ホーム | コラム | 樹海 | 新年早々の検査に思う

新年早々の検査に思う

 仕事始めの3日、サンパウロ市東部の病院で核磁気共鳴画像法(MRI)による頭部の検査を受けた。左右の聴力に差が生じた原因を突き止めるための検査だ。予約がとれたのが仕事始めの日と知った時は日付を変えてもらおうかと思ったが、診察予約が入っている日に結果が間に合わなくなるのが怖くて、そのままにしてもらった▼1時間前までに来院するよう指示されて出かけたが、受付は人の波。入り口でもらった番号札を持って順番を待つだけで30分以上経ったが、その間も、人の列は途切れない▼昔、日本でリハビリを受けた時も病人が多いと驚いたが、ブラジルでは、公立病院や保健所(UBS)での治療や検査、手術などは無料で受けられる。不景気で失業者が増え、個人や会社で加入する保健プランからSUSに乗り換える人も増えているから、全ての治療や検査などを無料で行うための費用は莫大なものになるはずだ▼SUSは貧しい人にも医療を受ける権利を保障する一方、診察予約を入れるために朝の5時半から列に並ぶとか、自分の都合で時間や曜日を選べないといった不便さも付きまとう。知人は妊娠中に超音波検査を受けるよう言われたが、出産予定日後にしか空きがなく、自己負担で検査したという笑えない話もある▼そういう意味で、急ぐ必要がない場合はSUS利用も悪くない。だが、年金問題同様、医療関係者への給与支払や器材、薬などを安定供給するための財源確保が今後の課題となるのは目に見えている。年金問題は受給年齢引上などを検討中だが、SUSの今後の財源はどうするのか。真綿で首を絞めるような事態が、あちこちで起きている事も実感した初検査だった。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 刺青や大麻に対する受け止め方の違い2018年10月18日 刺青や大麻に対する受け止め方の違い  ホームレスの男性に密着取材したNHKの番組で、首筋や袖口にも刺青を覗かせた青年が、「刺青をしている人が全て悪人ではないと知ってもらいたくて、善行を心がけている」と語っていた。確かに日本ではまだ、刺青は極道などと結び付けて考えられるんだろうなと思い、文化の差を感じた▼ブラジルで […]
  • 「樹海」拡大版=ボウソナロという虚像=デジタル空間に移った選挙活動の主戦場2018年10月16日 「樹海」拡大版=ボウソナロという虚像=デジタル空間に移った選挙活動の主戦場  今選挙の特徴の一つは、前回までは道端にあふれていた候補者のサンチーニョ(ビラ)を配ったり、候補者の応援旗を振ったりする人がほぼいなかった点だ。にも関わらず、「ボウソナロ効果」が起きて、政治地図が大激変した。これが意味するのは、「宣伝活動の主戦場が道端という実際の空間か […]
  • なぜシロは健闘し、アウキミンは惨敗したのか2018年10月12日 なぜシロは健闘し、アウキミンは惨敗したのか  大統領選はジャイール・ボウソナロ氏(社会自由党・PSL)とフェルナンド・ハダジ氏(労働者党・PT)という、世界中が「危険」と目する極右候補と、汚職で凋落したかつての長期政権の再挑戦という対決になっていることは本紙でも何度も報じていることだ。だが、今回ここではあえて、こ […]
  • ブラジルでも進む高齢化2018年10月11日 ブラジルでも進む高齢化  統一選の最中で余り注目されなかったが、ブラジルでは、10月1日は高齢者に関する特別法発効から15年の節目だった▼発効当時(03年)の高齢者は1500万人で、12年の高齢者は2540万人、17年の高齢者は3020万人だから、高齢化は確実に進んでいる。12~17年の高齢者は18・ […]