ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 豚骨ラーメン店『博多一幸舎』が1月5日、聖市トマス・ゴンザガ街に本オープンした。豚骨ラーメン専門店の当地への進出は初。早速、本紙のラーメン好き6人が店舗に向かうと、綺麗な内装と漂う豚骨独特の香り。本格的な味に全員が高評価。本場・福岡の出身者も「ブラジルでここまで上手い豚骨ラーメンを食べられるとは!」と感嘆の声をあげた。定休日の月曜を除く昼と夜(午後6時から10時)の時間帯に営業している。気になる人は味を確かめにいってみては?
     ◎
 俳誌『朝蔭』第458号が12月に発行された。《語り部の涙に曇る原爆忌》(中山哲弥)にはしんみり。《半ズボンまぶしくはねる乙女たち》と《婆ちゃんは家の中だけ半ズボン》(共に城良子)という対照的な連句からは、洒落っ気のある活力を感じさせる。ツバメは毎年帰ってくるのに、日本に働きに行った子らは…と嘆く《燕来る出稼ぎの子等帰らざる》(渡部チエ)には考えさせられる。アマゾン河の熱帯夜を急の停電が襲った時、ふと取り出した団扇には何とか祭りの文字。《停電にとり出す団扇祭りの字》(ボアビスタ、佃千鶴子)。訪日観光で見た祭りの時にもらったものか。不便なはずの停電なのに、心にはポッと温かい灯が点ったようなひと時を詠んだ秀句。

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2018年7月17日 大耳小耳  県連日本祭りの2日目21日(土)18時からは、日本の歌手・宮沢和史さんのスペシャル公演が予定されている。サンバテイストのヒット曲「風になりたい」で有名で、これまでに20回以上来伯している根っからのブラジル好き。宮沢さんは2008年に移民100周年記念ソング「足跡のない道」を携 […]
  • 大耳小耳2018年7月7日 大耳小耳  『JICAボリビア通信』第26号には、ウユニの「列車の墓場」について書いてあった。鉄道ファンならずとも興味のわく名称だ。いわく《ウユニの東側(ウユニ塩湖とは反対)には、「列車の墓場」がある。今は使われていない真っ直ぐな線路、そして、赤く錆びたたくさんの機関車、車両、貨物が放置 […]
  • 大耳小耳2018年6月12日 大耳小耳  6日付の上院ニュースサイトによると、在日本伯大使にエドゥアルド・パエス・サボイア氏の就任が決定した。2013年にボリビアから亡命を求めた上議を「人道的理由」で受入れを決定し批判を浴びた一方、「苦しむ同胞を助ける伯人の伝統にのっとった行動」とも賞賛された。同日午前に行なわれた外 […]
  • 大耳小耳2018年6月8日 大耳小耳  トラックストの影響で聖南西のいくつかのイベントが日程変更にした。レジストロで行われる「第18回聖南西カラオケしんぼく」が5月27日から7月1日に、カッポンボニートで行われる「第62回相撲大会」が6月3日から同月24日にそれぞれ日程を変更した。またサンミゲル・アルカンジョの「第 […]