ホーム | 日系社会ニュース | ダリヤ栽培専門家、五十嵐さん来伯=援協1月定例役員会で

ダリヤ栽培専門家、五十嵐さん来伯=援協1月定例役員会で

挨拶した五十嵐さん

挨拶した五十嵐さん

 サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)は、『1月定例役員会』を18日午前11時半から、援協本部ビル4階で開催した。
 冒頭、挨拶に立った与儀会長は「今年は、移民110周年と日伯友好病院30周年と忙しい一年になる。厳しい情勢だが、皆さんと一緒に、援協のために頑張りたい」と挨拶した。
 また、菊地義治評議員会会長も出席し、移民110周年記念事業の計画について説明。募金活動は既におよそ300万レは目処が立っており、450万レになる見込みと報告した。
 役員会では、援協傘下のスザノ・イペランジアホームにあるダリヤ園に、山形県川西町から技術指導員として派遣された、ダリヤ栽培専門家の五十嵐正孝さんが挨拶のため出席した。
 五十嵐さんは、40年近くダリヤ栽培に携わり、川西ダリヤ園の初代主任ほか川西ダリヤ会長を務めた。当地のダリヤ園に約20年前に贈られた球根は、五十嵐さんが選別に係っていたとも。
 今月11日に着伯した五十嵐さんは、2ヶ月間指導にあたり、3月4日、11日に開催される第24回ダリヤ祭を見届けた後、13日に帰国予定。「川西ダリヤ園もこちらのダリヤ園も互いに切磋琢磨しあい、伯国でも綺麗な花を咲かせたい」と展望した。
 そのほか、役員会では、通常どおり各委員会及び各施設からの報告があった。
 日伯友好病院からは、全国放送で患者の出産場面が取り上げられたことを紹介し、「何処へいっても恥ずかしくない病院になった」とする一方、「まだまだやるべきことは残されている」として、救急施設拡大や手術室近代化などを挙げた。
 なお、先月の日伯友好病院を除く12月度の決算は、約140万レの赤字を計上。病院を含む全体では、約660万レの黒字となった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 110周年=国士舘改修プロジェクト=柴田館長来伯、下本元聖州議が同行2018年8月23日 110周年=国士舘改修プロジェクト=柴田館長来伯、下本元聖州議が同行  国士舘大学の柴田徳文(とくぶみ)館長が7月17日から来伯し、同センターや文協、ブラジル日本語センターなどを訪問した。訪問には下本八郎元聖州議が同行し、歓談などを楽しんだ。  下本氏は同大学の聖市支部設立時、当時の柴田梵天総長に協力していた。同大学との交流は当時からは […]
  • グァタパラ入植56年祭=拓魂碑で先人231人弔う2018年8月16日 グァタパラ入植56年祭=拓魂碑で先人231人弔う  グァタパラ農事文化体育協会(茂木常男会長)は「グァタパラ移住地入植56周年祭」を7月14、15両日に同文協敷地内で開催した。初日はモンブカ墓地の「拓魂碑」前で先没者慰霊式を行い、参列者が献花と焼香を行い先人を弔った。  モンブカ墓地で行われた先没者慰霊式は14日の午 […]
  • 110周年=リッファ当選者に譲渡式=ホンダ・シビック車など2018年8月17日 110周年=リッファ当選者に譲渡式=ホンダ・シビック車など  ブラジル日本移民110周年記念祭典委員会(呉屋春美祭典委員長)が聖市文協ビルの貴賓室で8日午後、日本移民110周年記念事業の資金集めのため実施された『第2弾リッファ』の当選者に賞品贈呈式を行なった。  今回はホンダサウスアメリカ社が寄贈したシビック・ツーリング(1等 […]
  • 眞子内親王殿下 ブラジルご訪問を終えられてのご印象=ブラジル訪問を終えて(平成30年8月8日)2018年8月10日 眞子内親王殿下 ブラジルご訪問を終えられてのご印象=ブラジル訪問を終えて(平成30年8月8日)  宮内庁サイトに8日付で、眞子さまが書かれたブラジルご訪問の印象」が発表された。「訪問した先々で、思い出深い出来事と出会いがありました。その全てをここに書き表すことは到底できませんが、日系社会の方々との交流は、とりわけ大きく心に残っています」などコロニアに向けたと思われ […]
  • 栄枯盛衰のロンドリーナ厚生会=11月に先没者追悼慰霊法要2018年8月11日 栄枯盛衰のロンドリーナ厚生会=11月に先没者追悼慰霊法要  戦後、パラナ州ロンドリーナ市の驚異的な発展と共に、その影で増加した生活困窮者や地方からの流浪人などの救済を目的として、1955年に発足したロンドリーナ邦人厚生会(木村保会長)。当初の目的を終えて分岐点を迎える同会だが、現在も細々と活動が続けられている。  最盛期には […]