ホーム | 日系社会ニュース | カーニバルで50周年前祝い=バウルー/天理市姉妹都市=名門チーム「桜の地の豊かさ」

カーニバルで50周年前祝い=バウルー/天理市姉妹都市=名門チーム「桜の地の豊かさ」

チームの主要メンバー(出典:同チームFacebook)

チームの主要メンバー(出典:同チームFacebook)

 サンパウロ市から西北に300キロのバウルー市で10~12日の3日間、カーニバルが開催される。そこで12日に登場する地元名門エスコーラ「モシダーデ・ウニーダ・デ・ヴィラ・ファルコン」は、バウルー市と奈良県天理市の姉妹都市提携を祝う「TEN RIquezas na terra das cerejeiras」(桜の地の豊かさ)をテーマに行進を繰り広げる。両市は1970年に提携を結んだので、2020年に50周年を迎える。それを先取りして祝う形になる。

 バウルー市は戦前から鉄道分岐駅として栄え、邦字紙「サンパウロ州新報」が創刊された。1951年に天理教ブラジル伝道庁が作られるなど、日本とはゆかりの深い土地柄だ。
 同サンバチームのエンレド(テーマ曲)は姉妹都市提携の節目を祝うとともに、日本移民や文化を称えるもの。「太鼓が響く」「ありがとう」「さようなら」「サケ」「運動会」などと随所に日本語が散りばめられている。ユニフォームには日本とブラジルの国旗、天理教伝導庁「レカント天理」の図柄が印刷され、当日はメストレ・サーラが日本の扇子を持って踊る。
 同チームの前身はバウルー市で13度の優勝記録を持つ「モシダーデ・インデペンデンテ・ダ・ヴィラ・ファルコン」。1976年に設立され、2015年に解散した。同チームの復活を望むファンや元チームメンバーが「モシダーデ・ウニーダ~」を設立。16、17年と優勝を続け今年は3連覇を狙う。

今年のテーマを表す図柄(出典:同チームFacebook)

今年のテーマを表す図柄(出典:同チームFacebook)

 今回のカーニバルでは約550人が8つのアーラ(連)に分かれ、4台の山車が出る。1台目の山車はチームの象徴であるハヤブサと鳥居、2台目は招き猫と鶴、次に日本の最先端技術を表し、最後にレカント天理が出てくるそう。
 9日付ポ語ニュースサイト「JCNET」によれば、同エスコーラのジャイール・フォンタン・オドリア代表は、「私達のヴィラ・ファルコン区を代表として、3連覇を目指したい」とコメントしている。
 同市在住の天理教関係の日本人男性は、同チームが姉妹都市関係をテーマにすることをニュースで知ったそう。「全くなにも知らされておらず、本当に驚いている」と戸惑いながらも、「日本から遠い国のカーニバルで取上げてくれていると考えると光栄」と語った。
 12日は午後7時15分にカーニバルのパレード開始、モシダーデ・ウニーダ・デ・ヴィラ・ファルコンは2番目の出場となり、午前0時半から出場する。

こちらの記事もどうぞ

  • サン・ヴィセンチの学校で、宮城佳代子(中央右)、弥生さん2014年2月26日 沖縄のサンバ姉妹が来伯=今年もカーニバルに出場 ニッケイ新聞 2014年2月26日 沖縄県那覇市のサンバ・ダンスグループ「アンダギーニャ」(Andarginha)から、宮城佳代子・弥生姉妹が来伯中だ。一昨年に続き、「アギア・デ・オウロ」のパシスタ(ソロの踊り手)として、サンパウロのカーニバルに出場する。 沖縄県那覇出身。 […]
  • 全伯で百周年記念事業が進行中=おもな計画を一気に紹介=各地に日本庭園や記念誌など2008年1月1日 全伯で百周年記念事業が進行中=おもな計画を一気に紹介=各地に日本庭園や記念誌など ニッケイ新聞 2008年1月1日付け  移り来て一世紀――。海を渡った日本移民とその子孫たちは、百年にわたり、ここブラジルの社会に様々なものを残してきた。古くは五十周年を機に実現したサンパウロの文協ビル(文化センター)のような建築物、日本庭園や鳥居、記念碑や資料館、さらに […]
  • 大耳小耳2015年1月21日 大耳小耳  沖縄タイムスによれば、沖縄県のサンバグループ・アンダギーニャのリーダー宮城佳代子さん(35)と沖縄ブラジル協会事務局長の米須清秀さん(45)が14日、那覇市役所に久高将光副市長を訪ね、22日に姉妹都市の聖州サンビセンテ市で開催される「市創立記念ミュージカル」に出演すること […]
  • ポルト・アレグレ=金沢市が徽軫灯篭を寄贈=姉妹都市50周年、友好の証2017年8月24日 ポルト・アレグレ=金沢市が徽軫灯篭を寄贈=姉妹都市50周年、友好の証  金沢といえば兼六園、兼六園のシンボルといえば徽軫灯篭(ことじとうろう)だ。片足が折れて短くなって石に乗っている姿が徽軫灯篭たるゆえん。それはブラジル南部でもしっかり再現された。  実物大、高さ2・7メートルもある立派な徽軫灯篭が、姉妹提携を結ぶリオ・グランデ・ド・ス […]
  • 日系代表団体の年頭あいさつ2008年1月1日 日系代表団体の年頭あいさつ ニッケイ新聞 2008年1月1日付け 日本祭りで交流をブラジル日本都道府県人会連合会会長 松尾治  謹んで新年のお慶び申し上げます。 旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 海外最大の日系人集団地であるブラジルの皆さんに、ニッケイ新聞を通じ年頭のご […]