ホーム | 文芸 | 連載小説 | どこから来たの=大門千夏 | どこから来たの=大門千夏=(26)

どこから来たの=大門千夏=(26)

 その時、あれ! 懐炉が二つになった! お腹の上に張り付いたようにもう一つ並んだ。よほど寒気がしているんだわ、二つもつけて。お気の毒に。長居してごめんなさいね。 家に帰ってしばらくして気が付いた。
 あれはおっぱいだった! 懐炉じゃあなかった。「垂乳ね」だったのだ。それにしても若い時の胸はさぞやさぞや。

5 靴

 近所には外国人の家族がたくさん住んでいた。ロシア人、オーストリア人、アメリカ人、スイス人。ある日、散歩をしていると大きな白い二階建ての家の前庭にたくさんの人がいる。パーティーではなさそうだし、かといって何かもよおし事でもない。よく見るとガレージセールなのだ。
 ここの家族がアメリカに帰ることになったので、使っていた家の中の品物を全部売りに出している。
 台所には昨日まで使っていたような食器、コップ、よごれたまな板、スプーン、ほうろうが剥げたやかん、なべ、ありとあらゆる古物が並べてあった。これ買って行く人があるのかと思うような品が並べてある。日本人なら恥ずかしくて捨てるにちがいないものが堂々とならべてある。
 ヒビの入った食器もある。物を大切にする民族なのか、なんでもお金にしてしまう経済観念のある民族なのか、どっちだろう。
 捨てるのもめんどくさいから、まずは並べているのかもしれない。何もかもすべて並べてある。 それを来たお客が一つずつ手に取って値段を見ている。安いのだ。新品の十分の一くらいなので、それなら少々のことは目をつむって買おうかしらと思うような値段で、結構どんどん売れてゆく。
 寝室に入ってみた。ブラジルでは不要な毛皮のコートも並べてある。家具、シーツ類、ハンドバック、靴、そして、何と大きな大きな五〇号くらいの革靴が、片方だけ売っていた(値段が付いていた!)。こんな大きな足の人は滅多にいない―となると店には売っていない希少価値なのか。
 まして片方失くした人にとっては…どうやって失くしたのか知りたいが…ともかく片足といえど売れるんだ。
 アメリカ人てケチなの? それとも親切なの? こういうのを合理主義っていうのかしら?

6 トイレット・ペーパー

 夫の勤めている会社はルア・サンベントのビルの中にあるコンサルタントの会社である。そこに五?六人の日系人が働いていた。一九六五年のころ。
 ある日私は何の用事があったのか忘れたが、事務所の応接間で夫の仕事が終わるのを待っていた。そこには先客があった。
 黒っぽい背広をぴしっと着て、端正な顔立ちの人で、真面目さが体中から匂っている、品行方正を絵にかいたような殿方だった。
 しばらく仕事の話をしておられたが、区切りがついたようだった。すると「トイレを借ります」と声を大きくしてその方は言われた。
「どーぞ」元気よく女の事務員が言った。
 するとこの男性はやおら傍に置いていた黒い皮のカバンを開けて、そこからまっ白いトイレット・ペーパーを一巻き取り出した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • どこから来たの=大門千夏=(102)2018年5月24日 どこから来たの=大門千夏=(102)  一九六三年、神戸港を出発しました。(あれから五〇数年経った今頃になって、両親には大変な心配をかけた、親不孝したと気がついて申し訳ない思いをしています。)西回りの船を選び、あちこち寄港のたびに観光してまわり、六〇日かけて世界半周。船酔いもせず旅を楽しみました。  沖縄――香港 […]
  • どこから来たの=大門千夏=(100)2018年5月22日 どこから来たの=大門千夏=(100)  何年たっても同じ状態が続いた。子供達が、「うちの母はね、音楽が鳴りだすと血相を変えて怒るの、本気で怒るのよ、あんな人見た事ない」と話している。かといって日々の生活に別段困る事もなく、以前と同じように昼間は仕事をし旅行もする。良くなろうという努力を最初はしたが、今では無音の生活 […]
  • どこから来たの=大門千夏=(101)2018年5月23日 どこから来たの=大門千夏=(101)  夫の好きな野の花…カタバミが、コップの中で小さく震えていた。  曲は静まり返った巨大な遺跡中に響き渡り、隅々にまで緩やかに流れ、そして灰色の雲を突き抜け青い空に向かって、宇宙に向かって何時までも消えることなく広がって行く。  今、二人の子供を何とか育て上げたこと、助け合っ […]
  • どこから来たの=大門千夏=(98)2018年5月18日 どこから来たの=大門千夏=(98)  彼は日本の大手の建築会社に務めていた事、ほとんど世界をまたにかけての仕事で外国生活の方が長かった事。「定年間際、アフリカで駐在員をしていた時、家内が急死しまして私一人になってしまいました。日本は住みにくい。どっか外国に…と考えて、まず昔仕事で来たことのあるフィリピンに来たんで […]
  • どこから来たの=大門千夏=(99)2018年5月19日 どこから来たの=大門千夏=(99)  夜、山田さんに食事をごちそうになる。彼もこの国に遊びにきて女性に捕まった一人である。どうしてこんなに簡単に沈没してしまうのだろうか? […]