2018年7月11日の記事一覧

サンパウロ州=川から大量のゴミやタイヤ=少雨で川の水位が低下し露出

 サンパウロ州のピラシカバ川では、90日以上雨らしい雨が降らず、水位が低下したために、大量のゴミが露出し、問題となっている。  ゴミの中で最も目立つのはタイヤで、ピラシカバ市の釣り人達が作った協会によると、水中には200本以上のタイヤが捨てられているという。同協会は既に、ゴミの不法投棄として環境浄化技術公社(Cetesb)に訴え ...

続きを読む »

《ブラジル》第4地域裁の当直判事が突如のルーラ釈放令=二転三転の末、収監は継続=「全ての法的手段とる」とPT=テメル外遊中に一波乱?

「ルーラを釈放せよ」と気勢を上げる支持者たち(Roberto Parizotti)

「ルーラを釈放せよ」と気勢を上げる支持者たち(Roberto Parizotti)  【既報関連】連邦第4地域裁(TRF―4)の日曜当直判事だったロジェリオ・ファブレト判事が8日午前9時ごろ、収賄と資金洗浄の罪で4月7日から収監されているルーラ元大統領に人身保護令(HC)を適用の上、釈放するよう命令した。20年来の労働者党(PT ...

続きを読む »

《ブラジル》「教育は最良の投資」と強調=ノーベル平和賞のマララさん=非就学の少女統合の道探る

イビラプエラでの討論会でのマララさん(Rovena Rosa/Ag. Brasil)

 2014年に17歳でノーベル平和賞を受賞した人権運動家、マララ・ユスフザイさん(12日で21歳に)が9日、サンパウロ市イビラプエラ公園講堂での講演と討論会に参加したと9、10日付ブラジル国内紙やサイトが報じた。  マララさんは1997年にパキスタン北部のカイバル・パクトゥンクワ州スワート県で誕生、女子学校経営者の父親の影響で学 ...

続きを読む »

オデブレヒト=ブラジルとレニエンシア合意=22年で27億レを支払う

 3年に及ぶ交渉の末、汚職撲滅省、国庫庁(CGU)、総弁護庁(AGU)は、建設大手のオデブレヒト(O)社と27億2千万レアルに及ぶレニエンシア合意を結んだと、10日付現地各紙が報じた。  レニエンシアは〃企業版の報奨付供述〃と呼ばれ、犯罪行為を行った企業が事実を認め、共犯者その他の嫌疑に関連した情報や証拠を提出して捜査に協力する ...

続きを読む »

《ブラジル》サンタカタリーナ州で初雪=サンパウロ市では今月一番の寒さ

うっすらと雪が積もった野原(Dionata Costa/FDS – São Joaquim Online)

 サンタカタリーナ州山間部で10日未明、今年初めての雪が降り、わずかだが積もったと同日付現地紙サイトが報じた。  初雪を観測したのは、ラウロ・ムレル市のリオ・ド・ラストロの丘とウルペマ市のトーレスの丘、サンジョアキン市、ボン・ジャルジン・ダ・セーラ市のイグレジャの丘、ウルビシ市のヴァッカス・ゴルダス地区で、どの地区でも、盛り土や ...

続きを読む »

《ブラジル》新労相にヴィエイラ氏=日系ヨムラ労相の後任

 【既報関連】連警による労組登録手続き不正捜査〃偽登録(RE)作戦〃の捜査対象となり、5日付で労働相職を辞任したヨムラ・エウトン氏の後任として、弁護士のカイオ・ヴィエイラ・デ・メロ氏が10日付で就任したと、同日付現地紙、サイトが報じた。  ヨムラ労相が辞任してから、10日までの間はエリゼウ・パジーリャ官房長官が臨時で労相職を兼任 ...

続きを読む »

東西南北

 現職正副知事が選挙違反で免職となったために起きたトカンチンス州知事選の決選投票は6月24日に行われ、州議会議長だったマウロ・カルレゼ氏(人権連帯党・PHS)が当選、9日に就任式が行われた。今回選ばれた知事の任期は今年一杯で、今年10月には、来年から向こう4年間の知事を決める選挙も行われる。新知事も当然立候補できるが、6月に当選 ...

続きを読む »

西日本豪雨=110周年記念式典にも影響=広島県知事来伯急きょ中止=募金活動検討する県人会も

 「西日本豪雨」により、10日夜現在(日本時間)で死者数は約160人、行方不明者は約70人に上り、まだ増え続けている。この影響で、110周年記念式典や県人会式典への出席を予定していた広島県知事の来伯が中止になった。13県から200人とも言われる慶祝団に少なからぬ影響がでそうだ。母県に大変な被害が発生する中、当地の県人会には被災地 ...

続きを読む »

ブラジル極真空手の第一人者=磯辺師範に聖市名誉市民章

聖市名誉市民章を受章された磯部氏(撮影・Cintia Yamamoto)

 ブラジル極真空手の第一人者であり、師範である磯部清次さん(70、福井)に、先月29日、サンパウロ名誉市民章が授与された。72年に当地で道場を開設し、南米全体に極真空手を普及させてきた長年の功績が称えられた。  パウロ・フランジ聖市義の発議により、聖市議会で表彰式が執り行われた。同市議は、軍事独裁政権下の70年代に渡伯し、「サッ ...

続きを読む »

国際色豊かなジャカレイ移民祭=2週にわたって10カ国参加

来社した皆さん

 ジャカレイ日伯文化体育協会(早川功会長)が7月27~29日と8月3~5日の6日間、移民10カ国による『第11回ジャカレイ移民祭』を同文協(Av. Lucas Nogueira Garcez, 1940, Jd. Esperanca)で行なう。入場料が5レアル、駐車場代が20レアル。  ジャカレイには各国からの移民が住んでおり、 ...

続きを読む »