ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 「ニッケイ新聞も〃ラーメン戦争〃に参戦か?!」――というのはあくまで冗談だが、本紙編集部では特別にラーメン7種類(半生麺タイプ)の特価販売を始める。先日特価販売したのと同じ五十嵐製麺の商品で、1個8レアル。ただし3個なら、なんと特価20レアルだ。ラーメン専門店なみの本物の味が自宅で楽しめる。この値段なら日本製の即席乾麺より安い。「札幌ラーメン(味噌味)」「博多ラーメン(とんこつ味)」「沖縄ラーメン(ちゅら海ぬ塩味)」「東京ラーメン(醤油味)」「喜多方ラーメン(醤油味)」「喜多方ラーメン(あっさり醤油味)」「喜多方ラーメン(こってり醤油味)」の7種類。なお編集部が開くのは水曜日からなので、ご注意を。
    ◎
 5月にサンパウロ公演を予定している歌手の美川憲一が4日に左足首を骨折し、7日に手術を受けたと日本で報道されている。スポーツ紙などでは「全治2カ月、今後の予定は白紙か」と大々的に報じられ、一部の人から「サンパウロ公演が中止になるのか」などの問合せが藤瀬圭子プロダクションなどに来ているそう。サンパウロ新聞が美川事務所に確認したところ、「報道内容はマスコミがオーバーな表現をしただけで、もう退院し大丈夫です」との返事。さらに美川さん本人からの伝言として、「心配しないで待っていて下さい! 必ず行きますから」とのこと。すでにチケットを買った人も、これで一安心、一安心。

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2018年2月9日 大耳小耳  昨年、各回200人を超える盛況ぶりで幕を下ろしたブラジル漫画協会と三重県人会共催の「日本の歴史講座」。好評を受けて、本年も全9回の講座が開講されることが決定した。第1回目は3月17日午前9時から、聖市の同県人会で開催される。同漫画協会の佐藤フランシスコ紀行会長によれば「武士へ […]
  • 大耳小耳2018年1月17日 大耳小耳  バイア州サルバドールで14日、サンパウロ州タボアン・ダ・セーラ在住の男性が黄熱病で死亡していたことがわかった。この49歳の男性は年明けから故郷バイア州イタベラーバで休暇を過ごしていたが、5日から体調を崩して9日まで同市の医療施設に入院したあと、サルバドールの病院に移って治療を […]
  • 大耳小耳2018年1月9日 大耳小耳  豚骨ラーメン店『博多一幸舎』が1月5日、聖市トマス・ゴンザガ街に本オープンした。豚骨ラーメン専門店の当地への進出は初。早速、本紙のラーメン好き6人が店舗に向かうと、綺麗な内装と漂う豚骨独特の香り。本格的な味に全員が高評価。本場・福岡の出身者も「ブラジルでここまで上手い豚骨ラー […]
  • 大耳小耳2017年12月27日 大耳小耳  25日付け時事通信によると、同日に安倍晋三首相と上川陽子法相が日系四世向けに日本で就労するための新在留制度を導入する方針を固めた。来年1月にパブリックコメントを実施し、年度内の導入を目指す。対象年齢は18~30歳、「特定活動」の在留資格で最長5年の滞在を認めることを軸に検討を […]