ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 パリ在住の美術家・松谷武判さんの展示会が、6~11日までジャパン・ハウス(Avenida Paulista, 52)で開催中だ。戦後間もなく開発されたビニル系接着剤を使い、物質そのものが形作る有機的なフォルムを取り入れたレリーフ状の作品を発表しデビューした作家だ。日本発のアート「具体」の作家として国際的な注目を集めているという。アート・ギャラリー「Bergamin&Gomide」(Rua Oscar Freire, 379)でも4月20日まで個展が開催中。JHでは11日午後1時、1時半から子供向けに2つのワークショップも準備されている。整理券は、当日正午から同館受付で配布される。問合せは同館(3090・8900)まで。
      ◎
 ブラジル日系熟年クラブ連合会(上野美佐雄会長)が発行する『ブラジル老荘の友』新年号と2月号が一緒に届いた。新年号は豪華なオールカラー、若松如空さんは寄稿文で、音読が脳の活性化に良いとの話を紹介し、《塾連で音読会を作ったらどうだ。コロニアでは俳句会、短歌会がたくさんある。集まりで選句、選歌が決まった後、これをみんなで朗読する習慣を作ったらどうだろう》と建設的な提案。2月号によれば、上野会長が2期目続投決定とのこと。パラー熟年クラブが熟連に入会した縁で、上野会長らが1月にベレンを訪問交流。同地新年会では《特にベレン詩吟愛好会の書道吟宝船は初めてみた》と特記。吟詠に合わせて、太筆で達筆に詩を書いていく書道のよう。各地には、知られていない芸達者がいるようだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2018年8月1日 大耳小耳  在聖総領事館の安全情報によれば、7月28日正午ごろ聖市セー駅構内で邦人がバッグを盗難される被害が発生した。被害者は犯人と思われる男に「バッグが汚れている」と声をかけられ、確認したところ液体が付着していた。男と汚れを落としていると、「上着も汚れている」といわれ、バッグを床に置い […]
  • 大耳小耳2018年7月31日 大耳小耳  日本ブラジル中央協会(大前孝雄会長、東京都港区)発行の会報『ブラジル特報』1645号が7月に刊行された。今回も読みどころ満載だ。【特集・ブラジル政治塾】(舛方周一郎・神田外語大専任講師)は、大統領選で《ルーラが出馬しない前提での決選投票で、アルキミン(PSDB)とシロ・ゴメス […]
  • 大耳小耳2018年7月17日 大耳小耳  県連日本祭りの2日目21日(土)18時からは、日本の歌手・宮沢和史さんのスペシャル公演が予定されている。サンバテイストのヒット曲「風になりたい」で有名で、これまでに20回以上来伯している根っからのブラジル好き。宮沢さんは2008年に移民100周年記念ソング「足跡のない道」を携 […]
  • 大耳小耳2018年7月7日 大耳小耳  『JICAボリビア通信』第26号には、ウユニの「列車の墓場」について書いてあった。鉄道ファンならずとも興味のわく名称だ。いわく《ウユニの東側(ウユニ塩湖とは反対)には、「列車の墓場」がある。今は使われていない真っ直ぐな線路、そして、赤く錆びたたくさんの機関車、車両、貨物が放置 […]