2018年4月14日の記事一覧

ブラジルサッカー=ブラジル全国選手権(ブラジレイロン)が開幕=今年の有力チームを占う

 サッカーブラジル全国選手権1部リーグ(セリエA)が14日に開幕する。W杯が行われる関係で、開幕が例年より1カ月繰り上がった今年のブラジレイロンについて、ブラジルのメディアがどう予想しているかを見てみよう。  ブラジルのスポーツ・メディアの大半は、「今年のブラジル王者の座は、コリンチャンス、グレミオ、クルゼイロ、パルメイラスの4 ...

続きを読む »

《ブラジル》パラーの脱獄未遂の死者22人に=看守以外は全員が服役者?

 10日午後、パラー州州都のベレン市の周辺都市、サンタイザベルの総合刑務所で集団脱獄未遂事件が起き、看守1人を含む21人が死亡した件で、州刑務所システム監督局が12日、看守以外の死者20人は皆、服役者だったと報告した。  同州保安・防災局は10日、死者20人は、服役者と外部から来た侵入者と発表していた。  同局は当初、侵入者らは ...

続きを読む »

リオ市国立自然史博物館=〃忘れ去られた元王宮〃の復活に燃える新館長

19世紀にブラジル王室も暮らした、現国立自然史博物館(Tomaz Silva/Agência Brasil)

 リオ市北部サンクリストヴァン地区にあるサンクリストヴァン宮殿は、19世紀にブラジル皇室が暮らした場所で、窓からの視界には、広大なキンタ・ダ・ボア・ヴィスタ公園が広がる。  国立自然史博物館(リオ州連邦大学所属)となっている同宮殿の内部は、より一層荘厳な空気を現代に伝えているが、よく見ると、何年も修復されていない家具は傷み、壁に ...

続きを読む »

《ブラジル》労働者党と連邦政府が最高裁に圧力=「2審有罪で刑執行」判断で=モラエス判事が標的に=パロッシの釈放は却下に

モラエス判事(Rosinei Coutinho/SCO/STF)

モラエス判事(Rosinei Coutinho/SCO/STF)  ルーラ元大統領の逮捕と受刑を受け、労働者党(PT)と連邦政府が、最高裁に対して「2審有罪後の刑執行」に反対するよう圧力をかけはじめていると、13日付現地紙が報じている。  「2審有罪で刑執行か否か」の判断は現在、最高裁でも意見が分かれている議題で、16年10月の ...

続きを読む »

鉄鋼関税問題=ブラジル外相とアメリカ商務長官が会談=輸出量制限を求めるアメリカ=粘り強い交渉の継続が必要

アロイジオ・ヌネス外相(Fabio Rodrigues Pozzebom/Agência Brasil)

アロイジオ・ヌネス外相(Fabio Rodrigues Pozzebom/Agência Brasil)  【既報関連】アロイジオ・ヌネス外相は、12日にペルーのリマで米国のウィルバー・ロス商務長官と会談し、「ブラジルから米国へ輸出する鉄鋼、アルミ製品への関税を恒久免除されるためには、自発的に輸出量を制限することに同意し、輸出量 ...

続きを読む »

《ブラジル》ゴイアス州でインフルエンザの予防接種開始=他の地域・州は23日から

 保健省が行うインフルエンザの予防接種キャンペーンは23日に始まるが、ゴイアス州では13日に始まり、長蛇の列ができたと13日付G1サイトなどが報じた。  予防接種が前倒しされたのは、同州ではH1N1型のA型インフルエンザが猛威を振るっており、10日現在でH1N1患者(重症者のみ)が64人、内8人が死亡したと報告されているからだ。 ...

続きを読む »

《ブラジル》2月の小売業の売上が前月比―0・2%を記録=今年のGDP予測に影響も

スーパーの売上不調が2月のブラジル小売マイナスの要因となった(参考画像・Tânia Rêgo/Agência Brasil)

スーパーの売上不調が2月のブラジル小売マイナスの要因となった(参考画像・Tânia Rêgo/Agência Brasil)  【既報関連】ブラジル地理統計院(IBGE)が12日に発表した月次商業調査によると、2月の小売業の売上は前月比0・2%減を記録したと、13日付現地各紙が報じた。  市場関係者たちの予測していた平均0・65 ...

続きを読む »

ロライマ州=ボウソナロ、保護区開発で物議=ベネズエラ難民受け入れ前向き発言も

 大統領候補のジャイール・ボウソナロ氏が12日にロライマ州で講演を行い、先住民保護区を経済的目的で開発することや、ベネズエラからの難民キャンプを作りたいなどと発言し、物議をかもした。13日付現地紙が報じている。  ボウソナロ氏は遊説先のロライマ州ボア・ヴィスタで講演を行ったが、そこで先住民の土地の開発と、ベネズエラ難民の受け入れ ...

続きを読む »

東西南北

 10日、ミナス・ジェライス州ベロ・オリゾンテで、64歳の女性が初めての赤ちゃんを出産して、話題を呼んでいる。13日付アゴーラ紙によると、ノルマ・マリア・デ・オリヴェイラさんは長年検察官として働いてきたが、63歳の時、出産への強い思いを感じ、伴侶の精子をドナーからの卵子と体外受精させ、妊娠の手続きを取った。高齢故に母子共に健康面 ...

続きを読む »

《ブラジル》日系4人目の大臣が誕生=ヨムラ氏、労働大臣に就任=続木大臣以来、28年振り

労働大臣に就任したヨムラ氏(Albino Oliveira - ASCOM)

 今月10日、大統領府で行われた新閣僚就任式で、リオ州出身の日系人、ヨムラ・エウトン氏(35)が新労働大臣に就任した。日系大臣としては、安田ファビオ良治商工大臣、植木茂彬鉱山動力大臣、続木正剛保健衛生大臣に次ぐ4人目。続木大臣以来、実に28年ぶり。これは10月に実施される統一選挙に出馬するため、閣僚が4月7日を期限として離職した ...

続きを読む »