2018年3月8日の記事一覧

《ブラジル》燃料価格が安くなるかも?=燃料税変更の可能性を財相が示唆

 米国ニューヨークを訪れているブラジル財相のエンリケ・メイレレス氏が7日、記者団に対し、ブラジル政府は燃料税を下げる事を検討していると明かした。  ブラジル国内のガソリンや家庭用液化天然ガス(GLP)の価格は、ブラジルの石油公社ペトロブラス(PB)社が原油の国際価格の変動に合わせて、独自に設定しているが、消費者が負担する価格には ...

続きを読む »

サンパウロ市=ホームレスが墓場に定着=ノヴァ・カショエイリーニャに50人

 サンパウロ市北部のノヴァ・カショエイリーニャ墓地。同市では2番目に大きい市営墓地で、2万1千人が葬られているが、同墓地には、50人ほどの生きた人達も住みついているという。  35万平米の墓地は荒れており、迷い込んだ動物の死骸を奪い合うハゲタカや人の背丈ほどある草、動物が腐乱した後の骨などがいたる所で見受けられる。死んだ動物の死 ...

続きを読む »

ブラジル連邦政府=経費支払い1千億レアル足りず?=絶対的規則で国債発行できず=IF発令で大原則の変更不可=今後4~5年状況変わらず

エンリケ・メイレレス財相(Fabio Rodrigues Pozzebom/Agência Brasil)

エンリケ・メイレレス財相(Fabio Rodrigues Pozzebom/Agência Brasil)  ブラジル憲法には「政府は職員の給与や光熱費などの通常経費を支払う目的での国債を発行することは出来ない」という、絶対的な規則があり、連邦政府がそれを遵守するには、現状で800~1千億レアルの資金が足りない状態であると、7日 ...

続きを読む »

ルーラ=全員一致で人身保護令却下=服役の可能性一段と高まる=気になるSTFの判断は

STJでの審理の様子(6日、Lula Marques/Liderança do PT na Camara)

STJでの審理の様子(6日、Lula Marques/Liderança do PT na Camara)  6日、高等裁判所(STJ)で、ルーラ元大統領が刑務所での服役を逃れるために提出した、人身保護令適用を巡る審理が行われ、判事投票5―0で要請が却下された。これで、ルーラ氏が刑務所に入るか否かは最高裁(STF)の判断次第とい ...

続きを読む »

国際女性デー=依然大きいブラジルの性格差=女性が家長の世帯は倍増

 「国際女性デー」を前に、6~7日付現地サイトが、女性に関する様々なデータを掲載している。1904年3月8日に米国ニューヨークでの婦人参政権要求デモ以降、女性への差別撤退と女性の地位向上を訴える運動が続き、国際婦人年(1975年)からは、3月8日が「女性の十全かつ平等な社会参加の環境を整備するよう呼びかける日」と決められた。   ...

続きを読む »

《ブラジル》1月工業生産=5カ月ぶりの前月比マイナス=自動車の生産減が影響し

フォルクスワーゲン社のブラジル工場(Comunicação Volkswagen do Brasil)

フォルクスワーゲン社のブラジル工場(Comunicação Volkswagen do Brasil)  ブラジル地理統計院(IBGE)は6日、1月の工業生産は前月比2・4%減となったと発表した。6、7日付現地紙・サイトが報じている。これにより、昨年9月から4カ月連続で続いていた前月比増はストップした。  工業生産高は、「資本財 ...

続きを読む »

《ブラジル》進歩党の議員ら4人被告に=ネグロモンテ元都市相など

 最高裁第2小法廷は6日、検察庁が起訴した進歩党(PP)の政治家7人の内、ジウマ政権の都市相だったマリオ・ネグロモンテ氏ら、4人への告発を受理した。7日付現地紙が報じている。  この日の最高裁の判断で被告となったのは、ネグロモンテ氏、ルイス・フェルナンド・ファリア、ジョゼ・オターヴィオ・ジェルマーノ両下議、ジョアン・ピゾラッチ・ ...

続きを読む »

東西南北

 6日午前、複数の市をまたいで走るEMTUのバスと、トラックがサンパウロ大都市圏エンブグアスーで衝突し、2人が死亡、25人が重軽傷を負う事故が起きた。同日午前8時30分頃、プレフェイト・ベント・ロジェール・ドミンゲス道のきついカーブの部分で、イタペセリカ・ダ・セーラ行きのバスが反対方向から来たトラックとぶつかった。これにより、バ ...

続きを読む »

商議所シンポ=「今こそ攻めに転じるべし!」=大半の業界で回復基調にー=ドン底から成長軌道へ

会員約200人が出席、注目の高さを伺わせた

 「長年の景気後退から、ついに成長に転じた」――1日、市内ホテルで開催されたブラジル日本商工会議所(松永愛一郎会頭)主催の「2018年度上期業種別部会長シンポジウム―いま求められる新たな視点は―」で、松永会頭は昨年度の経済情勢をこう総括した。11部会による報告では、一部業種を除き総じて経済回復が現実化していることが示された上、「 ...

続きを読む »

JUNTOS=日系社会理解促進プログラム=日系社会の知見を広げる

来社した皆さん

 日本の外務省が行なうJUNTOSプログラムを通じて、伯国日系社会の理解促進のために、在日伯人支援活動などを行なう外国人集住地域のNPO職員や日系社会に興味を持つ大学生など10人が来伯した。今回が初の取組みで、一行は聖市、マリリアなど日系社会を1週間の行程で巡り日系人と交流、知見を広げた。一行は先月22日に来社し、日系社会の印象 ...

続きを読む »