ホーム | イベント情報 | 日舞京藤間の舞初め=沖縄県人会で21日

日舞京藤間の舞初め=沖縄県人会で21日

来社した京藤間勘靖子、勘悦子会主

来社した京藤間勘靖子、勘悦子会主

 日本舞踊の京藤間流(京藤間勘輝二代目家元)が、『京藤間流新年舞初め』を21日正午から、リベルダーデ区の沖縄県人会(Rua Tomas de Lima, 72)で開催する。入場無料。
 全31演目で20代の若者が中心となる南中ソーラン、ヨサコイソーランも披露される。
 京藤間勘靖子会主による「江戸の初春」で幕開け、長唄や小唄、民謡なども楽しめる。
 当日はサント・アマーロ文協婦人会の協力により弁当や飲み物なども販売される。
 案内のため来社した京藤間勘靖子、勘悦子会主は「今年はソーラン節など様々な演目が楽しめる。一年の練習の成果を見に是非来てください」と呼びかけた。
 問合せは勘悦子会主(11・3209・2137、同・97565・3161)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ