めると発表したと、7日付現地各紙が報じた。  パサデナ製油所は、米国ペトロブラス社の傘下にあるが、ブラジルでは、大型汚職捜査ラヴァ・ジャット作戦の捜査対象になっている物件だ。 ※このコンテンツを ...

続きを読む »

《ブラジル》黄熱病の死者100人目前に=1週間で17人増える

 保健省が発表した最新データによると、昨年7月以降に確認された黄熱病による死者が全国で98人に達した。7日付現地サイトが報じている。  7日の発表によると、17年7月1日~18年2月6日の黄熱病による死者は98人に上る。1月30日の発表では213人感染、81人死亡だったが、今週は、353人感染となり、死者も17人増えている。   ...

続きを読む »

東西南北

 本日付本頁でも報じているブラジリアでの高架橋崩壊事故。ブラジリアの首都建設からは既に60年近い年月が流れているが、その間、大した補強が行われてこなかったということか。そうなると、今後もこうした事態が続きそうで怖い。2009年頃から調査機関が調査、補修、補強をと、政府に呼びかけてきたのに、それを全く放置して、2014年W杯開催時 ...

続きを読む »

ブルー・ツリー=本場カーニバル体験を堪能=アギア・デ・オウロが指導=充実のワークショップ

カーニバルの一日体験を楽しんだ来場者

 真夏の風物詩カーニバルを安全に楽しめる機会の提供を目的に「国際カーニバル・ワークショップ(Workshop Carnaval das Nacoes)」が3日、聖州バルエリ市アルファビレ区のエスパッソ・ヴィラ・ブルー・ツリーで催された。主に進出企業駐在員や日系社会から約150人が参加し、サンバチームのアギア・デ・オウロ(黄金の鷲 ...

続きを読む »

県連代表者会議=13年前の負債支払いへ=JETROの出展説明も

説明中の林弁護士

 ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の「1月度代表者会議」が、1日に文協ビル内の県連会議室で行われた。同会議では2005年度の第8回日本祭りでの未払い金支払い請求についての説明があった。また、今年度の日本祭りに各県の特産品紹介ブースを出す日本貿易振興機構(JETRO)が県人会に協力を呼びかけた。  06年、会場業者エ ...

続きを読む »