ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 「県人会のイベント情報を無料でサイトに掲載します」。先月の県連代表者会議で、広報代行サービスを行う「VEMPRALIBA」の案内が行われた。「VEMPRALIBA」のサイト(http://www.vempraliba.com.br/)はリベルダーデ地区で行われるイベントを中心に紹介。さらに同サービスのフェイスブックページは2万7千人以上がフォローし、情報を受け取っている。一般ブラジル人の来客に弾みをつけたい県人会は問い合わせてみれば?(電話=11・3101.4503、メール=contato@jobwind.com.br

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2018年9月28日 大耳小耳  法務省が19日付で公表した在留外国人数は、今年6月末時点で過去最大の263万7251人になったことが分かった。国籍別では、中国、韓国・朝鮮、ベトナム、フィリピンに次いで、ブラジルは19万6781人の5位。昨年末の19万3798人からさらに増加に転じている。外国人全体の在留資格 […]
  • 大耳小耳2018年9月15日 大耳小耳  日本ブラジル中央協会(大前孝雄会長)の会報『ブラジル特報』1626号が9月に刊行された。いつもながら読みどころ満載なのに驚く。なぜブラジルがサッカーW杯で最近勝てなくなったのかを人種論から論じた《ブラジルが「普通に」勝てる時代は終った》とのコラムが俊逸。かつてペレの時代のW杯 […]
  • 大耳小耳2018年7月20日 大耳小耳  沖縄県系のブラジル歌手・金城ヴィトルさんが、1987年から続くプレミオ・デ・ムジカ・ブラジレイラ(伯音楽賞)の地域音楽カテゴリーに歌手として受賞者候補に選ばれた。同賞が始まった当初は、後援企業SHARPの名前を冠しプレミオ・シャープという名前だった。ほか、タカイ・フェルナンダ […]
  • 大耳小耳2018年7月6日 大耳小耳  JICA横浜は、日本国内最大の深谷ネギ生産者で日系二世の斎藤俊男さんの公開講座を、今月8日午後2時に開催する。会場はJICA横浜(横浜市中区新港2―3―1)1階会議室1。申込み不要、参加費無料。講座のテーマは「在日30年の体験から見たブラジルと日本」。斎藤さんは1995年に人 […]