ホーム | コラム | 樹海 | 引っ張るのなら足ではなく手を

引っ張るのなら足ではなく手を

 昨年9月のカヌー・スプリント日本選手権で、優勝した小松正治選手がドーピング検査で陽性となって優勝を取り消された事件で、先輩の鈴木康大選手が小松選手の飲み物に薬物を入れた事が判明と、9日に日本カヌー連盟が発表した。小松選手は「自分は薬物なぞ使っていない」と訴え、鈴木選手にも泣きながら相談したというが、その後の調べで、ライバルを陥れようとのスポーツ選手にあるまじき行為があった事が明らかになったのだ▼残念だが、自分より優れた成績を上げたり、成功したりした人を妬み、陥れようとする行為は、相手を助けて高みに上るのを支援しようとする行為よりはるかに多い。ブラジルに住む日本人の間でも、友人や知人が土地や家を買ったとか、事業で成功したという話を聞いた途端、背中を向けるようになったり、成功者の陰口を言いふらし始めたりという話を聞いた事がある▼ブラジルの選挙戦もまた然りで、相手の悪口や批判に終始する討論会には辟易する。「足の引っ張り合い」は本人の印象も悪くするが、先の事件絡みの報道では、鈴木選手は7年位前から他の選手の道具を盗んだりしており、その頃から成績が落ちていたという記事まであった▼相手を陥れる工夫をする時間があれば、練習したり、より優れた対策を練ったりする時間だってあるはずだし、共に高みを目指す事も出来たはず。こう書けば「きれい事過ぎる」と批判される可能性もあるが、相手が倒れたら手を差し伸べて立たせるのが本当のスポーツマン精神ではないだろうか。今年はW杯や統一選挙もある。スポーツに限らず、足を引っ張り合う姿でなく、手を差し伸べあう姿を見たいものだ。(み)

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に2017年5月24日 ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に  連邦警察は23日、ブラジリアのW杯スタジアム改修における経費水増し請求疑惑で、連邦直轄区元知事らを対象とするパナテナイコ作戦を決行したと同日付現地紙・サイトが報じた。  同作戦では逮捕令状10件、家宅捜索・押収令状15件、強制出頭令状3件が出され、ジョゼ・アルーダ元 […]
  • 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に2014年5月30日 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に  ワールドカップ開催まであと2週間を切り、開催都市では本格的な観光客対策が迫られている。そんな矢先の28日、サンパウロ州の軍警が公表した、観光客に配る安全情報告知のためのパンフレットに記載された鉄道マップが間違いだらけであることが判明した。 しかも、間違いの数は少なくとも1 […]
  • 今、国内サッカーが熱い!2018年6月8日 今、国内サッカーが熱い!  早いもので週が明けて14日になれば、もうサッカーのW杯のロシア大会がはじまる。  そうなると、サッカー・ファンの目は当然W杯一色となる。それはこの期間中、世界のどこでも他にサッカーの公式戦をやっているところがないから当たり前といえばそれまでだ。  だが、そんな今、 […]
  • セレソンへのシニカルな見方はいつ終わる?2018年5月18日 セレソンへのシニカルな見方はいつ終わる?  14日、W杯サッカーがちょうど1カ月前を迎えた時点で、セレソンが出場23選手を発表した。ただ、盛り上がりには欠けている▼それはなぜか。「前回の大会でドイツに屈辱の1―7の大敗を喫したことで、国民からの信用が薄れているから」。それもある。「出場しても、またみじめな敗戦を […]
  • ロナウジーニョは政界に進出するのか?2018年1月19日 ロナウジーニョは政界に進出するのか?  伯国が誇ったサッカー界の英雄のひとり、ロナウジーニョがついに正式に現役引退を発表した▼もう2年以上も実戦での姿を見ていなかったことから、アナウンスがなくても引退しているものと想っていた人が伯国では多かった。それでも02年のセレソンのW杯世界一の立役者のひとりであり、メ […]