ホーム | 日系社会ニュース | 県連代表者会議=13年前の負債支払いへ=JETROの出展説明も

県連代表者会議=13年前の負債支払いへ=JETROの出展説明も

説明中の林弁護士

説明中の林弁護士

 ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の「1月度代表者会議」が、1日に文協ビル内の県連会議室で行われた。同会議では2005年度の第8回日本祭りでの未払い金支払い請求についての説明があった。また、今年度の日本祭りに各県の特産品紹介ブースを出す日本貿易振興機構(JETRO)が県人会に協力を呼びかけた。

 06年、会場業者エキスポ・スター社から05年度の第8回日本祭りの会場設営に関する未払い金21万レの支払いを求める訴訟が起こされた。
 同件は約5年前に最高裁にまで持ち込まれ、支払額は2万3千レとなった。当時の2万3千レは現在では約10万7千レにもなると推測されている。
 山田会長は「ずっと引きずり続けてきた問題だが、今年は110周年という区切りの良い年でもある。日本祭りのこれからのために、ここで打ち切りたい」と語った。
 林弁護士は相手側が最高裁まで行ったことで、支払い額が決定されつつあることを報告。「支払い期間を延ばしているのではなく、価格を決定している段階。支払い準備を整えておいてほしい」と呼びかけた。
 次にJETROサンパウロ事務所の大久保敦所長と山本裕也さんが、日本祭りに出展予定の特産品ブースに関し、県人会への協力を要請した。
 同ブースでは47品目を目標に各県の特産品試食を行い、一品につき100人のアンケートをとる。試食者の評価が良ければJETROが伯国市場で売込支援をする。
 3月中旬から山本さんが日本の6都市でブラジル食品セミナー及び貿易相談会を行い、関心のある企業は伯国の県人会と連絡を取り、県人会に郵便で商品を送る。
 山田会長は「県人会と母県企業が連絡を取り合うことで新しい母県との交流の形が生まれるのでは」と期待した。
 その後、「県連活性化」の議題では、沖縄県人会の島袋栄喜会長から県連の使命や活性化に向けた活動が発表された。
 収支報告では11月度が収入2万2280・42レ、支出が16万1439・41レ。12月度はそれぞれ26万5842レ、30万7603・40レとなった。ブラジル日本移民110周年への寄付のため、日本祭り基金から6万レを借り入れての報告となった。


□関連コラム□大耳小耳

 県連代表者会議では、「活性化具体案」が発表された。例えば「県人会会長向けの日本語授業」「日本祭りの広報の強化」「県連サイトの改善」「青年、青年会向けの活動を作り参加を増やす」が挙げられた。日語授業案を発表した谷口ジョゼー和歌山県人会が、「県人会の会長には日本とのやり取りが欠かせない。言葉の制限があってはダメ。鳥は一翼では飛べない」と熱弁すると拍手が起こった。世代交代は進めたい。だが若い世代が会長になると、どうしても日本語力が弱くなる。難しいジレンマだ。「若い会長に日本語の授業を」というアイデアは、実はかなり現実的な線かも。

こちらの記事もどうぞ

  • 聖州110周年委員会ついに発足!=式典は日本祭り会場に決定=若手委員を積極採用2017年5月23日 聖州110周年委員会ついに発足!=式典は日本祭り会場に決定=若手委員を積極採用  「次の150年、200年へと続く第一歩に」―。19日夜、ブラジル日本移民110周年記念祭典委員会(菊地義治実行委員長)が文協貴賓室で正式発足した。画家の若林和男さんがデザインした、二羽の折り鶴に両国関係の未来を託した『記念ロゴマーク』が発表されるなど、翌年に迫る移民1 […]
  • 日本祭り=喜多方ラーメン3千食完売=新しい商品販売も検討中2018年8月9日 日本祭り=喜多方ラーメン3千食完売=新しい商品販売も検討中  県連日本祭りの郷土食ブースで喜多方ラーメンを販売した福島県人会(永山八郎会長)。同県人会の曽我部威事務局長と、来伯した五十嵐製麺の武藤啓一さんが先月31日に来社し、日本祭りの結果を報告。また、新たに販売を計画している新しい袋ラーメンと日本酒を紹介した。  日本祭りで […]
  • 県連日本祭り=ギネス世界記録へ挑戦!=眞子さま「おいしそうですね」=日本食が一番集まるイベントに2018年7月31日 県連日本祭り=ギネス世界記録へ挑戦!=眞子さま「おいしそうですね」=日本食が一番集まるイベントに  県連日本祭りでは21日、会場2階でギネス世界記録への挑戦が行われていた。「日本料理が一番集まるイベント」での世界記録獲得を目指し、午前7時から審査用の料理約590食が運び込まれ、会場に設置された台に材料の確認を終えた料理が並べられた。今回のギネス記録では500食の登録 […]
  • 広島県人会が募金を開始=日本祭りで義援金キャンペーン2018年7月26日 広島県人会が募金を開始=日本祭りで義援金キャンペーン  県連主催の日本祭りが20~22日の3日間行われたが、広島県人会(平崎靖之会長)はそこで「広島風お好み焼き」を提供すると同時に、「平成30年7月豪雨(西日本豪雨)」の義援金を集め始めた。ブース前に募金箱を設置し、専用口座を説明するバナーを飾った。  日本祭り3日目に来 […]
  • 日本祭り=JETROが日本食の試食=消費ニーズ調査、商談代行も2018年7月20日 日本祭り=JETROが日本食の試食=消費ニーズ調査、商談代行も  ブラジル初上陸となる日本の酒類(日本酒、ビール)や菓子類(クッキー、飴など)や調味料など約30品目を、県連日本祭りのJETROブースで無料試食できる。なかでもメンマや「うま辛」な調味料などは当地ではごく珍しい。北海道から熊本まで15ほどの企業が出品する。  これはJ […]