ホーム | コラム | 樹海 | 引っ張るのなら足ではなく手を

引っ張るのなら足ではなく手を

 昨年9月のカヌー・スプリント日本選手権で、優勝した小松正治選手がドーピング検査で陽性となって優勝を取り消された事件で、先輩の鈴木康大選手が小松選手の飲み物に薬物を入れた事が判明と、9日に日本カヌー連盟が発表した。小松選手は「自分は薬物なぞ使っていない」と訴え、鈴木選手にも泣きながら相談したというが、その後の調べで、ライバルを陥れようとのスポーツ選手にあるまじき行為があった事が明らかになったのだ▼残念だが、自分より優れた成績を上げたり、成功したりした人を妬み、陥れようとする行為は、相手を助けて高みに上るのを支援しようとする行為よりはるかに多い。ブラジルに住む日本人の間でも、友人や知人が土地や家を買ったとか、事業で成功したという話を聞いた途端、背中を向けるようになったり、成功者の陰口を言いふらし始めたりという話を聞いた事がある▼ブラジルの選挙戦もまた然りで、相手の悪口や批判に終始する討論会には辟易する。「足の引っ張り合い」は本人の印象も悪くするが、先の事件絡みの報道では、鈴木選手は7年位前から他の選手の道具を盗んだりしており、その頃から成績が落ちていたという記事まであった▼相手を陥れる工夫をする時間があれば、練習したり、より優れた対策を練ったりする時間だってあるはずだし、共に高みを目指す事も出来たはず。こう書けば「きれい事過ぎる」と批判される可能性もあるが、相手が倒れたら手を差し伸べて立たせるのが本当のスポーツマン精神ではないだろうか。今年はW杯や統一選挙もある。スポーツに限らず、足を引っ張り合う姿でなく、手を差し伸べあう姿を見たいものだ。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に2017年5月24日 ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に  連邦警察は23日、ブラジリアのW杯スタジアム改修における経費水増し請求疑惑で、連邦直轄区元知事らを対象とするパナテナイコ作戦を決行したと同日付現地紙・サイトが報じた。  同作戦では逮捕令状10件、家宅捜索・押収令状15件、強制出頭令状3件が出され、ジョゼ・アルーダ元 […]
  • 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に2014年5月30日 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に  ワールドカップ開催まであと2週間を切り、開催都市では本格的な観光客対策が迫られている。そんな矢先の28日、サンパウロ州の軍警が公表した、観光客に配る安全情報告知のためのパンフレットに記載された鉄道マップが間違いだらけであることが判明した。 しかも、間違いの数は少なくとも1 […]
  • 独立200周年記念の記念モニュメント建設を2018年9月11日 独立200周年記念の記念モニュメント建設を  暴力を扇動する発言を多発するボウソナロ大統領候補が、暴力によって口を封じられる姿に、自然界の摂理を感じるのは、コラム子ばかりではないだろう。選挙戦が始まって2週間経つ。国民の大半にとって、理想的な候補がいないなかで、消去法で誰に投票するかを選ぶしかない選挙のようだ。そ […]
  • 政党再編するなら、どの党から?2018年7月27日 政党再編するなら、どの党から?  大統領選まで、早いものであと2ヵ月あまり。サッカーW杯も終わり、伯字紙もこの話題が中心になっている▼今回の選挙は、ラヴァ・ジャット作戦以降の政界大混乱の収束が求められる選挙と位置づけられている。だが、それが故に、まだどう転ぶかわからず国民は迷っている最中だが、それは政 […]
  • W杯で光ったクロアチアの大統領のモラル2018年7月19日 W杯で光ったクロアチアの大統領のモラル  ロシアW杯で注目を集めた人物の一人に、準優勝したクロアチアのコリンダ・グラバル=キタロヴィッチ大統領(50)がいる▼同国初の女性大統領で子供が2人おり、大のサッカーファンだ。W杯のチケットもポケットマネーで購入。大会中は休暇をとり、自費購入のエコノミークラスのチケットで渡航し […]