ホーム | 日系社会ニュース | 県連代表者会議=13年前の負債支払いへ=JETROの出展説明も

県連代表者会議=13年前の負債支払いへ=JETROの出展説明も

説明中の林弁護士

説明中の林弁護士

 ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の「1月度代表者会議」が、1日に文協ビル内の県連会議室で行われた。同会議では2005年度の第8回日本祭りでの未払い金支払い請求についての説明があった。また、今年度の日本祭りに各県の特産品紹介ブースを出す日本貿易振興機構(JETRO)が県人会に協力を呼びかけた。

 06年、会場業者エキスポ・スター社から05年度の第8回日本祭りの会場設営に関する未払い金21万レの支払いを求める訴訟が起こされた。
 同件は約5年前に最高裁にまで持ち込まれ、支払額は2万3千レとなった。当時の2万3千レは現在では約10万7千レにもなると推測されている。
 山田会長は「ずっと引きずり続けてきた問題だが、今年は110周年という区切りの良い年でもある。日本祭りのこれからのために、ここで打ち切りたい」と語った。
 林弁護士は相手側が最高裁まで行ったことで、支払い額が決定されつつあることを報告。「支払い期間を延ばしているのではなく、価格を決定している段階。支払い準備を整えておいてほしい」と呼びかけた。
 次にJETROサンパウロ事務所の大久保敦所長と山本裕也さんが、日本祭りに出展予定の特産品ブースに関し、県人会への協力を要請した。
 同ブースでは47品目を目標に各県の特産品試食を行い、一品につき100人のアンケートをとる。試食者の評価が良ければJETROが伯国市場で売込支援をする。
 3月中旬から山本さんが日本の6都市でブラジル食品セミナー及び貿易相談会を行い、関心のある企業は伯国の県人会と連絡を取り、県人会に郵便で商品を送る。
 山田会長は「県人会と母県企業が連絡を取り合うことで新しい母県との交流の形が生まれるのでは」と期待した。
 その後、「県連活性化」の議題では、沖縄県人会の島袋栄喜会長から県連の使命や活性化に向けた活動が発表された。
 収支報告では11月度が収入2万2280・42レ、支出が16万1439・41レ。12月度はそれぞれ26万5842レ、30万7603・40レとなった。ブラジル日本移民110周年への寄付のため、日本祭り基金から6万レを借り入れての報告となった。


□関連コラム□大耳小耳

 県連代表者会議では、「活性化具体案」が発表された。例えば「県人会会長向けの日本語授業」「日本祭りの広報の強化」「県連サイトの改善」「青年、青年会向けの活動を作り参加を増やす」が挙げられた。日語授業案を発表した谷口ジョゼー和歌山県人会が、「県人会の会長には日本とのやり取りが欠かせない。言葉の制限があってはダメ。鳥は一翼では飛べない」と熱弁すると拍手が起こった。世代交代は進めたい。だが若い世代が会長になると、どうしても日本語力が弱くなる。難しいジレンマだ。「若い会長に日本語の授業を」というアイデアは、実はかなり現実的な線かも。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 県連日本祭り=今年も郷土食が大人気=家族で美味しい、嬉しい2018年7月25日 県連日本祭り=今年も郷土食が大人気=家族で美味しい、嬉しい  県連が20~22日の3日間、聖市EXPOセンターで『第21回日本祭り』を開催した。ブラジル日本移民110周年記念式典やギネス記録獲得への挑戦が行なわれた今年、予想を上回る約21万人が来場し、芸能や食など日本文化を楽しんだ。特に毎年多くの人が詰めかける郷土食コーナーには […]
  • 県連代表者会議=日本祭り、3週間後に迫る=国外から慶祝団800人2018年7月7日 県連代表者会議=日本祭り、3週間後に迫る=国外から慶祝団800人  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の「6月度代表者会議」が先月28日、文協ビル内の県連会議室で行なわれた。日本祭りを約3週間後に控えた最後の会議となり、連絡事項の確認などが行なわれた。  同祭の市川利雄実行委員長は会議当日までに、ギネス記録挑戦に528食 […]
  • 県連日本祭、ついに開催=初日から行列で大盛況!=こだわりの郷土料理に舌鼓2018年7月21日 県連日本祭、ついに開催=初日から行列で大盛況!=こだわりの郷土料理に舌鼓  「ブラジル日本移民110周年」をテーマにしたブラジル日本都道府県人会(山田康夫会長)主催の「第21回日本祭り」が20日、ついに始まった。今年は3日間で、例年より大目の約20万人の来場を見込んでおり、初日から開場を心待ちにした人が大行列をなした。各県人会が特色ある郷土料 […]
  • JETRO、生活雑貨展示会=県人会から母県企業に呼びかけて2018年6月21日 JETRO、生活雑貨展示会=県人会から母県企業に呼びかけて  JETROサンパウロ事務所(大久保敦所長)は、10月に日本の生活雑貨や伝統産品の展示会を開催するにあたり、出店企業を募集中だ。南米市場への販路開拓を目指す中小企業が対象で、県人会に母県企業に応募を呼びかけるよう依頼している。  日本の生活雑貨や伝統産品はデザイン・機 […]
  • 日本祭り=ジャパン・ハウスで記者会見=伯メディアなど約80人が参加2018年6月27日 日本祭り=ジャパン・ハウスで記者会見=伯メディアなど約80人が参加  日本祭り実行委員会(市川利雄実行委員長)は20日、ジャパン・ハウスで記者会見を行なった。会見には伯メディアなど80人が参加し、1ヵ月後に迫った日本祭りへの関心を伺わせた。  会見には市川実行委員長、山田康夫県連会長、化粧品販売会社IKEZAKIの池崎博文会長、サンパ […]