ホーム | コラム | 樹海 | 新年早々の検査に思う

新年早々の検査に思う

 仕事始めの3日、サンパウロ市東部の病院で核磁気共鳴画像法(MRI)による頭部の検査を受けた。左右の聴力に差が生じた原因を突き止めるための検査だ。予約がとれたのが仕事始めの日と知った時は日付を変えてもらおうかと思ったが、診察予約が入っている日に結果が間に合わなくなるのが怖くて、そのままにしてもらった▼1時間前までに来院するよう指示されて出かけたが、受付は人の波。入り口でもらった番号札を持って順番を待つだけで30分以上経ったが、その間も、人の列は途切れない▼昔、日本でリハビリを受けた時も病人が多いと驚いたが、ブラジルでは、公立病院や保健所(UBS)での治療や検査、手術などは無料で受けられる。不景気で失業者が増え、個人や会社で加入する保健プランからSUSに乗り換える人も増えているから、全ての治療や検査などを無料で行うための費用は莫大なものになるはずだ▼SUSは貧しい人にも医療を受ける権利を保障する一方、診察予約を入れるために朝の5時半から列に並ぶとか、自分の都合で時間や曜日を選べないといった不便さも付きまとう。知人は妊娠中に超音波検査を受けるよう言われたが、出産予定日後にしか空きがなく、自己負担で検査したという笑えない話もある▼そういう意味で、急ぐ必要がない場合はSUS利用も悪くない。だが、年金問題同様、医療関係者への給与支払や器材、薬などを安定供給するための財源確保が今後の課題となるのは目に見えている。年金問題は受給年齢引上などを検討中だが、SUSの今後の財源はどうするのか。真綿で首を絞めるような事態が、あちこちで起きている事も実感した初検査だった。(み)

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • マララ基金が支援する三つの教育事業とは2018年7月12日 マララ基金が支援する三つの教育事業とは  2014年にノーベル平和賞を受賞した人権運動家のマララ・ユスフザイ氏(21)が、三つの教育事業を支援するためにブラジルを訪問中だ。彼女が代表の「マララ基金」が支援するのは、サンパウロ市の「教育活動」とバイア州サルバドール市の「先住民活動全国協会」、ペルナンブコ州レシフ […]
  • 長崎の世界遺産認定を喜ぶブラジルの信者の声2018年7月11日 長崎の世界遺産認定を喜ぶブラジルの信者の声  「昨日とっても嬉しいニュースを聞いたの。長崎の潜伏キリシタン関連遺産が世界遺産に認定されたって。今までカトリックとして苦しめられてきた歴史が認められて、少し報われた気がするわ」――久能木(くのき)チエコさん(86)は、そう笑顔を浮かべた。  1日にサンパウロ市のサン […]
  • ブラジルでも進む少子高齢化2018年7月5日 ブラジルでも進む少子高齢化  2日付フォーリャ紙の見出しに、「収容施設で生活している高齢者が増えている」とあり、改めて、ブラジルでも少子高齢化が進んでいる事を思い知らされた▼紹介されていたのは、州や市と契約を結んで高齢者を介護する機関だけの統計だ。2017年にそれらの施設に入所していた高齢者は6万939人 […]
  • 110周年では日本の支援への感謝を忘れずに2018年7月3日 110周年では日本の支援への感謝を忘れずに  「大事なことが抜けていますよ!」――ブラジル・ラジオ体操連盟の元会長、松浦アントニオさん(88、二世)が同連盟40周年の記念特集ページ(本紙6月23日付)を見て、そう指摘してきた。1999年に日本の全国ラジオ体操連盟理事長だった柳川秀麿さんから普及基金として1千万円を […]