ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》電力公社エレトロブラスの民営化を差し止めていた地裁の判決覆る=「政府の暫定令を覆せるのは最高裁だけ」と最高裁判事

《ブラジル》電力公社エレトロブラスの民営化を差し止めていた地裁の判決覆る=「政府の暫定令を覆せるのは最高裁だけ」と最高裁判事

フェルナンド・コエーリョ鉱動相(Marcelo Camargo/Agência Brasil)

フェルナンド・コエーリョ鉱動相(Marcelo Camargo/Agência Brasil)

 アレシャンドレ・デ・モラエス連邦最高裁(STF)判事は2日、ペルナンブッコ州地裁が1月に出した、政府が電力公社エレトロブラス社を民営化することを妨げていた二つの仮処分を棄却したと2、3日付現地紙・サイトが報じた。
 この決定は連邦下院が1月15日に最高裁に出していた訴えを聞き入れたものだ。また、総弁護庁(AGU)も同様の訴えを連邦第5地域裁(TRF5)に出していた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ