2018年4月17日の記事一覧

ブラジル代表OB、名門パルメイラスのレジェンド、アデミール(76)=ロシアW杯にむけて期待を語る

TVのインタビュー番組で、ロシアW杯に向けたブラジル代表への期待を語る、元ブラジル代表のアデミール・ダ・ギア(右)(Divulgação/TV Brasil)

 今年もサッカーブラジル全国選手権が開幕した。W杯開催年ではあるが、「セレソンよりも愛しの我がクラブ」と、ブラジル代表よりもクラブチームに強い愛着を持つファンも少なくない。  ブラジルは国土が広大なため、サンパウロやリオなど、州規模の大会が全国規模の大会より50年近く前から開催されてきた歴史がある。  全国規模の大会が整備された ...

続きを読む »

「ネイマール2世」ロドリゴ(17)=リベルタドーレス杯に続き、全国選手権開幕戦でもゴール!

ロドリゴの活躍を報じるブラジルのメディア

 ブラジルの国内リーグ戦、全国選手権(ブラジレイロン)が14日に開幕した。開幕ゲーム、サントス対セアラー戦で、注目の大型新人、FWロドリゴ(17・サントス)が先発し1ゴールを決める活躍で、大きな話題を呼んでいる。  サンパウロ市のパカエンブー・スタジアムで行われ、サントスが2対0で勝利を収めたこの試合、キックオフ前から観衆の注目 ...

続きを読む »

《ブラジル》ダッタフォーリャ大統領選調査=獄中のルーラが1位。依然30%以上の支持率=左派のマリーナが極右ボウソナロに肉薄

ルーラ不出馬時の支持を伸ばしたマリーナ氏(Elza Fiuza/Agência Brasil)

ルーラ不出馬時の支持を伸ばしたマリーナ氏(Elza Fiuza/Agência Brasil)  ダッタフォーリャが14日に発表した大統領選に関する最新の世論調査の結果によると、7日に逮捕、服役開始となったルーラ元大統領(労働者党・PT)は、なおも30%以上の支持率で1位だった。ルーラ氏を抜いた場合は、マリーナ・シウヴァ氏(RE ...

続きを読む »

《ブラジル》家計消費=選択的消費の比率が減少=光熱費などの必需消費の比重が増大=景気回復のペースは遅く

家電量販店の特売に殺到する人々(参考画像・Carlos Martins/Fonte Assessoria)

家電量販店の特売に殺到する人々(参考画像・Carlos Martins/Fonte Assessoria)  経済コンサルタント会社テンデンシアス社が発表したデータによると、現在のブラジルでは、光熱費、ガソリン、食費、住居費、医療費、教育費など、生活を営む上で節約の難しい「必需消費」を所得全体から引いて残る、余剰品に使える金額の ...

続きを読む »

《ブラジル》ロライマ州=ベネズエラとの国境一時封鎖を要請=連邦政府は無策と最高裁に

 ロライマ州のスエリ・カンポス知事が13日、ベネズエラとの国境の一時封鎖を最高裁に求めたと13、14日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。同件はローザ・ウエベル判事が担当する。  同知事は「国境管理は国の管轄で、何度も国に対処を要請したが、これまでに採られた策では州の必要に応えていない」と苦言を呈した。 ※このコンテンツを閲覧する ...

続きを読む »

《ブラジル》為替相場1ドル3・42レを突破=「暫くドル高続く」と関係者予測

 【既報関連】ルーラ元大統領が逮捕・服役開始となった7日から週が明けた9日(月)、ブラジルの政治と今年10月の大統領選の行方が一層不明瞭になり、政治リスクが増したとして、ドル/レアル相場は1ドル=3・42レアルを突破した。  その後のドルは一時、3・42レアルのラインを下回ったが、13日には、16年12月2日以来の高値となる1ド ...

続きを読む »

《ブラジル》ホームレス労働者運動がルーラの三層住宅占拠=「彼の土地なら我々のもの」

 16日午前、社会活動団体のホームレス労働者運動(MTST)が、服役中のルーラ元大統領の収賄容疑物件である、サンパウロ州グアルジャーの高級三層住宅に立てこもる騒動が起きた。16日付現地紙サイトが報じている。  MTSTのメンバー約50人は16日朝、ルーラ氏が12年1カ月の実刑判決を受ける決め手となった、賄賂と引き換えに手に入れた ...

続きを読む »

東西南北

 ルーラ氏が不出馬の場合は大統領選での支持率が最も高いジャイール・ボウソナロ氏だが、キロンボに対して行ったとされる発言が人種差別にあたるとして、先週末、連邦検察局より起訴された。ラケル・ドッジ長官は起訴状で、「時代を奴隷時代に戻すかのような言動」と批判した。さらに同氏の息子の連邦下議エドゥアルド氏も、女性ジャーナリストに対して「 ...

続きを読む »

日本の刺青文化の将来憂う=日系和彫り師、島田さん=(上)=渋谷でも外国人向けに開店

島田俊夫さん

 日本語、日本料理、折り紙、和太鼓など日本文化継承にもいろいろな形がある。中でも異色なのは刺青だろう。日系彫り師島田俊夫さん(42、三世)は、日本の彫師の下で本格的な「和彫り」修行をした後、帰伯して東洋街ガルボン・ブエノ通りで「Shimada Tatoo」を経営する。「日本伝統の刺青の歴史や技術は深く、大事なもの。文化の一部だよ ...

続きを読む »

楽しい日本語学習を提案=ブラジルかわいい大使 松田明美さん講演会

CILセイランジア校で講演後、参加者全員かわいいポーズで記念撮影【日本国大使館提供写真】

 「ブラジルかわいい大使」の松田明美さんが先月28、29日、ブラジリア大学と連邦直轄区言語センター(CIL)セイランジア校にて「カワイイ文化と日本語の醍醐味」と題した講演会を行った。日本大使館、国際交流基金主催。日本文化や日本語に興味を持つ非日系人が、両日併せて200人来場し、大いに盛り上がった。  普段は日本語講師を生業とする ...

続きを読む »