ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 サンパウロ友の会は、羽仁吉一、もと子夫妻によって創刊された日本の雑誌『婦人の友』の読者の集いとして1954年に発足した。今年で64年目を迎える由緒ある団体だ。生活に役に立つ知恵を教えあったり、読書会をしたり、料理講習会や慈善バザーも。主に木曜日の午後に活動しているが、「土曜グループ」や駐在員家庭が中心の「幼児グループ」もある。同会では「皆さんも一緒に友の会でいろいろなことを学んで見ませんか?」と呼びかけている。関心のある人は橋本さん(95486・5456)まで連絡を。

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2018年6月23日 大耳小耳  W杯初戦でコロンビアに劇的勝利を遂げた日本代表。注目の二戦目、対セネガル戦が24日正午から始まる。岩手県人会は初戦に続き、今回も観戦会を同会館(Rua Thomaz Gonzaga, 95, […]
  • 大耳小耳2018年6月22日 大耳小耳  聖市の文協ビルの喫茶店カフェ「喜怒哀楽」(Rua Sao Joaquim, 381, […]
  • 大耳小耳2018年6月20日 大耳小耳  一般社団法人「日本ブラジル中央協会」(大前孝雄会長)の会報『ブラジル特報』1644号が5月に発刊された。「地方が紡ぐ日伯110周年」が特集テーマ。広島から本紙元記者の堀江剛史さんが《「移民県」広島の今》という一文を寄せた。死語化した「移民県」という言葉、一端は凍結されたが再公 […]
  • 大耳小耳2018年6月19日 大耳小耳  「W杯日本代表をみんなで応援しませんか?」。岩手県人会(千田曠暁会長)は、日本代表初戦の観戦会を本日19日午前9時から同県人会(Rua Tomaz Gonzaga, 95, […]