ホーム | ブラジル国内ニュース | S&Pが、ブラジル国債の格下げを発表=投資適格級から3段階も下に=社会保障改革難航が主要因

S&Pが、ブラジル国債の格下げを発表=投資適格級から3段階も下に=社会保障改革難航が主要因

メイレレス財相(José Cruz/Agência Brasil)

メイレレス財相(José Cruz/Agência Brasil)

 米国の債権格付機関、スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が11日、ブラジル国債(ソブリン債)の格付をBBからBB-(マイナス)に下げたと、12日付現地紙・サイトが報じた。
 S&Pをはじめとする格付機関は、政府の財政状況、信用度に応じて、国債の元本や利息が確実に支払われる否かを検討してランクを付ける。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ