ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 豚骨ラーメン店『博多一幸舎』が1月5日、聖市トマス・ゴンザガ街に本オープンした。豚骨ラーメン専門店の当地への進出は初。早速、本紙のラーメン好き6人が店舗に向かうと、綺麗な内装と漂う豚骨独特の香り。本格的な味に全員が高評価。本場・福岡の出身者も「ブラジルでここまで上手い豚骨ラーメンを食べられるとは!」と感嘆の声をあげた。定休日の月曜を除く昼と夜(午後6時から10時)の時間帯に営業している。気になる人は味を確かめにいってみては?
     ◎
 俳誌『朝蔭』第458号が12月に発行された。《語り部の涙に曇る原爆忌》(中山哲弥)にはしんみり。《半ズボンまぶしくはねる乙女たち》と《婆ちゃんは家の中だけ半ズボン》(共に城良子)という対照的な連句からは、洒落っ気のある活力を感じさせる。ツバメは毎年帰ってくるのに、日本に働きに行った子らは…と嘆く《燕来る出稼ぎの子等帰らざる》(渡部チエ)には考えさせられる。アマゾン河の熱帯夜を急の停電が襲った時、ふと取り出した団扇には何とか祭りの文字。《停電にとり出す団扇祭りの字》(ボアビスタ、佃千鶴子)。訪日観光で見た祭りの時にもらったものか。不便なはずの停電なのに、心にはポッと温かい灯が点ったようなひと時を詠んだ秀句。

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2018年4月10日 大耳小耳  どこもルーラ氏の話題で一色だった先週末。そんな陰で、16年8月に大統領を罷免されたジウマ氏が政界復帰に動いているという話も浮上している。それはジウマ氏が、自身の有権者としての登録をリオ・グランデ・ド・スル州から郷里でもあるミナス・ジェライス州に移したことが明らかになったためで […]
  • 大耳小耳2018年4月10日 大耳小耳  ジャパン・ハウスは「地域活性化プロジェクト」をスタートさせている。これは日本の地方の多様な魅力を発信することを目的とするもの。まず手始めとして、新たに開館するロンドンで新潟県燕三条地域の「燕三条工場の祭典」と連携した企画を10月頃に実施することが発表された。同祭は地域の名だた […]
  • 大耳小耳2018年3月17日 大耳小耳  JICAボリビア通信「高いところから失礼します!!」20号では、興味深い「謎解き」をしている。《ボリビアには、夜になると開店(出現)する屋台「アンティクーチョ」屋さんがあります。アンティクーチョとは、牛の心臓、つまりハツを串刺しにして炭火で焼いたものです。そのハツに辛いソース […]
  • 大耳小耳2018年2月28日 大耳小耳  22日付ポ語ニュースサイトによると、伯国の映画配給会社「サトウ・カンパニー」(佐藤ネルソン代表、聖州バルエリ市)がブラジル日本移民110周年を機に、伯国で最も有名な日本の特撮ヒーロー「ジャスピオン」の映画を制作することになったと発表した。すでに東映株式会社から制作許可を得てお […]