2018年2月24日の記事一覧

ブラジル株史上最高値を更新中=国内外で発生の株安要因をものともせず

 2月初旬に米国の株安の影響を受けて、一時大きく下げていたサンパウロ株式市場指数(Ibovespa)だったが、カーニバル明けの14日からは7営業日連続で前日比上昇を記録。22日の終値は8万6686・45ポイントで、米国株安の影響を受ける前の水準に戻したばかりか、さらに上昇して史上最高値を更新した。  昨年末から上昇の一途をたどっ ...

続きを読む »

リオ五輪金メダリスト=ラファエラ・シウヴァが人種差別に=タクシーで自宅に帰るだけで職務質問

リオ五輪で金メダルを決めた際のラファエラ・シウヴァ(Roberto Castro/Brasil2016)

 リオ五輪女子柔道57キロ級金メダリストのラファエル・シウヴァが22日、自身の住むリオで人種差別の被害を受けたことを、ツイッターを通じて読者に発信した。  彼女のツイッターによると、22日、ラファエラは旅行先からリオのガレオン空港に着き、タクシーでリオ西部にある自宅に帰ろうとした。  ところが、そのタクシーがブラジル大通りに差し ...

続きを読む »

《ブラジル》メイレレス財相=「テメルを敵に回しても出馬」=大統領選へ強い意欲語る=「連立与党代表」は風前の灯=最終判断は4月4日まで

19日にテレビ出演した際のメイレレス氏(Gabriel Cardoso/SBT)

19日にテレビ出演した際のメイレレス氏(Gabriel Cardoso/SBT)  エンリケ・メイレレス財相は22日、10月の大統領選に関し、たとえテメル大統領と対決することになっても出馬する意向であることを明かした。だが、メイレレス氏をめぐる状況は厳しいと、23日付現地紙が報じている。  メイレレス氏がこのような発言を行ったの ...

続きを読む »

《ブラジル》汚職捜査LJ作戦48弾=パラナ州PSDBに捜査のメス=州道路で通行料不当引き上げ=州知事の腹心にも捜査の手

「民営化で必ずしも汚職がなくなるわけではない」と語る、カルロス・リマ検察官(Rovena Rosa/Arquivo/Agência Brasil)

「民営化で必ずしも汚職がなくなるわけではない」と語る、カルロス・リマ検察官(Rovena Rosa/Arquivo/Agência Brasil)  今年最初のラヴァ・ジャット(LJ)作戦となるLJ作戦第48弾、インテグラソン作戦が22日に発動。パラナ州を始め、サンパウロ州、リオ州、サンタカタリーナ州を対象に、50の捜査押収令状 ...

続きを読む »

《ブラジル》ロライマ州=ベネズエラ人のSUS利用急増=17年は14年の2300倍に

 【既報関連】ロライマ州保健局が22日、同州内のベネズエラ人急増に伴い、2017年に同州の公共医療機関を利用した同国人は4年前の2349倍に達したと発表したと22日付アジェンシア・ブラジルが報じた。  この報告は、ブラジリアで行われた汎米保健機構(OPAS)の会議でなされた。同州でのベネズエラ人による医療機関利用に関する統計は1 ...

続きを読む »

フィッチ=ブラジル国債の格付引き下げ=社会保障制度改革の断念で

 世界的投資信託の権威フィッチが23日にブラジル国債の格付を引き下げ、財界に波紋が広がっている。23日付現地紙サイトが報じている。  フィッチはこの日、ブラジル国債の信用格付を「BB」から「BBマイナス」に下げた。これは1月に、同じく信託の権威であるS&B(スタンダード&プアーズ)がブラジル国債の格付を下げたときと同じ位置になっ ...

続きを読む »

サンパウロ州=9割が乳がん判定できず=基礎知識に欠ける医学生

サンパウロ州では今も、医学生の質が問われている(参考画像・Alexandre Moreira/A2 FOTOGRAFIA)

 サンパウロ州地方医師協議会(Cremesp)が22日に、2017年10月に行った、医学部を修了する医学生を対象とする医師技能判定試験の結果を発表した。それによると、今回の試験では受験者の6割以上が合格したが、基本的な知識さえない受験者も多かったと、23日付現地紙が報じた。  2636人の受験者の内、合格者は1702人で、合格率 ...

続きを読む »

東西南北

 サンパウロ市西部モルンビのダヴィ・ベン・グリオン通りの交差点で21日夜、両替商を営むロジェリオ・ペレイラ・ジュニオル氏(36)が、いきなり銃弾を浴びる惨事が起きた。ペレイラ氏は信号待ちで停まったところ、路肩から武装した男性が現れ、ペレイラ氏に向けて、フロントガラス越しに最低でも12発の銃弾を放ったという。ペレイラ氏は顔や首など ...

続きを読む »

西森連邦下議=公金横領告発を最高裁受理=架空職員通じて280万レ?=パ州110周年影響なし

パラナ移民110周年の祭典委員長でもある西森下議

 ブラジル連邦検察庁(MPF)から出されていた西森ルイス連邦下院議員(PR―PR)に対する資金洗浄と公金横領に関する告発を、連邦最高裁判所の第1小法廷は20日、全会一致で受理した。20日午後9時17分、同検察庁サイトにその広報が掲載された。西森下議は23日現在、世論調査で支持率2位の右派大統領候補として有名なジャイール・ボウソナ ...

続きを読む »

中南米対日理解促進プログラム=日本祭関係者、地域活性化行事学ぶ

訪日の様子(提供:ロペスさん)

 JUNTOS中南米対日理解促進プログラムを通じて、伯国などの中南米6カ国から日本祭り関係者らが、1月28日から2月4日まで訪日し、『活性化』を目的に活動する各種団体を視察した。15日午後2時から、文協ビル内県連事務所にて記者会見が催され、伯国から参加した市川敏雄実行委員長(70、二世)、聖市エスポセンターの営業・市場調査部長の ...

続きを読む »