ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市カーニバル=スペシャルグループのパレード開幕=今年の優勝エスコーラは?=テーマと見どころに注目

サンパウロ市カーニバル=スペシャルグループのパレード開幕=今年の優勝エスコーラは?=テーマと見どころに注目

昨年優勝時のタトゥアペのパレード(Paulo Pinto/LIGASP/Fotos Públicas)

昨年優勝時のタトゥアペのパレード(Paulo Pinto/LIGASP/Fotos Públicas)

 本日9日より2夜連続で、サンパウロ市北部アニェンビのサンボードロモで、サンパウロ市カーニバルのスペシャル(SP)グループによるパレードが行われる。今年の見どころを、有力なエスコーラ・デ・サンバのエンレド(テーマ曲)と共に紹介する。
 昨年、SPグループのパレードで、結成65年にして悲願の初優勝を飾ったアカデミコス・ド・タトゥアペ。2連覇がかかる今年のエンレドは、ブラジル北東部のマラニョン州の文化をテーマにしたものになるという。タトゥアペの登場時間は初日夜の午前3時35分の予定だ。
 過去最多の15度の優勝を誇る名門ヴァイ・ヴァイは、世界的にも有名な大物歌手ジルベルト・ジルの歌の世界に迫るという。ジル本人が山車(carro alegorico)に登場するかどうかも見ものだ。登場は2日目夜の4番目、午前1時45分となる。
 2012~14年に3連覇した強豪ながら、昨年は屈辱の6位に終わったモシダーデ・アレグレは、サンバ界の大御所女性歌手アルシオーネをテーマに、「サンバを死なせない褐色の歌声」と題してパレードを行う。こちらも本人の登場が期待される。出番はヴァイ・ヴァイの直前、2日目の午前0時40分だ。
 毎年優勝候補にあがりながら、あと一歩で栄冠に手が届かずにいる名門ローザス・デ・オウロは、トラック運転手の人生を描いた「ブラジルのヒーローの人生と夢、冒険の道」で8年ぶりの優勝を狙う。出番は初日の午前4時40分だ。
 サンパウロ市カーニバルはサッカーの応援団によるエスコーラの参加も毎年話題となるが、今年もサンパウロ、コリンチャンス、パルメイラス、3チーム全てが揃った。
 サンパウロからは昨年自己最高2位を記録したドラゴンエス・ダ・レアル、そして、今回初参加となる2部から昇格したばかりのインデペンデンテ・トリコロールが参加する。前者は2日目の午前3時55分、後者は初日の最初、23時15分にパレードを行う。
 コリンチャンスのエスコーラで過去4度優勝のガヴィオンエス・ダ・フィエルは、2日目の午前2時50分、6年ぶりに上位5傑入りを狙いたいパルメイラスのエスコーラ、マンシャ・ヴェルデは初日午前2時30分に登場する。
 登場は全14エスコーラで、2日で7チームずつ、午前6時過ぎまでパレードが行われる。この模様はグローボ局で生中継される。

image_print

こちらの記事もどうぞ