2018年2月17日の記事一覧

ペルー人少年、人気のYouTuber兄弟に会いに、ヒッチハイクでブラジルへ=6日かけて兄弟の自宅にたどり着く

 ペルーに住む12歳の少年が8日、人気ユーチューバー達に会うためにヒッチハイクでブラジルまで旅をし、サンパウロ州ソロカバ市で保護された。少年はペルーの自宅からソロカバ市まで6日かけてたどり着いたという。  在ブラジル、ペルー総領事館によると、この少年は両親に何も告げずに自宅を後にしたという。所持金もなく、持っていたのはパスポート ...

続きを読む »

ブラジル連邦政府=リオ州の直接統治を宣言=保安関連の指揮権は陸軍に=「犯罪集団と断固戦い勝利する」とテメル大統領=社会保障改革の進展に影響も

マイア議長(左)、ペゾン州知事(右)立会いの元、IF大統領令に署名するテメル大統領(中央)(Beto Barata/Presidência da República)

マイア議長(左)、ペゾン州知事(右)立会いの元、IF大統領令に署名するテメル大統領(中央)(Beto Barata/Presidência da República)  【既報関連】ファヴェーラ(スラム街)での銃撃戦や、強盗、流れ弾に当たって罪もない市民が犠牲になるなど、一向に改善の兆しを見せないリオの治安状況に、連邦政府は「リ ...

続きを読む »

《ブラジル》ルシアノ・フッキ=「大統領選には不出馬」=カルドーゾ氏らが食指示すも=中道右派は候補再確認へ

ルシアノ・フッキ(右、Antonio Cruz/Agência Brasil)

ルシアノ・フッキ(右、Antonio Cruz/Agência Brasil)  大統領選への出馬が噂されていたTVグローボの司会者ルシアノ・フッキが15日、前年11月に引き続き、改めて選挙には出馬しないことを明言した。これで中道政党がそれぞれの候補をしっかりと固める必要が出てきていると、16日付現地紙が報じている。  フッキは ...

続きを読む »

《ブラジル》大衆車販売=4年間続いた前年割れを脱出=景気回復が庶民レベルに

 景気回復に従い、ブラジルでの自動車業界の雇用情勢は昨年半ば頃から戻り始めたが、それを反映するように、17年の大衆車の販売数が前年比で3・1%伸びたと、14日付現地紙が報じた。  ここ数年間の新車販売は、経済危機の影響が比較的少なかった裕福な層によって支えられてきた。この事は、Gol、Kaといったエントラーダと呼ばれる車や、On ...

続きを読む »

サンパウロ市=逮捕中誕生の赤ちゃん刑務所へ=母親へ人身保護令適用か

 ブラジル弁護士会(OAB)が、逮捕直後に出産をした女性に対して人身保護令の適用を求めている。16日付現地サイトが報じている。  ジェシカ・モンテイロ容疑者は10日、サンパウロ市内で麻薬密売容疑で逮捕されたが、翌11日に産気づき、東部モオカの病院で出産した。  だが、直前の諮問で逮捕拘束継続が決まり、13日の退院後、一旦、生まれ ...

続きを読む »

《ブラジル》アレーナ・コリンチャンスの建設費融資は違法=コリンチャンスやオデブレヒト社らに4億レアル返却命令

建設中のアレーナ・コリンチャンスの様子(Danilo Borges e Gabriel Fialho/Portal da Copa/ME、15/4/2014)

建設当時のアレーナ・コリンチャンスの様子(Danilo Borges e Gabriel Fialho/Portal da Copa/ME、15/4/2014)  リオ・グランデ・ド・スル州連邦裁判所は15日、サンパウロ市のサッカーチーム、コリンチャンスと、建設大手のオデブレヒト社、連邦貯蓄銀行(Caixa)元頭取のジョルジ・エ ...

続きを読む »

東西南北

 今年のリオ市カーニバルのスペシャルグループのパレードが政治や社会を痛烈に批判した異例のものであったことは既に報じたが、その直後に、連邦政府による治安維持のための介入が起きることになったのはなんとも皮肉だ。ベイジャ・フロールやツイウチのパレードはリオ市の現在の混乱をまさしく表現していたとも、あのパレードがさらに治安悪化を招いたと ...

続きを読む »

四世ビザ=「三世までと同じ条件に!」=訪日希望者の声を聞く=在留資格新制度原案に意見

お仕事ドットコムが公開したアンケート結果(出典:同社Facebookページ)

 【既報関連】日系四世に就労可能な日本での在留資格を与える新制度について、日本国法務省がパブリックコメント(意見公募)を先月23日に始めた。それと同時に新制度の原案が公開され、ポ語ニュースサイトなどが翻訳して広く知らせた。原案では日語能力の要求や在留期間、対象年齢、家族帯同に制限が設けられ、四世間に波紋が広がっている。四世ビザの ...

続きを読む »

オザスコ市=市制記念で日本週間を開催!=駅前広場で太鼓や盆踊りも

広場で披露された和太鼓

 19日に市制施行56年を迎えるオザスコ市。その祝賀行事として、市制記念日を跨いで3週間に及ぶ民族週間が予定されている。14日、オザスコ駅前広場からアントニオ・アグー大通りで、日本週間が催され、華々しく幕開けを飾った。  同市は、聖市の一区から独立し、1962年に誕生。人口およそ70万人を抱え、州内では6番目に人口の大きな都市だ ...

続きを読む »

伯国に牧水歌碑はあるのか=日系文学会まで連絡を!

 日本の歌人・小塩(おしお)卓也氏からブラジル日系文学会に「ブラジルに若山牧水の歌碑が存在するか?」との問合せがあった。もしも歌碑のありかを知っている人がいれば、同文学会(住所=Rua Vergueiro, 819, sala 2, CEP 01504-001)、もしくは中田みちよさん(電話=11・5084・7112)まで連絡を ...

続きを読む »