ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 豚骨ラーメン店『博多一幸舎』が1月5日、聖市トマス・ゴンザガ街に本オープンした。豚骨ラーメン専門店の当地への進出は初。早速、本紙のラーメン好き6人が店舗に向かうと、綺麗な内装と漂う豚骨独特の香り。本格的な味に全員が高評価。本場・福岡の出身者も「ブラジルでここまで上手い豚骨ラーメンを食べられるとは!」と感嘆の声をあげた。定休日の月曜を除く昼と夜(午後6時から10時)の時間帯に営業している。気になる人は味を確かめにいってみては?
     ◎
 俳誌『朝蔭』第458号が12月に発行された。《語り部の涙に曇る原爆忌》(中山哲弥)にはしんみり。《半ズボンまぶしくはねる乙女たち》と《婆ちゃんは家の中だけ半ズボン》(共に城良子)という対照的な連句からは、洒落っ気のある活力を感じさせる。ツバメは毎年帰ってくるのに、日本に働きに行った子らは…と嘆く《燕来る出稼ぎの子等帰らざる》(渡部チエ)には考えさせられる。アマゾン河の熱帯夜を急の停電が襲った時、ふと取り出した団扇には何とか祭りの文字。《停電にとり出す団扇祭りの字》(ボアビスタ、佃千鶴子)。訪日観光で見た祭りの時にもらったものか。不便なはずの停電なのに、心にはポッと温かい灯が点ったようなひと時を詠んだ秀句。

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2018年1月17日 大耳小耳  バイア州サルバドールで14日、サンパウロ州タボアン・ダ・セーラ在住の男性が黄熱病で死亡していたことがわかった。この49歳の男性は年明けから故郷バイア州イタベラーバで休暇を過ごしていたが、5日から体調を崩して9日まで同市の医療施設に入院したあと、サルバドールの病院に移って治療を […]
  • 大耳小耳2017年12月27日 大耳小耳  25日付け時事通信によると、同日に安倍晋三首相と上川陽子法相が日系四世向けに日本で就労するための新在留制度を導入する方針を固めた。来年1月にパブリックコメントを実施し、年度内の導入を目指す。対象年齢は18~30歳、「特定活動」の在留資格で最長5年の滞在を認めることを軸に検討を […]
  • 大耳小耳2017年12月15日 大耳小耳  国際交流基金が、2018年カレンダー作成にあたり応募していた絵画コンテストの結果が、このほど発表された。ブラジルの小中高等学校で、日本語を学ぶ生徒を対象に、17年前から行ってきた同コンクール。18年カレンダーは「ブラジル日本移民110周年 共に!」をテーマに行われ、全伯43校 […]
  • 大耳小耳2017年12月6日 大耳小耳  山形県人会の青年会は来年1月から月に1回程度、ポ語学習者を対象にした勉強会の開催を計画している。駐在員家族など聖市に来たばかりでポ語に不慣れな人々を集めて、青年会会員、日語学習者がポ語の日常会話を教えるもの。教科書に載らない俗語表現を学び、すばやいやり取りの会話に慣れられそう […]