ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 日本のロボット工学の権威・石黒浩氏の講演会と、同氏が開発した遠隔操作型アンドロイド「ジェミノイド」の展示が17日にジャパン・ハウスで行なわれる。ジェミノイドの展示は午前10時~午後1時、午後4時~午後7時。講演会は午後2時~午後3時半に行なわれる。入場無料だが、講演会に参加する際は1時間前に配布されるチケットが必要。講演会のテーマは「ヒューマノイドロボットと未来の社会」。ジェミノイドは人そっくりの外見を持ち、人の様々な振る舞いを再現するアンドロイドだ。科学技術が進歩し続ける今日、未来に想いを馳せるイベントになるかも。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2018年8月24日 大耳小耳  コチア青年連絡協議会(前田進会長)が7月に発行した『コチア青年会報』第43号には「わが故郷ブラガンサ・パウリスタ」(永松通一みちかず)という名文が載っている。1964年着の著者は最初の4年間をここでバタタ作りをしながら過ごした。50キロの痩せっぽちだった体格が農作業でみるみる […]
  • 大耳小耳2018年8月23日 大耳小耳  聖州立移民博物館と国際交流基金サンパウロ日本文化センターは9月1日午後3時から、国際日本文化研究センター所属の移民史研究者・根川幸男さんが日本人移民110周年を記念して講演会を開催する。会場は同博物館講堂(Rua Visconde de Parnaiba, 1316, […]
  • 大耳小耳2018年8月22日 大耳小耳  ブラジル日系熟年クラブ連合会(上野美佐男会長)の会報『ブラジル老荘の友』535号が8月に刊行された。川柳欄には時流を読み込んだ興味深い作品がズラリ。《W杯ブラジル負けて街静か》(鈴木ふみ)など、「まさにその通り」という感じ。《黄緑のTシャツ着ても日本人》(原一平)もW杯の応援 […]
  • 大耳小耳2018年8月18日 大耳小耳  伯国内で販売されるコーヒー豆は、発酵してしまったものや、乾燥後に殻を剥く機械の中で割れてしまった豆など「悪いもの」中心。つまり「良いものは日欧米に輸出される」のは有名な話。でも、最近では聖市内でも「良い豆を使ったカフェ」を提供する店も増えているとか。26日まで聖市とパラナ州ク […]