ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》連邦道路警察が州をまたいでカーチェイス=大麻1トンとライフル押収

《ブラジル》連邦道路警察が州をまたいでカーチェイス=大麻1トンとライフル押収

 サンパウロ州ラヴリーニャス市のヅットラ街道で11日夜、犯罪撲滅運動を行っていた連邦道路警察(PRF)が不審車を発見、停車を命じたが逃げた。そのため、隣のリオ州まで48キロに及ぶ追跡を行い、大麻およそ1トンとライフル5丁、弾薬を押収したと12日付現地サイトが報じた。
 警戒中のPRFは不審な黒のフィアット車トーロを発見し、停車命令を出したが、運転手はそれに従わず、逆に加速してリオ方面に逃走した。逃げた車は逃走中に別の乗用車やトラックに接触する事故を起こしたが、怪我人は出なかった。
 追跡中、リオ州レゼンデ市に入ったところで、PRFの車両は車道に落ちていた破片の上を通ったため、3本のタイヤがパンクしてしまった。破片が逃走犯が撒いたものかは、判明していない。
 追跡を断念した直後にPRFは、追っていた車が数メートル先に放置されているとの情報を得た。現場に徒歩で駆けつけると、既にそこには、地元の軍警もいた。放置された車には大麻とライフル、弾薬が満載されていた。犯人は徒歩で逃走したと思われる。
 大麻は923キロで、ライフルは合計5丁だった。また、カートリッジ式の弾薬も150本見つかった。車その他の押収物は、レゼンデ市の第89警察署に運ばれた。
 PRFは、警察側には1人の負傷者も出なかった事、追跡の過程で逃走する車が起こした接触事故でも大事には至っていないことを強調した。

こちらの記事もどうぞ