ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》選挙高裁がフィッシャ・リンパ法見直しか=ルーラ包囲網更に狭まる?

《ブラジル》選挙高裁がフィッシャ・リンパ法見直しか=ルーラ包囲網更に狭まる?

 選挙高裁のルイス・フクス長官が8日、今年の統一選挙では第2審でも有罪となった政治家の出馬拒否を徹底する可能性について言及したと9日付現地紙が報じた。
 フクス最高裁判事は6日に選挙高裁長官に就任し、就任演説でもフィッシャ・リンパ(FL)法を積極的に擁護した。FLは「清潔なカード」を意味し、複数判事による裁判で有罪が確定した人物は、刑期終了後も、8年間は選挙への出馬が禁じられる。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ