ホーム | コラム | 樹海 | 自分の基準を全ての人に適用してはならない

自分の基準を全ての人に適用してはならない

 カーニバルにはサンバ熱でフィーバー(Febreの事、熱狂)するブラジル。だが、例年は近くのチームが地下鉄ヴィラ・マチウデ駅の脇で行うパレードを見に行く息子も、今年は体調が優れず、友人の家に行くに止まったし、親二人は夏風邪で39度台のフィーバーで苦しんだ▼コラム氏は11日、主人は翌日から熱が出始めたが、主人の方が熱は低いのに、足元がおぼつかないなど、熱や痛みに対する反応や耐性に差がある事が歴然とした。昼間は眠れない人が13日はずっと寝ていたのは自己防衛反応なのだろう。でも、「体が弱って立ち上がれない」と弱音を吐く主人を、「水分だけは取らないと」と叱咤激励して起き上がらせ、「二人とも体温はほぼ同じなんだから、自分だけ重病人だと思わないで」と呟いたコラム子▼考えてみれば、ボランティアでデイサービスを手伝っていた時、「自分は平熱が低いから、37度台でも辛い」と言っていた人がいた。そういう意味で、同じ体温だからきつさは同じという理論は成り立たない。なのに、自分を基準に判断してしまう浅はかさを恥じた▼女性は、出産、育児の中でも痛みや寝不足といった状況を乗り越える事が要求されるし、体調が悪くても授乳や離乳食作りなどは避けられない。これらの経験や、妻、母として最低限の事はこなさなければならないとの思いが、熱や痛みの中でもある程度食べ、動く事を可能にしているのかも知れない▼38・2度になっても「熱が下がらない」という主人と、40度だったのが38・2度に下がったからと出勤したコラム子。他の人にも同じように動く事を要求せぬよう自戒しているが、夏風邪は長引き易いのでご注意を。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 政治批判を受け止めたリオのカーニバル2018年2月16日 政治批判を受け止めたリオのカーニバル  14日に行なわれた、今年のリオのカーニバルのスペシャル・グループのパレードの採点結果発表で画期的な出来事が起こった。政治批判を行なって物議を醸したエスコーラ、ベイジャ・フロールが優勝、パライゾ・ド・ツイウチが2位となったのだ▼今回のリオのパレードがこうした内容になるこ […]
  • 《ブラジル》日系出版界の縁の下の力持ちが初めて自分の本2017年12月6日 《ブラジル》日系出版界の縁の下の力持ちが初めて自分の本  「画文集を出すなんて、初めてで最後だな」と謙遜しながら、恥ずかしそうにほほ笑むのは田中慎二さん(82、福岡県)。この『アンデスの風』(146頁)は、1950年代のスケッチから新聞の風刺画、本の表紙やイラスト、最近のアクリル画まで200点以上が網羅された「作品で見る自伝 […]
  • カーニバルのパレードとは真剣な競技だ!2018年2月9日 カーニバルのパレードとは真剣な競技だ!  今週から来週にかけて、ブラジルでは、最も有名なリオをはじめとしたカーニバルの週間だ。コラム子がブラジルに来て住みはじめたのは2010年4月のことだが、この季節を体験するのも8回目。既に自分にとってもおなじみのものとなっている▼ただ、日本からやってきた身として毎度思うこ […]
  • リオのカーニバルで人生を変えた(?)三島由紀夫2017年2月21日 リオのカーニバルで人生を変えた(?)三島由紀夫  杉山欣也金沢大学教授の人文研研究例会(21日付7面で詳報)には、考えさせられるところが多かった。27歳だった三島由紀夫が選んだ最初の世界旅行(1951年12月から半年間)の主要訪問地がリオ、ローマ、アテネだったからだ。生涯に3回も世界旅行したとはいえ、初回こそ一番行きたい […]
  • 《ブラジル》孫悟空の輪っかと電子足輪2017年8月22日 《ブラジル》孫悟空の輪っかと電子足輪  数年前、カーニバル観光に来た若い日本人女性から「リオの地下鉄で足首に携帯蚊取り線香を付けていたら、満員なのに私の周りだけガラガラ。どうやら蚊取り線香を電子足環と勘違いしたみたいなんです」と聞いて大笑いした。 […]