ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 パリ在住の美術家・松谷武判さんの展示会が、6~11日までジャパン・ハウス(Avenida Paulista, 52)で開催中だ。戦後間もなく開発されたビニル系接着剤を使い、物質そのものが形作る有機的なフォルムを取り入れたレリーフ状の作品を発表しデビューした作家だ。日本発のアート「具体」の作家として国際的な注目を集めているという。アート・ギャラリー「Bergamin&Gomide」(Rua Oscar Freire, 379)でも4月20日まで個展が開催中。JHでは11日午後1時、1時半から子供向けに2つのワークショップも準備されている。整理券は、当日正午から同館受付で配布される。問合せは同館(3090・8900)まで。
      ◎
 ブラジル日系熟年クラブ連合会(上野美佐雄会長)が発行する『ブラジル老荘の友』新年号と2月号が一緒に届いた。新年号は豪華なオールカラー、若松如空さんは寄稿文で、音読が脳の活性化に良いとの話を紹介し、《塾連で音読会を作ったらどうだ。コロニアでは俳句会、短歌会がたくさんある。集まりで選句、選歌が決まった後、これをみんなで朗読する習慣を作ったらどうだろう》と建設的な提案。2月号によれば、上野会長が2期目続投決定とのこと。パラー熟年クラブが熟連に入会した縁で、上野会長らが1月にベレンを訪問交流。同地新年会では《特にベレン詩吟愛好会の書道吟宝船は初めてみた》と特記。吟詠に合わせて、太筆で達筆に詩を書いていく書道のよう。各地には、知られていない芸達者がいるようだ。

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2018年7月7日 大耳小耳  『JICAボリビア通信』第26号には、ウユニの「列車の墓場」について書いてあった。鉄道ファンならずとも興味のわく名称だ。いわく《ウユニの東側(ウユニ塩湖とは反対)には、「列車の墓場」がある。今は使われていない真っ直ぐな線路、そして、赤く錆びたたくさんの機関車、車両、貨物が放置 […]
  • 大耳小耳2018年7月6日 大耳小耳  JICA横浜は、日本国内最大の深谷ネギ生産者で日系二世の斎藤俊男さんの公開講座を、今月8日午後2時に開催する。会場はJICA横浜(横浜市中区新港2―3―1)1階会議室1。申込み不要、参加費無料。講座のテーマは「在日30年の体験から見たブラジルと日本」。斎藤さんは1995年に人 […]
  • 大耳小耳2018年6月29日 大耳小耳  日伯文化連盟(アリアンサ、大城幸雄理事長)が同ピニェイロス文化センター(Rua Deputado Lacerda Franco, […]
  • 大耳小耳2018年6月28日 大耳小耳  サッカーW杯日本代表対ポーランド戦が28日午前11時から始まる。試合はジャパン・ハウス(Av. Paulista, 52)と岩手県人会(R. Thomaz Gonzaga, 95)のほか、カフェ喜怒哀楽(Rua São Joaquim, […]