ホーム | 文芸 | 連載小説 | どこから来たの=大門千夏 | どこから来たの=大門千夏=(26)

どこから来たの=大門千夏=(26)

 その時、あれ! 懐炉が二つになった! お腹の上に張り付いたようにもう一つ並んだ。よほど寒気がしているんだわ、二つもつけて。お気の毒に。長居してごめんなさいね。 家に帰ってしばらくして気が付いた。
 あれはおっぱいだった! 懐炉じゃあなかった。「垂乳ね」だったのだ。それにしても若い時の胸はさぞやさぞや。

5 靴

 近所には外国人の家族がたくさん住んでいた。ロシア人、オーストリア人、アメリカ人、スイス人。ある日、散歩をしていると大きな白い二階建ての家の前庭にたくさんの人がいる。パーティーではなさそうだし、かといって何かもよおし事でもない。よく見るとガレージセールなのだ。
 ここの家族がアメリカに帰ることになったので、使っていた家の中の品物を全部売りに出している。
 台所には昨日まで使っていたような食器、コップ、よごれたまな板、スプーン、ほうろうが剥げたやかん、なべ、ありとあらゆる古物が並べてあった。これ買って行く人があるのかと思うような品が並べてある。日本人なら恥ずかしくて捨てるにちがいないものが堂々とならべてある。
 ヒビの入った食器もある。物を大切にする民族なのか、なんでもお金にしてしまう経済観念のある民族なのか、どっちだろう。
 捨てるのもめんどくさいから、まずは並べているのかもしれない。何もかもすべて並べてある。 それを来たお客が一つずつ手に取って値段を見ている。安いのだ。新品の十分の一くらいなので、それなら少々のことは目をつむって買おうかしらと思うような値段で、結構どんどん売れてゆく。
 寝室に入ってみた。ブラジルでは不要な毛皮のコートも並べてある。家具、シーツ類、ハンドバック、靴、そして、何と大きな大きな五〇号くらいの革靴が、片方だけ売っていた(値段が付いていた!)。こんな大きな足の人は滅多にいない―となると店には売っていない希少価値なのか。
 まして片方失くした人にとっては…どうやって失くしたのか知りたいが…ともかく片足といえど売れるんだ。
 アメリカ人てケチなの? それとも親切なの? こういうのを合理主義っていうのかしら?

6 トイレット・ペーパー

 夫の勤めている会社はルア・サンベントのビルの中にあるコンサルタントの会社である。そこに五?六人の日系人が働いていた。一九六五年のころ。
 ある日私は何の用事があったのか忘れたが、事務所の応接間で夫の仕事が終わるのを待っていた。そこには先客があった。
 黒っぽい背広をぴしっと着て、端正な顔立ちの人で、真面目さが体中から匂っている、品行方正を絵にかいたような殿方だった。
 しばらく仕事の話をしておられたが、区切りがついたようだった。すると「トイレを借ります」と声を大きくしてその方は言われた。
「どーぞ」元気よく女の事務員が言った。
 するとこの男性はやおら傍に置いていた黒い皮のカバンを開けて、そこからまっ白いトイレット・ペーパーを一巻き取り出した。

こちらの記事もどうぞ

  • どこから来たの=大門千夏=(42)2018年2月20日 どこから来たの=大門千夏=(42)  あああ、今日は私の誕生日だった。  絵にかいたモチ、まさしく絵に描いた誕生日。ケーキもなく、乾杯もなく、…それどころか昼食もなく、夕食もなかった。  忘れられない誕生日、思い出深い誕生日。桃子は確かにこう言った。ほんとうだ。こんな日でもやっぱり一つ歳をとるのであろうか。 […]
  • どこから来たの=大門千夏=(40)2018年2月16日 どこから来たの=大門千夏=(40) 第四章 白い霧の夜 誕生日  「行こう行こう、どこでもいいから高ぁーいレストランに行こう」と、電話の向こうに湿った桃子の声。ハハーン夫婦喧嘩をしたな、と私はさっする。  サンパウロにある一番高いレストランに二人で出かける。体は小さいくせに桃子は食欲旺盛。  「要するに私 […]
  • どこから来たの=大門千夏=(41)2018年2月17日 どこから来たの=大門千夏=(41)  バスの振動が心地よい。星が無数に光っている。こんな大きな空をサンパウロの町では見ることがない。明日は私の誕生日、旅先での誕生日、心に残る思い出の日が待っている。いつの間にか私もぐっすりと寝込んでしまった。  周りがやかましくなった。明るくなった。終点オーロプレット。バスは止 […]
  • どこから来たの=大門千夏=(38)2018年2月9日 どこから来たの=大門千夏=(38)  父亡きあとは、母はずっと一人住まいをしていた。八〇歳くらいまでは「一人は最高」と高らかに公言していたが、体力の衰えと共に、娘がたびたび傍に来て自分の話し相手になってくれる事を願った。  しかし、他県に嫁いでいる娘たちは母の昔話、何度も聞いたしょうもない話を聞きに来る時間も、 […]
  • どこから来たの=大門千夏=(39)2018年2月10日 どこから来たの=大門千夏=(39)  この帆布のハンドバックの中から、色変わりした手紙、何か重要書類らしいもの、印鑑、領収書、母が父からもらった唯一のヒスイの指輪などが出てきた。  そうして最後に小さな黑い石が出てきた。  黑くツルリとした親指くらいの石。油を塗ったように黒く光っている。真ん中が少しへこんで、 […]