ホーム | ブラジル国内ニュース | チリ=ピニェラ氏が4年ぶり再就任 テメル大統領は南米の関係作りに奔走

チリ=ピニェラ氏が4年ぶり再就任 テメル大統領は南米の関係作りに奔走

就任式でのバチェレ前大統領(右前)と、ピネラ新大統領(左前)(Beto Barata/PR)

就任式でのバチェレ前大統領(右前)と、ピネラ新大統領(左前)(Beto Barata/PR)

 11日、チリでセバスチャン・ピニェラ大統領が2度目となる就任式を行った。任期は4年となる。12日付ブラジル国内紙が報じている。
 チリでは2006年3月以降、左派のミチェレ・バチェレ氏と中道右派のピニェラ氏が2度ずつ、交互に大統領選に勝利し、就任している。同国では大統領の再選が認められていないため、このようなことが起こる。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》テメル氏、米州首脳会議へ=カルメン長官が大統領職代行2018年4月11日 《ブラジル》テメル氏、米州首脳会議へ=カルメン長官が大統領職代行  13、14の両日、ペルーで米州首脳会議が持たれるため、カルメン・ルシア最高裁長官が、13日に大統領代行を務める事になった。  9日付アジェンシア・ブラジルなどによると、カルメン長官が大統領代行を務めるのは、テメル大統領がブラジルの領空外に出た時からだ。テメル大統領は […]
  • 《南米サッカー》リベルタ杯とスダメリカーナ杯の組み合わせ抽選行われる=いきなり7組ものブラジル×アルゼンチン対決が実現2017年12月22日 《南米サッカー》リベルタ杯とスダメリカーナ杯の組み合わせ抽選行われる=いきなり7組ものブラジル×アルゼンチン対決が実現  南米大陸全土を舞台に行われる、サッカークラブチームの大会、リベルタドーレス杯(リベルタ杯)と、スダメリカーナ杯の組み合わせ抽選会が20日にパラグアイの首都アスンシオンで行われた。  二つの大会のステータスを比較すると、リベルタ杯の方が高い。同大会には南米各国のリーグ […]
  • 17年の観光客は五輪年以上=南米からの客62%占める2018年3月28日 17年の観光客は五輪年以上=南米からの客62%占める  連邦警察のデータによると、2017年にブラジルを訪れた観光客は658万8770人に及び、W杯があった2014年の642万9852人や、五輪年の2016年(654万6696人)を上回った。 […]
  • W杯南米予選=第4節までが終了=レギュラー陣に新布陣台頭2015年11月19日 W杯南米予選=第4節までが終了=レギュラー陣に新布陣台頭  サッカーのワールドカップ南米予選は18日に第4節を終えたが、ブラジル・セレソンは現時点で勝ち点7、得失点差3で3位につけている。 第4節終了時点での順位は以下のとおりだ。1位エクアドル、2位ウルグアイ、3位ブラジル、4位パラグアイ、5位チリ、6位アルゼンチン、7位コロンビア、 […]
  • 五輪不毛の南米大陸=リオ五輪が変化のきっかけになるか?2016年8月23日 五輪不毛の南米大陸=リオ五輪が変化のきっかけになるか?  21日に閉幕したリオ五輪で、開催国ブラジルは金7、銀6、銅6と、同国の歴史上、最高のメダル獲得数を記録した。それを巡り、「よくやった」と言う人と「開催国なのに20個にも達しないのでは少ない」と言う人は、国の内外を問わずにいる。だが、これまでの南米における「五輪不人気」の状況を […]