2018年6月8日の記事一覧

《ブラジル》南部3州で厳しい冷え込み=国立気象観測所が警告発す

サンジョアキン市では野原一面に霜が降りた(Mycchel Hudsonn Legnaghi/São Joaquim Online)

 国立気象観測所(Inmet)が7日、ブラジル南部の3州では、9日まで、最低気温が5度以下の日が続く可能性があると警告を発した。  サンタカタリーナ州では、7日朝7時30分現在の気温が5度以下だった市が42あり、野原や畑が霜に覆われた。  最も寒かったのは零下3・8度を記録したウルペマ市で、ボン・ジャルジン・ダ・セーラ市でも零下 ...

続きを読む »

《ブラジル》連警がテメル氏らの通話記録公開を要請=オデブレヒト社からの不正献金疑惑で=港湾条例捜査に引き続き=不安定な政治状況続く

6日のテメル大統領(Cesar Itiberê/PR)

6日のテメル大統領(Cesar Itiberê/PR)  連邦警察が最高裁に対し、テメル大統領、エリゼウ・パジーリャ官房長官、モレイラ・フランコ鉱山動力相(いずれも民主運動・MDB)の通話記録の公開を求めていたことが明らかになった。これは、2014年選挙でオデブレヒト社がMDBに払ったとされる1千万レアルの違法献金捜査に関する措 ...

続きを読む »

《ブラジル》リオ州直接統治から110日=ようやく実行計画を立案=予備役軍人の自主軍役案も

リオ市最大のスラム街、ロッシーニャの様子(Vladimir Platonow/Agência Brasil)

 【既報関連】連邦政府が「リオ州保安部門の直接統治」(intervenção federal・IF)を2月16日に宣言してから110日余り経って、執政官として就任した、伯国陸軍東方軍司令官ワルテル・ブラガ大将が統括するIF執行部が、最終的なIF実行戦略計画をまとめ上げたと7日付現地紙が報じた。  80ページに及ぶ計画書には、予備 ...

続きを読む »

《サンパウロ州》エレトロパウロの買収決定=伊エネル社が55億レで

 イタリアの電力大手エネル社がサンパウロ大都市圏25市に電力を供給しているエレトロパウロ社を買収する事が4日に決まり、5日には、2019~21年に9億ドル(34億レアル)の投資を行う意向である事も発表したと5、6日付現地紙が報じた。  エネルが提示した買収案は1株あたり45・22レアルで、スペインのイベルドローラ・グループ傘下の ...

続きを読む »

《ブラジル》2019年の法定最低賃金、月額998レアル(約2万8000円)に設定=4月の算出時より4レアル少なく

19年最低賃は年末まで再調整の可能性がある。(参考画像・Marcos Santos/USP Imagens)

19年最低賃は年末まで再調整の可能性がある。(参考画像・Marcos Santos/USP Imagens)  上下両院の合同予算委員会が、2019年の法定最低賃金(以下「最賃」)を月額998レアル(2万8000円相当)にしたと、6、7日付現地紙・サイトが報じた。月額998レアルは、4月12日にテメル大統領が提出した、19年度の ...

続きを読む »

《サンパウロ市》コーヴァス市長に縁故採用疑惑=親友の秘書室長の母親が栄転

 サンパウロ市のブルーノ・コーヴァス市長(民主社会党・PSDB)が、自分の右腕的存在である秘書室長の母親を市役所が関与する企業に就職させた疑惑が浮上している。7日付現地紙が報じている。  疑惑がささやかれているのは、市長付秘書室長のグスターヴォ・ピーレス氏(26)の母親のエリザベッテさん(60)だ。エリザベッテさんは公立校の教師 ...

続きを読む »

東西南北

 7日付アゴラ紙によると、サンパウロ市の苦情受付課が18年4月に受けた苦情の数が過去最高の2824件を記録したという。4月はちょうど、ジョアン・ドリア氏からブルーノ・コーヴァス氏に市長が変わった時期だが、苦情はそうした人事とは関係なく、「樹木の手入れ不備」(309件)を筆頭とした木の問題や、道路の穴、雨の際の灌漑、ゴミ散乱などの ...

続きを読む »

今、国内サッカーが熱い!

注目選手のロドリゴ 本人の公式インスタグラムより

 早いもので週が明けて14日になれば、もうサッカーのW杯のロシア大会がはじまる。  そうなると、サッカー・ファンの目は当然W杯一色となる。それはこの期間中、世界のどこでも他にサッカーの公式戦をやっているところがないから当たり前といえばそれまでだ。  だが、そんな今、面白くなっているのが実はブラジルの国内リーグだったりする。全国選 ...

続きを読む »

帰伯二世の貴重な体験を本に=菅貫太さんの孫が呼びかけ=国籍の狭間で二重苦味わう

菅ロベルトさん

 太平洋戦争中に日本に滞在していた帰伯二世の菅貫太(92)さん――孫のロベルトさん(54、三世)が、祖父と同じように戦時中に日本に滞在していた帰伯二世を探している。当時、自費留学等で日本に滞在していた二世は約50人いたという。大半が二重国籍者であり、適齢期にあった15余人は徴兵され、うち7人が戦死したと見られている。帰伯二世の珍 ...

続きを読む »

聖南西70周年式典に向け準備=各団体イベントの日程も発表

各団体同士のイベントへの参加を呼びかける山村会長

 聖南西文化体育連盟(UCES、山村敏明会長)は「2018年度第2回定期総会」を3日、カウカイア・ド・アウト文協で開催した。加盟団体から代表者ら約30人が出席し、11月に開催されるUCES創立70周年式典や議員との懇親会などが議題となった。  UCESは今年創立70周年を迎え、11月4日にピエダーデ文化体育協会で記念式典を開催す ...

続きを読む »