ホーム | 日系社会ニュース | 移民110周年=東洋街活性化の2案が提示=資金管理委員会の設置も

移民110周年=東洋街活性化の2案が提示=資金管理委員会の設置も

会議の様子

会議の様子

 移民110周年における官民共同事業に向けた、聖市行政関係者と主要日系団体代表者による「第3回会合」が先月30日、市長執務室で開催された。今会合では、東洋街活性化部会において先月8日に提案された改善項目を受けて、専門家の調査に基づき具体案が提示された。
 建築家のヒラノ・カンジ氏は、「アクセス向上と都市景観整備による和やかな空間創出」を掲げ、歩行者を優先した歩道修繕、リベルダーデ広場や主な通りにおけるベンチ設置や沖縄桜植樹等による景観整備を挙げ、7月迄に新たなシンボルの設置を提案した。
 一方、カルロス・ケンジ氏は、観光地として地域の経済活性化を図るべく、「魅力的で心揺さぶられる地区」を掲げ、同街の中心となる区画を観光特区と位置づける大規模改修を提案。具体的には、鳥居横にある現在封鎖されている公衆便所の一角を、観光情報案内所、カフェ、公衆便所等を備えた「インフォメーション・センター」とするなどの構想を語った。
 また、日本館運営委員会の大田レオ委員長が、同館活性化案について紹介。同館に併設する形で多目的スペースとなる新棟を建設するほか、既存の同館一階展示スペースをレストランに改装するという計画だ。
 これらの提案を受けて、ドリア市長は、事業実現のための資金調達を目的とした「資金管理委員会」の設置を提言。同委員会は日系企業社会に人脈を有するメンバーによって構成される予定。なお、次回会合は19日に行われる見通しだ。


□関連コラム□大耳小耳

 ドリア市長主導によって進められる官民共同事業だが、会合に参加する日系団体代表者からは、総じて悲観的な声が相次いだ。聖市は、東洋街活性化に係る資金の100%を日本政府や日系進出企業、日系社会に依存する方針だ。資金の裏付けもないなかで、しかも前回会議で出された要求事項を一切無視した〃夢〃のような壮大な提案がなされることに、出席者も半ば呆れ顔だった。会合の後、出席者からは「夢を見ることはいいことだ」といった冗談交じりの皮肉や、「バカバカしくって話にならない」といった意見も。さらには「ドリア市長には期待していたのに、失望した」といった声も漏れ聴こえた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 110周年=国士舘改修プロジェクト=柴田館長来伯、下本元聖州議が同行2018年8月23日 110周年=国士舘改修プロジェクト=柴田館長来伯、下本元聖州議が同行  国士舘大学の柴田徳文(とくぶみ)館長が7月17日から来伯し、同センターや文協、ブラジル日本語センターなどを訪問した。訪問には下本八郎元聖州議が同行し、歓談などを楽しんだ。  下本氏は同大学の聖市支部設立時、当時の柴田梵天総長に協力していた。同大学との交流は当時からは […]
  • グァタパラ入植56年祭=拓魂碑で先人231人弔う2018年8月16日 グァタパラ入植56年祭=拓魂碑で先人231人弔う  グァタパラ農事文化体育協会(茂木常男会長)は「グァタパラ移住地入植56周年祭」を7月14、15両日に同文協敷地内で開催した。初日はモンブカ墓地の「拓魂碑」前で先没者慰霊式を行い、参列者が献花と焼香を行い先人を弔った。  モンブカ墓地で行われた先没者慰霊式は14日の午 […]
  • 110周年=リッファ当選者に譲渡式=ホンダ・シビック車など2018年8月17日 110周年=リッファ当選者に譲渡式=ホンダ・シビック車など  ブラジル日本移民110周年記念祭典委員会(呉屋春美祭典委員長)が聖市文協ビルの貴賓室で8日午後、日本移民110周年記念事業の資金集めのため実施された『第2弾リッファ』の当選者に賞品贈呈式を行なった。  今回はホンダサウスアメリカ社が寄贈したシビック・ツーリング(1等 […]
  • 眞子内親王殿下 ブラジルご訪問を終えられてのご印象=ブラジル訪問を終えて(平成30年8月8日)2018年8月10日 眞子内親王殿下 ブラジルご訪問を終えられてのご印象=ブラジル訪問を終えて(平成30年8月8日)  宮内庁サイトに8日付で、眞子さまが書かれたブラジルご訪問の印象」が発表された。「訪問した先々で、思い出深い出来事と出会いがありました。その全てをここに書き表すことは到底できませんが、日系社会の方々との交流は、とりわけ大きく心に残っています」などコロニアに向けたと思われ […]
  • 栄枯盛衰のロンドリーナ厚生会=11月に先没者追悼慰霊法要2018年8月11日 栄枯盛衰のロンドリーナ厚生会=11月に先没者追悼慰霊法要  戦後、パラナ州ロンドリーナ市の驚異的な発展と共に、その影で増加した生活困窮者や地方からの流浪人などの救済を目的として、1955年に発足したロンドリーナ邦人厚生会(木村保会長)。当初の目的を終えて分岐点を迎える同会だが、現在も細々と活動が続けられている。  最盛期には […]