ホーム | 文芸 | 連載小説 | どこから来たの=大門千夏 | どこから来たの=大門千夏=(40)

どこから来たの=大門千夏=(40)

第四章 白い霧の夜

誕生日

 「行こう行こう、どこでもいいから高ぁーいレストランに行こう」と、電話の向こうに湿った桃子の声。ハハーン夫婦喧嘩をしたな、と私はさっする。
 サンパウロにある一番高いレストランに二人で出かける。体は小さいくせに桃子は食欲旺盛。
 「要するに私達夫婦は相性が悪いのよ。あの人医者だから、患者の前だけ愛想がいいの」と言いながらモリモリと食べる。そしてデザートを食べ終える頃には、うるんだ目もすっかり乾き、ご主人のどんなイヤな言葉も態度も許してしまえるほど寛容なる精神が出来上がるらしい。
 家に着くころには広い心と、散財してチクチク後悔と言う反省心が生じ、後はご夫婦円満。高ぁーいレストランには不思議な魔力があるものだ。こんなことが三?四年続いた。そのうち馬鹿らしくなって、レストラン行きは卒業。
 「行こう行こう。どこでもいいから、どっかに行こう」と相変わらず電話がかかってくる。二人でバスに乗って、どこでもいい、近郊の町に行く。着くとその辺を一回りして、又バスで戻ってくる。
 専業主婦の桃子にとっては、こんなことをするだけでも、うっぷんは消え去り、心身爽快。しばらくは家事に精が出る。二人とも気に入ってしょっちゅう出かけた。その内これにも飽きが来た。
 何処かもっと遠くに行こう、三日くらいの旅をしよう。夫は近々会議で出張するから丁度いいのよと桃子は言う。ミナス州のオーロプレットの町に行こう。
 しかし、家族の手前、何か理由がいる。そうだ丁度あんたの誕生日だから、そのお祝い旅行だと言うわ、と桃子は興奮して言い、小さな目、小さな鼻、ちいさな口、何もかも小作りの上に、おかっぱの髪型をしている桃子は、子供のようにあどけない顔で、いたずらそうにニタリと笑い、話はとんとん拍子に決まった。
 旅行先で迎える誕生日なんて、わが人生で初めてだ。単なる方便ではあっても、心の中にふわふわとピンク色の雲が湧く。キャンドルに火がともり二人のクリスタルのコップがチーンと鳴る。いつか見た幸せの映像だ。おめでとうと桃子が言ってくれる。想像するだけで胸が熱くなってくるではないか。やはり持つべきは古き友、四〇年来の友なのだ。
 オーロプレット、懐かしい響き。一七世紀、金鉱発見によるゴールドラッシュで、もっとも繁栄した古都。朝もやの中に教会の屋根が幾つも見える町、石畳の町、あそこは文化遺産に指定されたのだから、何もかも昔のままに違いない。思いを巡らし、遠い記憶を取りだす。
 あの時は夫も居た、子供達も居た。わずかこの一〇年の間に環境はすっかり変わり、夫は亡くなり子供達は結婚し、今、私は一人。夫のいる桃子が羨ましく、でも時には気の毒にもなる。やっぱり一人がいいのかなと考えたりする。
 夜八時、バスターミナルに桃子が現れた。安眠枕、マッサージ機、あんま機、いろんな七つ道具までもって、大きな荷物を二つ、ヒキズルようにしてやってきた。
 寝る前に一応全部やっておくと明日の朝気分がすっきりするの、と桃子はいい、バスが発車しない前からスイッチを入れて、ゴロゴロと音をたてて体中のマッサージをし、バスが出発しても続けていたが、すぐ寝息を立てて寝てしまった。

こちらの記事もどうぞ

  • どこから来たの=大門千夏=(102)2018年5月24日 どこから来たの=大門千夏=(102)  一九六三年、神戸港を出発しました。(あれから五〇数年経った今頃になって、両親には大変な心配をかけた、親不孝したと気がついて申し訳ない思いをしています。)西回りの船を選び、あちこち寄港のたびに観光してまわり、六〇日かけて世界半周。船酔いもせず旅を楽しみました。  沖縄――香港 […]
  • どこから来たの=大門千夏=(100)2018年5月22日 どこから来たの=大門千夏=(100)  何年たっても同じ状態が続いた。子供達が、「うちの母はね、音楽が鳴りだすと血相を変えて怒るの、本気で怒るのよ、あんな人見た事ない」と話している。かといって日々の生活に別段困る事もなく、以前と同じように昼間は仕事をし旅行もする。良くなろうという努力を最初はしたが、今では無音の生活 […]
  • どこから来たの=大門千夏=(101)2018年5月23日 どこから来たの=大門千夏=(101)  夫の好きな野の花…カタバミが、コップの中で小さく震えていた。  曲は静まり返った巨大な遺跡中に響き渡り、隅々にまで緩やかに流れ、そして灰色の雲を突き抜け青い空に向かって、宇宙に向かって何時までも消えることなく広がって行く。  今、二人の子供を何とか育て上げたこと、助け合っ […]
  • どこから来たの=大門千夏=(98)2018年5月18日 どこから来たの=大門千夏=(98)  彼は日本の大手の建築会社に務めていた事、ほとんど世界をまたにかけての仕事で外国生活の方が長かった事。「定年間際、アフリカで駐在員をしていた時、家内が急死しまして私一人になってしまいました。日本は住みにくい。どっか外国に…と考えて、まず昔仕事で来たことのあるフィリピンに来たんで […]
  • どこから来たの=大門千夏=(99)2018年5月19日 どこから来たの=大門千夏=(99)  夜、山田さんに食事をごちそうになる。彼もこの国に遊びにきて女性に捕まった一人である。どうしてこんなに簡単に沈没してしまうのだろうか? […]