ホーム | 日系社会ニュース | 日舞「ブラジルの水彩画」で魅了=新年の藤間流舞踊大会=ブラジル人に伝統文化を

日舞「ブラジルの水彩画」で魅了=新年の藤間流舞踊大会=ブラジル人に伝統文化を

会場を魅了した「鷺娘」のクライマックスの一場面

会場を魅了した「鷺娘」のクライマックスの一場面

 藤間流舞踊学校(江口桂校長)が13、14日の両日、サンパウロ市の文協ビルで『第2回藤間流舞踊大会』を開催した。110周年公認行事の関係で、同ロゴにならって公演の開幕演目を「鶴」にし、「さくらさくら」「アクアレラ・ド・ブラジル」という日本・ブラジルを意識した演目で閉幕するなどのアイデアが散りばめられた。歌舞伎の歴史や舞踊技法の写真展が設置されたほか、14日にはメイクと着付けのワークショップ、舞踊公演が行われた。来場者は両日で約1500人。うち3割近くを非日系が占め、公演では大講堂が満席になった。

ワークショップでは「雛鶴三番叟」の衣装に

ワークショップでは「雛鶴三番叟」の衣装に

 公演前のワークショップでは、ロビーの特設舞台で化粧と着付けをポ語の説明付きで実演。興味深げに立ち見する人、化粧の様子を撮影する人などで賑わった。約1時間半も熱心に立ち見していたアリーニ・トルシアさん(32)は、「日本文化関係の催しにはよく参加するが、化粧や着付けを見たのは初めて。伝統衣装を近くで見られて良かった」と語った。
 UNESP(サンパウロ州立大学)演劇科のジオバナ・サンチアゴさん(23)は「自分が学ぶ演劇とは全く別のもので興味深い。日本の本当の文化を見られた」との感想を語った。
 午後から始まった舞踊公演は長唄の「雛鶴三番叟」で幕開け。和の会グループなどの演奏に合わせ、4人の演者が厳かな舞で開演を祝った。
 「連獅子」では故藤間芳之丞さんらが演じたビデオを上映。上映が終わると父獅子に扮したレナン・フェルナンデスさんと子獅子のマルシオ・ガルヴァンが登場し、長い毛を激しく振り回し会場を楽しませた。
 最後の演目「さくら変奏曲」と「アクアレラ・ド・ブラジル(ブラジルの水彩画)」では、出演者全員が舞台に上がって舞い、大きな拍手が沸き起こる中、閉幕した。
 来場した千田修子さん(87、大阪府)はかつて30年間ほど同学校に所属し舞を習っていた。「やっぱり素晴らしい演技や衣装ばかり。ブラジルで日本の本当の舞踊が見られて涙が出るほど嬉しかった」と興奮冷めやらぬ様子で語った。
 ブラジルの曲に舞踊の振りを付けて披露することは江口校長の夢だった。「ブラジル人に日本舞踊を広めるという母の夢も、しっかりと実現できたのでは」と同校長。さらに「私達の日本文化をブラジル人にも伝えたいと思い、本イベントを開催した。ブラジル人向けに広報したおかげで、文協に来たことがない人もたくさん来てくれて生徒達も大喜び。早速来年のことについても話合っている」と充実感をかみしめていた。


□関連コラム□大耳小耳

 藤間流舞踊大会の中心演目ともいえるのが、鷺が人間の娘の姿になり踊る「鷺娘」。藤間芳琴さんが白い着物と黒い帯の姿で登場。雪が降りしきる中、鳥のような所作で舞った。その後白から赤への着物の引き抜きで鷺から町娘へと変身。「娘の恋心」「流行歌」「傘づくし」の舞いを着物を変えながら次々と披露。演者の装いが変わる度に拍手が沸いた。可愛らしい「傘づくし」から一転、娘は再び鷺の姿に戻り、雪が落ち始めた。人間に恋したために落ちた地獄の責め苦に遭いながらも羽ばたこうとする鷺を表現し、鷺が息絶えるクライマックスでは観客から大きな拍手と歓声が送られた。

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 聖州110周年委員会ついに発足!=式典は日本祭り会場に決定=若手委員を積極採用2017年5月23日 聖州110周年委員会ついに発足!=式典は日本祭り会場に決定=若手委員を積極採用  「次の150年、200年へと続く第一歩に」―。19日夜、ブラジル日本移民110周年記念祭典委員会(菊地義治実行委員長)が文協貴賓室で正式発足した。画家の若林和男さんがデザインした、二羽の折り鶴に両国関係の未来を託した『記念ロゴマーク』が発表されるなど、翌年に迫る移民1 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 10万人分の手形で絵を=当地で収集、東京パラで展示へ2017年5月23日 10万人分の手形で絵を=当地で収集、東京パラで展示へ  一般社団法人「ハンド・スタンプ・アート・プロジェクト」(代表・横山万里子)の海外特派員、宮澤かれんさん(18歳、東京)が4日に来社し、活動報告をした。  この「ハンド・スタンプ・アート・プロジェクト」(HSAP)とは、病気や障害を抱える子供や支援者らの手形を集めて一 […]