ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》2月も低インフレを記録=金融業界に広がる利下げ予測

《ブラジル》2月も低インフレを記録=金融業界に広がる利下げ予測

 一昨年10月より、政策金利(Selic)を決定する通貨政策委員会(Copom)が開催されるたびにブラジルの政策金利は下がっており、今年2月には、11回連続利下げで、年利6・75%という史上最低値まで引き下げられた。
 政策金利引き下げは、消費や投資を容易にし、景気を浮揚させる効果があるが、インフレを引き起こしやすくなるという副作用も持っている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ