2018年7月7日の記事一覧

《サンパウロ州》サトウキビの搾りかすから接着剤=洗っても取れない難物が宝に

 「ねー。どうしよう。いくら洗ってもプロペラにこびりついて取れないのよ」―。  サンパウロ州内陸部カンピーナス市国立エネルギー・材料研究センター(CNPEM)の研修生だったナイマ・オーラ氏が、セルロース会社の廃材とサトウキビの搾りかすから強力な接着剤を開発したのは、こんな会話がきっかけだった。  オーラ氏の話を聞いた国立ナノテク ...

続きを読む »

《ブラジル》日系ブラジル人のヨムラ労相が、労組不正認可疑惑で辞任=職責はパジーリャ官房長官が兼任

取調べを受け、連警本部を出るヨムラ・エウトン氏(Jose Cruz/Agencia Brasil)

取調べを受け、連警本部を出るヨムラ・エウトン氏(Jose Cruz/Agencia Brasil)  【既報関連】連邦警察は5日、労組登録手続きにおける不正を暴く一斉捜査、〃偽登録(RE)作戦〃第3弾を発動。現職の日系大臣、ヨムラ・エウトン労相にも嫌疑がかかり、最高裁のエジソン・ファキン判事が同相の職務停止命令を出した後、同相が ...

続きを読む »

サンパウロ州検察=犯罪組織PCC75人を起訴=エシェロン作戦の捜査基に=13州で100人殺害?

様々な指令が出されていたとされるヴェンセスラウ刑務所(Edson Lopes Jr./GESP)

 【既報関連】サンパウロ州検察局が、6月14日に行われたサンパウロ州警察のエシェロン作戦に基づき、サンパウロ州に本拠を置く国内有数の犯罪組織、州都第一コマンド(PCC)構成員75人(男性70人、女性5人)を起訴したと6日付現地紙が報じた。  首領のマルコ・ウイリアムス・H・カマッショことマルコラには、16年12月に特別懲戒制度( ...

続きを読む »

W杯サッカー=ブラジルの夢ベスト8で終焉=ベルギーに2対1で敗れる

リオでブラジル人とベルギー人が共に観戦した(Tomaz Silva/Agencia Brasil)

 サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会第20日目の6日、ニジニ・ノヴゴロド、カザンで準々決勝2試合が行われ、2対0でウルグアイを制したフランスと、ブラジル代表(セレソン)に2対1で勝利したベルギーが共に準決勝進出を決めた。フランスは準優勝となった2006年ドイツ大会以来、3大会12年ぶり、ベルギーは実に8大会、32年ぶりの ...

続きを読む »

《ブラジル》社会保障不正受給の摘発続々と=今年から監査方法が大幅改善

 ブラジル連邦政府は、社会保障の不正受給者摘発を目的とした受給状況精査を行い、疾病や事故を理由とする一時的、または恒久的な就労不能者およそ22万人への手当てや年金の支給を停止、96億レアル分の出費を浮かせたと6日付現地紙が報じた。  社会開発省は、昨年末の時点で、不正受給取締りによる経済効果は157億レアルになるだろうと試算して ...

続きを読む »

《ブラジル》デング熱による死者62人=チクングニア熱でも8人死亡

 保健省が6日、17年12月31日~18年6月9日に感染が確認されたデング熱患者は1659人、死者は62人と発表した。感染者中、136人は重症、1523人も要警戒とされたと同日付現地紙サイトが報じた。  デング熱の疑似症患者(ある伝染病と疑われる症状が出た患者)の地域別発生率は、中西部37・5%、南東部30・6%、北東部23・7 ...

続きを読む »

東西南北

 地理統計院(IBGE)は6日、6月の広範囲消費者物価指数(IPCA)を1・26%と発表した。月間インフレ率が1%を超えたのは、16年1月の1・27%以来、2年半ぶりだ。5月のIPCAは0・4%高で、昨年6月は0・23%のデフレだった。5月下旬のトラックストの影響は明らかだが、問題はこれがブラジル政府や中銀の言うとおり「一過性」 ...

続きを読む »

汎パ連盟=日系意識を共有、感激で涙も=統合フォーラムを初開催=青年部創設、150人が参加

第一回フォーラムに約150人が参加した(撮影・Aldo Shiguti)

 バストス文化体育協会と汎パウリスタ日伯文化連盟の共催で「第1回汎パウリスタ文協統合フォーラム」が、先月30日、同協会で開催された。聖市文協の後援により初開催した同フォーラムには約150人が出席した。パウリスタ線青年部の創設も発表され、今後に繋がる意義深いフォーラムとなった。  これはパウリスタ線地域にある日系団体を活性化するこ ...

続きを読む »

休刊案内

 9日(月)が「護憲革命記念日」のため、翌10日(火)付の新聞は休刊となります。

続きを読む »

県連代表者会議=日本祭り、3週間後に迫る=国外から慶祝団800人

祭りの説明をする市川実行委員長

 ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の「6月度代表者会議」が先月28日、文協ビル内の県連会議室で行なわれた。日本祭りを約3週間後に控えた最後の会議となり、連絡事項の確認などが行なわれた。  同祭の市川利雄実行委員長は会議当日までに、ギネス記録挑戦に528食が出品登録されたことを発表。また、審査員として、日本食料理人の ...

続きを読む »