ホーム | ブラジル国内ニュース | フィッチ=ブラジル国債の格付引き下げ=社会保障制度改革の断念で

フィッチ=ブラジル国債の格付引き下げ=社会保障制度改革の断念で

 世界的投資信託の権威フィッチが23日にブラジル国債の格付を引き下げ、財界に波紋が広がっている。23日付現地紙サイトが報じている。
 フィッチはこの日、ブラジル国債の信用格付を「BB」から「BBマイナス」に下げた。これは1月に、同じく信託の権威であるS&B(スタンダード&プアーズ)がブラジル国債の格付を下げたときと同じ位置になったことを意味する。ブラジル国債の格付は、「投資適格級」とされる階級から3階級下まで下げられたこととなった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ