ホーム | 文芸 | 連載小説 | どこから来たの=大門千夏 | どこから来たの=大門千夏=(43)

どこから来たの=大門千夏=(43)

「お母さんは何しているの?」
彼はなぜか一瞬ひるんだような表情をして、それから「ファッシネーラ(家政婦)」と小さな声でつぶやいた。
「じゃあ、お父さんは?」
「知らない、いないよ」つっけんどんに答えた。
 大きくなったら何になりたいの?と聞いたらびっくりして困惑した顔をした。
 そんなことを考えたことはないのだろう。今、今日、食べることが精いっぱいなのに、つまらぬ質問をしてしまった。
 ファベーラに住んで父親の顔も知らず、学校にもゆかず、自分の食い扶持は自分で稼いでいるに違いない。
 この先ももう決まったようなものだ。どんなに頑張っても彼の人生、大して変り映えはしないだろう。私の孫と何が違うのだろうか。
 生まれた場所が違ったばかりに一生の幸せの量が違ってくる。どうしてこの子はこの環境に生まれたのだろうか。
 何年か前、私は数人の友人とサンパウロのファベーラに行ったことがある、つぎはぎの掘立小屋、猛烈な悪臭、あの非衛生。リオのファベーラも同じことにちがいない。
 子供たち用に五十数個のプレゼントの袋を三箱に分けて持って行った。この光景を見て子供達がぞろぞろとついてくる。箱を広場の台の上に置いた途端、周りにいた子供たちが我先に押し寄せてきて、箱に両手をつっこみ、つかみ取りし、そのまま逃げるようにいなくなった。
 その間一分もかからなかった。餓鬼道そのまま。唖然としたことがある。この子はそんな所に生まれ育っているのだろう。
 パステイスが来ると下を向いたまま、あわてるように汚い両手で持ってかぶりついた。そして黙々と食べて何も話さない。私も黙って食べた。
 二個目は少し落ち着いて、目の前にある唐辛子のソースをかけて…なかなか通じゃあないの、ちゃんと食べ方を知っている。
 私と目を合わせないようにして、でも笑いが込み上げそうな緩んだホホをして食べている。少なくとも今日のこの時間は幸せみたい。ありがとう、私だってそうだ。
 「人間の魂は何億年も前からずっと同じです」といった友人がいる。私の魂は何度輪廻転生してもいつも私なのだと言う。この子の魂も何億年昔から輪廻転生をしているのだろうか。
「おばちゃん、何処からきたの?」
「サンパウロよ」
「何に乗ってきたの?」
「飛行機よ」
「ワー飛行機、飛行機に乗ってきたんだあ」
 少年はとつぜん興奮したように大きな声でいい、あどけない丸い目をもっと大きくして、じっとわたしを見て、それから、飛行機かーと独り言を言った。
 私は満足だった。少なくとも今日は一人ではない。喜んでお相伴してくれる人がいた。
 お金を払いおわり振り返ると、もう彼の姿はなかった。
 外に出ると遠くコパカバーナの紺碧の海が光っている。男の子は坂道を下りながら海に向かって、まるで飛行機で飛び立って行くように両腕を真横に広げて、頭と体を右や左にゆっくり傾けながら跳ねるように走りおりてゆく姿がみえた。
 小さな飛行機はまもなく人ごみの中に消えていった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • どこから来たの=大門千夏=(102)2018年5月24日 どこから来たの=大門千夏=(102)  一九六三年、神戸港を出発しました。(あれから五〇数年経った今頃になって、両親には大変な心配をかけた、親不孝したと気がついて申し訳ない思いをしています。)西回りの船を選び、あちこち寄港のたびに観光してまわり、六〇日かけて世界半周。船酔いもせず旅を楽しみました。  沖縄――香港 […]
  • どこから来たの=大門千夏=(100)2018年5月22日 どこから来たの=大門千夏=(100)  何年たっても同じ状態が続いた。子供達が、「うちの母はね、音楽が鳴りだすと血相を変えて怒るの、本気で怒るのよ、あんな人見た事ない」と話している。かといって日々の生活に別段困る事もなく、以前と同じように昼間は仕事をし旅行もする。良くなろうという努力を最初はしたが、今では無音の生活 […]
  • どこから来たの=大門千夏=(101)2018年5月23日 どこから来たの=大門千夏=(101)  夫の好きな野の花…カタバミが、コップの中で小さく震えていた。  曲は静まり返った巨大な遺跡中に響き渡り、隅々にまで緩やかに流れ、そして灰色の雲を突き抜け青い空に向かって、宇宙に向かって何時までも消えることなく広がって行く。  今、二人の子供を何とか育て上げたこと、助け合っ […]
  • どこから来たの=大門千夏=(97)2018年5月17日 どこから来たの=大門千夏=(97)  午後から博物館に行ったがここにも何もない。こんなに文明文化のない国を見たのは初めてだ。  しかし、考えてみると一六世紀から三三〇年間スペインの植民地になり、其のあと五〇年間アメリカの植民地になった。独立できたのは一九四六年である。自国の文化を持つ余裕などなかった。求める私の […]
  • どこから来たの=大門千夏=(98)2018年5月18日 どこから来たの=大門千夏=(98)  彼は日本の大手の建築会社に務めていた事、ほとんど世界をまたにかけての仕事で外国生活の方が長かった事。「定年間際、アフリカで駐在員をしていた時、家内が急死しまして私一人になってしまいました。日本は住みにくい。どっか外国に…と考えて、まず昔仕事で来たことのあるフィリピンに来たんで […]