ホーム | 日系社会ニュース | 商議所シンポ=「今こそ攻めに転じるべし!」=大半の業界で回復基調にー=ドン底から成長軌道へ

商議所シンポ=「今こそ攻めに転じるべし!」=大半の業界で回復基調にー=ドン底から成長軌道へ

会員約200人が出席、注目の高さを伺わせた

会員約200人が出席、注目の高さを伺わせた

 「長年の景気後退から、ついに成長に転じた」――1日、市内ホテルで開催されたブラジル日本商工会議所(松永愛一郎会頭)主催の「2018年度上期業種別部会長シンポジウム―いま求められる新たな視点は―」で、松永会頭は昨年度の経済情勢をこう総括した。11部会による報告では、一部業種を除き総じて経済回復が現実化していることが示された上、「回復途上において打つべき戦略」が続々と語られた。ブラジル経済がどん底からようやく脱し、成長軌道に乗ったことを強く印象づけるシンポとなった。

 金融部会(安田篤部会長)は、各種マクロ経済指標から全体の経済動向を解説。世界経済の改善や国内の景気刺激策により、17年度のGDP成長率は1・1%増で、2年振りのプラス成長となる見込み。18年度は2~3%増と予測した。
 貿易部会(今井重利部会長)は、本格的貿易額に未だ達していないとしつつも、輸出入ともに拡大、17年度は640億ドルの貿易収支黒字を見込むと報告。穀物輸出量増とコモディティー価格高騰が輸出の牽引役となっていると分析した。
 また、対内直接投資が600億ドル台と順調に推移し、電気・ガス、運送業等のサービス業に中国の投資が集中していると指摘。一方で、日本は投資国別で17位と大幅に順位を下げ、日本の地盤沈下を警鐘。「本格的経済回復は19年で、その時点での進出では遅い。今がチャンス!」と呼びかけた。
 機械金属部会(池辺和博部会長)は、34カ月マイナスだった鉱工業生産が、17年2月からプラスに転じたと発表。自動車・家電関連生産が回復した一方、建設・機械関連は財政赤字による公共工事抑制や、ラヴァ・ジャット作戦により大手ゼネコンの体力低下により、依然厳しい状況にあると説明した。
 自動車部会(下村セルソ部会長)は、自動車販売台数は約248万台で5年振りの前年超え、本格的な経済回復に入ったと宣言。各社とも中南米輸出シフトにより、輸出は過去最大の76・2万台を記録。18年度の生産台数は13%増の約306万台と予測した。
 ブランドシェア別では欧米大手3社が盛り返し、トヨタ6位(8・7%)、ホンダ8位(6%)、日産10位(3・6%)に。メルコスールと各国間で進展するEPAの動きに危機感を示し、「締結すれば大きな影響が出る。日本とのEPA推進と競争力強化の早期実施をセットで行う必要がある」と提言した。
 その他、各部会報告では、事業領域や商品によって回復の速度と度合に違いはあれども経済回復の実感が語られる一方で、建築不動産部会(奥地正敏部会長)は、建築市場は4年連続マイナス、17年度はマイナス6・6%見込みで、「依然として不況から脱していない」と発表した。
 設備投資抑制による工事量減、また、小規模化により厳しい受注競争に晒されるなか、各社ではIOT技術を導入した施工管理システムや発電効率の高い風力発電事業への展開を検討するなどの意欲的な取組みについて紹介した。
 全体としては、10月大統領選挙の先行き不透明性に懸念が示されるも、回復途上の経済局面において、成長分野への積極的投資や日本の最先端技術導入等の戦略が示された。そのほか伯政府当局への許認可の迅速化や投資環境整備の働きかけ、日本とメルコスールのEPA締結など政策対応の重要性も浮き彫りとなったようだ。

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 聖州110周年委員会ついに発足!=式典は日本祭り会場に決定=若手委員を積極採用2017年5月23日 聖州110周年委員会ついに発足!=式典は日本祭り会場に決定=若手委員を積極採用  「次の150年、200年へと続く第一歩に」―。19日夜、ブラジル日本移民110周年記念祭典委員会(菊地義治実行委員長)が文協貴賓室で正式発足した。画家の若林和男さんがデザインした、二羽の折り鶴に両国関係の未来を託した『記念ロゴマーク』が発表されるなど、翌年に迫る移民1 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 10万人分の手形で絵を=当地で収集、東京パラで展示へ2017年5月23日 10万人分の手形で絵を=当地で収集、東京パラで展示へ  一般社団法人「ハンド・スタンプ・アート・プロジェクト」(代表・横山万里子)の海外特派員、宮澤かれんさん(18歳、東京)が4日に来社し、活動報告をした。  この「ハンド・スタンプ・アート・プロジェクト」(HSAP)とは、病気や障害を抱える子供や支援者らの手形を集めて一 […]