ホーム | 文芸 | 連載小説 | どこから来たの=大門千夏 | どこから来たの=大門千夏=(17)

どこから来たの=大門千夏=(17)

 それから何だかステービスの様子がおかしかった。私のアンチーク・ジュエリーの直しも暇がかかることが多くなった。度々いないことがあった。
 ある日、息子が「父は肺がんにかかった」と教えてくれた。
「絶対あの植木があなたにエネルギーをあげていたのに。私が持って帰ったからあなたが病気になった。あの植木は返すから…あの植木は返すから…ごめんね、持って帰ったのが間違いだったわ」
「そんなことはない、私の病気とは関係ないよ。あれはあんたにあげたんだ。私の家の庭にはたくさん植わっているよ。心配しないで、それよりあれを見て私のことを思い出してくれたらうれしいよ」
 彼は本当に嬉しそうに言った。今日は特に優しい顔をして私を見て微笑んで言った。
「本当? 本当にもらっていいの?」
「本当だ。ウソじゃあない。あんたにあげたんだよ」
 病人とは思えないほど生き生きとした表情をして言った。それが彼を見た最後だった。三ヵ月後、彼は亡くなった。灰色の雲に覆われた日曜日の朝だった。
 あれから何年たつのだろうか、今、我が家には幅四、五m のガラス窓をびっしりと緑の葉のカーテンで覆い尽くしている部屋がある。
 不思議なことに鉢から伸びているのはあの最初の一本の蔓だけなのだ。これがたくさんの枝を出して延々と伸び茂っている。
 早く育てたいとたくさん挿し木をして苗木を作った。しかしどれも一〇㎝どまりで、必ず途中でみんな枯れてしまうか腐ってしまう。この最初の一本の蔓には何か特別な命の源が潜んでいるのだろうか。青々と生き生きと益々枝を伸ばして、家中にエネルギーを発散してくれて、私に活力を与えてくれている。その上この緑が私に平安を与えてくれている。
 じっと見ているとステービスの在りし日を思い出す。
「これでいいかな」…細工の終わったアンチークジュエリーを袋からとりだしながら、彼はにっこりする。机の上に並べると満足そうな顔をしてうなずいて、そして私の顔を見る。
 私が手に取って「ワー完璧!」と言って喜ぶと、彼は目じりにしわを寄せて、それから恥ずかしそうに「では」と言って、またさっきの袋に入れる。
 その静かなしぐさ、温和な笑み、まるで昨日の事のように思い出す。
 ステービス世話になったね。良い思い出をもらった心にのこるブラジル人。ステービスありがとう。又どこかで会えるわね。  (二〇一四年)

持つべきは友

 援護協会では老人のために色々な授業を毎日行っている。この日、「作品の発表会とバザー」があるというので顔を出してみた。
 沢山の年老いた女性が詰めかけて盛況である。テーブルを囲んで折り紙のグループ、編み物のグループがあり、その奥に首飾りを作るグループを見つけると、私は吸い寄せられるように、そのテーブルに座った。
 まわりの女性の手先を見ているとみなさん苦労して、ビーズの小さな穴にナイロン糸を通している。首飾りの作り方は前々から習いたくて、私はあちこち先生や教室を探したが、良い出会いが無くて、そのまま今日に至っているからチャンス到来。さわりだけでも習っておきたい。

こちらの記事もどうぞ

  • どこから来たの=大門千夏=(102)2018年5月24日 どこから来たの=大門千夏=(102)  一九六三年、神戸港を出発しました。(あれから五〇数年経った今頃になって、両親には大変な心配をかけた、親不孝したと気がついて申し訳ない思いをしています。)西回りの船を選び、あちこち寄港のたびに観光してまわり、六〇日かけて世界半周。船酔いもせず旅を楽しみました。  沖縄――香港 […]
  • どこから来たの=大門千夏=(100)2018年5月22日 どこから来たの=大門千夏=(100)  何年たっても同じ状態が続いた。子供達が、「うちの母はね、音楽が鳴りだすと血相を変えて怒るの、本気で怒るのよ、あんな人見た事ない」と話している。かといって日々の生活に別段困る事もなく、以前と同じように昼間は仕事をし旅行もする。良くなろうという努力を最初はしたが、今では無音の生活 […]
  • どこから来たの=大門千夏=(101)2018年5月23日 どこから来たの=大門千夏=(101)  夫の好きな野の花…カタバミが、コップの中で小さく震えていた。  曲は静まり返った巨大な遺跡中に響き渡り、隅々にまで緩やかに流れ、そして灰色の雲を突き抜け青い空に向かって、宇宙に向かって何時までも消えることなく広がって行く。  今、二人の子供を何とか育て上げたこと、助け合っ […]
  • どこから来たの=大門千夏=(97)2018年5月17日 どこから来たの=大門千夏=(97)  午後から博物館に行ったがここにも何もない。こんなに文明文化のない国を見たのは初めてだ。  しかし、考えてみると一六世紀から三三〇年間スペインの植民地になり、其のあと五〇年間アメリカの植民地になった。独立できたのは一九四六年である。自国の文化を持つ余裕などなかった。求める私の […]
  • どこから来たの=大門千夏=(98)2018年5月18日 どこから来たの=大門千夏=(98)  彼は日本の大手の建築会社に務めていた事、ほとんど世界をまたにかけての仕事で外国生活の方が長かった事。「定年間際、アフリカで駐在員をしていた時、家内が急死しまして私一人になってしまいました。日本は住みにくい。どっか外国に…と考えて、まず昔仕事で来たことのあるフィリピンに来たんで […]