ホーム | ブラジル国内ニュース | グレイシ・ホフマン=労働者党(PT)党首=「私たちの屍を乗り越えてから」=ルーラ逮捕危機に挑発発言=裁判日の暴動は不可避か

グレイシ・ホフマン=労働者党(PT)党首=「私たちの屍を乗り越えてから」=ルーラ逮捕危機に挑発発言=裁判日の暴動は不可避か

PTのグレイシ党首(Lula Marques/AGPT)

PTのグレイシ党首(Lula Marques/AGPT)

 来週24日に迫ったルーラ元大統領の第二審裁判に関し、労働者党のグレイシ・ホフマン党首が「ルーラ氏を逮捕するなら、私たちの屍を乗り越えてから」と挑発的な発言をした。これを受け、リオ・グランデ・ド・スウ州が裁判当日、州都ポルト・アレグレにある第4地域裁(TRF4)の周囲の公共施設に閉鎖を求めるなどの対応を模索していると、17日付現地紙が報じている。

 グレイシ氏は16日、サイト「ポデール360」のインタビューで24日のルーラ氏の裁判について質問を受けたところ、「ルーラ氏を逮捕するなら、警察は私たちの多くを逮捕しなくてはならない。それどころか、殺さざるをえないだろう」と語った。「私たちの屍を乗り越えてから、ルーラを逮捕せよ」とのPT陣営の意気込みを示すもの。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ