ホーム | 日系社会ニュース | ワールドマスターズ2021=関西で開催決定、参加者募る

ワールドマスターズ2021=関西で開催決定、参加者募る

(左から)来社した脇村さん、武田さん

(左から)来社した脇村さん、武田さん

 2021年に国際スポーツ大会「ワールドマスターズゲームス」が日本の関西地方を中心に開催されることが決まった。昨年同大会の卓球で優勝した脇村利恵子さん(61、山口県)と、当地で10年間卓球の指導にあたった武田俊男さん(48、神奈川県)が来伯し、同大会への参加を呼びかけた。
 ワールドマスターズゲームスは30歳以上の成人・中高年の一般アスリートを対象とした生涯スポーツの国際総合競技大会。4年に一度開催され、2021年の関西大会では32種の競技が行われ、世界中から5万人の参加が見込まれている。
 脇村さんは昨年ニュージーランド・オークランドで開催された大会の卓球女子60代の部の優勝者。今回、19日から聖州スザノ市で行われる卓球大会に出場するために来伯。武田さんは、脇村さんの経営する卓球場でコーチを務めており、卓球大会を視察する。
 脇村さんは「昨年のオークランドの大会には世界中から4万人が集まって白熱した」と振り返り、「年齢や実力ごとにカテゴリーが分かれているから国際大会といえど気軽に参加できる。ブラジルからも多くの選手が出場することを期待します」と話した。
 ワールドマスターズゲームス関西大会は2021年5月14日から30日まで開催される。詳細はHPで(http://www.wmg2021.jp/index.html)で確認できる。

こちらの記事もどうぞ